最近、「キュレーション」という言葉をよく耳にします。

もともとは博物館や美術館の展示品をセレクションする人々を「キュレーター」と読んでいたことから出た言葉で、転じてインターネット上の情報にフィルタを掛けてくれるサービスのことを「キュレーション」と呼んでいます。

 

人力の時代、キュレーターの第一走者Yahoo!とリンク集

さて、この「キュレーションサービス」ですが、おそらくインターネット上で最初にメジャーとなったのはYahoo!でしょう。

当時、Webページの数が飛躍的に増えた時代、自分で良質のコンテンツを探すことが難しくなりました。Yahoo!はその状況に目をつけ、人力で良質なリンク集を編集し、提供したのです。結果は大当たりで、インターネット上の巨人として君臨しました。

思い起こすと、当時にも検索エンジンはあったのですが、精度が低く、誰かがまとめたリンク集のほうがはるかに価値がありました。検索エンジンはリンク集を探すためのものと思っていて、よく「(調べたい事)(リンク集)」というキーワードで検索をしたことを覚えています。

 

掲示板もキュレーターだった

さて、その当時はリンク集以外にも貴重な情報源がありました、それは、いわゆる掲示板というやつです。今ももちろん健在ですが2ちゃんねるのような巨大掲示板は素晴らしいキュレーションをしてくれていたのだと思います。

そこに行けば何か見つかる、そう思えるようなコンテンツが当時はありました。しかしインターネットの利用者が多くなるにつれ、リンク集や掲示板のような、人力のサービスに陰りが見え始めます。大量の情報を処理しきれなくなってきたのです。

 

Googleの台頭、機械キュレーションの時代

さて、そこに究極のキュレーターが現れます。ご存知Googleです。Googleはそれまでの検索エンジンと全く異なるコンセプトを持ったキュレーションを行いました。完全に機械が生成するキュレーションです。

彼らのコンセプトの中で最も成功を収めたのが、「評判の良いサイトからリンクが貼られているサイトは良いサイトである」というものでした。この考え方を元にサイトを機械的にランキングし、付けられた ランクをもとに表示する。

これはYahoo!を、はるかに超える精度の検索結果を生み出し、インターネットの入り口は事実上Googleのみとなりました。この頃から、取りあえず調べ物はインターネットを検索してみる、というスタイルが確立してきたと思います。

 

Facebookの興隆、機械キュレーション VS ソーシャル・ネットワーク

さて、Googleの台頭は現在も続いていますが、最近は少し様子が変わってきました。Googleの検索結果はたしかに素晴らしいのですが、自分のプライベートに関わる情報、例えば友人の近況などは検索できません。もっと個人に近い情報が欲しい。それに対応してきたのがFacebookやTwitterなどのSNSです。

SNSは極めて自分に近い情報のキュレーションを行います。個人の好み、行動、人間関係を元に生成される情報の流れであるタイムラインは、Googleの検索結果と全く異なる情報をもたらします。これが人々に受け入れられ、FacebookやTwitterはGoogleと対抗するまでになりました。

 

現在の新キュレーションサービス

さて、これからキュレーションはどうなるのでしょう?キュレーションを制するものはインターネットを制する、これは歴史が証明しています。しかも、我々は、相変わらずインターネットで欲しい情報を得ることができていません。

例えば、「良い文章を書くコツ」を 調べてみてください、どのサイトをを参考にすればいいのかわからないくらいの多量の情報が表示されます。また、携帯端末には広告とも記事ともつかないようなニュースがうんざりするほど配信されます。

そういった現状をみて、次世代のキュレーションスタンダードを狙うサービスも数多く登場しています。はてなnaverまとめgunosytogetterなど、有象無象ありますが、まだGoogleやFacebookには遠いイメージです。なぜなら、基本的にリンク集、機械キュレーション、もしくはSNSの枠組みから出ていないからです。

 

ブレイクスルーはキュレーションを目的としないサービスから生まれる

Facebookは最初、キュレーションを目的として作られたものではありませんでした。キュレーションを目的とせず、他のサービスから次のブレイクスルーが生まれるような気がします。例えばAmazonの”おすすめ”は間違いなくキュレーションです。あるいは、Evernoteの中には大量にその人がクリップした情報が含まれており、その情報は非常に有用なキュレーションをもたらすかもしれません。

ブレイクスルーは他の業界から。想像していなかった場所から起きる。そう思います。

 

【Books&Appsオンラインセミナーのお知らせ】
コンテンツマーケティングによる集客とその成果について学習したい向けの無料オンラインセミナーのご案内です。 ティネクト(Books&Apps運営会社)が支援している企業のオウンドメディアの豊富な事例をもとに、弊社が得意としているwebコンテンツによる集客の秘訣についてお伝えします。
<2022年5月20日実施セミナー>

とうとう、ブランディングもマーケティングも同時に実現する時代がきた

-2万リードを獲得したコンテンツマーケティングから学ぶ、「成果が出る」オウンドメディア運営方法-

<内容>
1.ブランディングもマーケティングも同時に実現するとは何?
2.オウンドメディアの2つの役割
3.オウンドメディアで必要とされているコンテンツとは?
4.成果を出すオウンドメディア運営
5.フェーズに応じた目標設定について

講師:ティネクト株式会社 取締役 楢原一雅


日時:2022年5月20日(金)10:30〜12:00
参加費:無料 
定員:150名 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細はこちらオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2022/4/27更新)