「ウチの部下、すぐに言い訳して、何も動かないんです……どうしたら、素直に動けるようになりますかね?」

と、彼は悩みを吐露した。

 

かつて私が人材育成のコンサルタントをしていた頃、上のような悩みを持つ管理職は非常に多かったと記憶している。その中で特に深刻だったのが彼のケースだ。

彼は事業会社からの転職組で、前の会社でのプロジェクト経験を買われ、マネジャーとして今のポジションに招かれた。

 

だが、転職後、彼は大きな壁に突き当たる。自分の指示が、きちんと実行されないのである。彼はその原因を、「素直ではない部下」に置いていた。

「1つ指示を出しますよね、すると必ず反論されるんです。それは効果ないと思います、無駄だと思います、って。それに対して、いや、やって見なくちゃわかんないだろう、というと、しぶしぶ動くんですけど、まあそんなんですから、だいたい上手くいかない。」

 

よくある対話不足なのではと思い、

「彼らに意見を出してもらったらどうですか?」

というと、

「もちろん、上から言われるのが嫌なのだと思って、話を聞くようにしたんですよ。どうしたいのか、どうすればいいと思っているのか。ところが、彼らに聞いても意見は特にないんですよね。ため息出ちゃいますよ。」

と答えていただいた。

 

確かによくわからない。

とはいえ、彼が困り果てているので、私は部下の一人に話を聞いた。このような時は、双方から話を聞き、何が起きているのかを客観的に知る必要がある。

 

何名かと面談し「チームの状況について、どう思いますか?」と質問する。

すると、ある部下がいう。

「うまくいってないです」

「何故そう思ったのですか?」

「成果出てないですし、雰囲気も良くないです」

「原因はなんだと思いますか?」

「ウチのマネジャー、頑張ってるんですけど……」

と、口ごもる。あからさまに上司への批判をすることには抵抗があるようだ。

 

だが、じっくり聞くと、彼は言った。

「マネジャーとは、考え方が合わないんですよ」

「具体的に、どこがですか?」

「現場を知らないっていうか、前の仕事で効果があったことをやらせようとするんですが、そのままやっても上手くいかないですよ。指摘しても全く聴いてもらえなくて……。」

「いままでのやり方の方がいいですか?」

「いえ。変えないといけないのはわかってます。要するに、行き詰まってるんです。」

 

つまり、マネジャーの新しいやり方には納得いかないが、アイデアはない、という状態である。

気持ちはわからないでもないが、このままでは何も進まない。

 

私はマネジャーに部下の意見を告げた。

「私が部下の意見を聴かない人物だ、と思われているんですか。」

マネジャーは驚いたようだった。

「聴くようにつとめていたんですが……」

幸いなことに、マネジャーは柔軟な思考をする方だったので、これを受けて本質的な課題は、部下の素直さではない、とすぐに認識していただいた。

 

そして、マネジャーは一計を案じた。

「多分問題は二つあって、1つは私がまだ「よそ者」と思われていること。あと1つは良いアイデアがないことです。この二つをいっぺんに解決する方法が必要なんですよね。」

「どうするつもりですか?」

「まあ、見ててください。すぐに結果を出そうと焦って、大事なことを見落としてました。」

 

そして後日。訪問すると、チームの様子はすっかり変わっていた。

まだぎこちなさは残るが、マネジャーとメンバーの協力関係が出来上がりつつある。マネジャーの指示も、実行されているようだ。

「何をしたんですか?」とお聞きする。

マネジャーは言った。

「まず、ちゃんとメンバーに素直に謝りました。「きちんと施策が実行されないのは、素直じゃないメンバーのせいだ」と思っていましたから。それは改めようと、「施策が実行されないことを、あなたのせいにしていた。申し訳ない」と正直に伝えました。そしたら、メンバーたちも話す準備ができたようで。」

「それは良かったですね。」

「はい。ただアイデアは依然としてありませんでしたから、そのまま突き進んでもまた信頼を失ってしまうでしょう。だから少し工夫しました。」

「工夫とは?」

「大したことじゃないんですが、私のアイデアを思う存分、批判してもらったんです。ここがダメ、あれがダメと。」

「今までと同じじゃないですか?」

「いや、前はそこで、「じゃお前らの意見はどうなんだよ」って、私がケンカ腰になってたんですよ。今回は私がとことん、アイデアを出しました。じゃあこれはどうだ、あれはどうだってね。すると、中には「OK」もあるわけです。そしたら皆で行動できる。」

「なるほどー。たしかにそうですね。」

「本当は、素直じゃなかったのは私の方だったんです。で、先に私が素直にならなきゃって思ったんですよ。」

 

 

相手の素直さは、変えようのない性質ではない。むしろ、

「相手の素直さは、自分の素直さの写し身」

という事実に、気付きさえすれば良いのだ。

「素直じゃないやつだ」と相手のせいにしない「素直さ」を、彼のように身につけたいものだ。と思う。

 

 

【お知らせ】Books&Appsの広告・広報サービスについて

 

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・すべての最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

Paul Shanks