154640125_900b749340_z会話は重要なスキル、という方は多い。特に仕事をする上では人間関係を構築し、円滑にするために必須とも言える。

だが、会話を苦手とする人もまた多い。そのため、世の中には「会話のコツ」や「会話のネタ」に関する本や記事、セミナーなどは尽きることがない。

 

一昔前、私がある会社に訪問した時のことだ。

 

ある一人の営業マンはとても会話が苦手であり、顧客や会社の同僚などとの会話に悪戦苦闘していた。努力家であった彼はそれを克服しようと、会話に関する本を読み、セミナーに参加し、なんとか苦手を克服しようとしていた。

聞けば、彼は学生の時分から会話が苦手であり、対人関係において非常に苦労したとのこと。

「なぜ会話が苦手なのに、営業になったのか」

という疑問をぶつけてみると、彼は、「自分を変えたかった」と回答した。

 

 

立派な理由ではあるが、その努力にもかかわらず、彼の会話はあまり上達しなかった。

理由は簡単だった。彼は緊張のあまり、「しゃべりすぎてしまう」のだった。なんとか場をつなごう、盛り上げようと一人で頑張ってしまう。それは、セミナーなどで習ったことを忠実にやろうとした結果だった。

「しゃべることができない」と

「しゃべりすぎてしまう」

の間を、彼は行き交っていた。

 

それが変わったのは、あるとき彼が顧客と昼食をとっていた時だ。彼が悩みを打ち明けたところ、お世話になっている部長から、「無理して話さなくていいよ」と言われた。

その部長はこう言った。

「会話なんて、コツは2つしかない。相手が話したいことを聞いてあげること、相手が聞きたいことだけを話すこと。たったそれだけ。それ以外は必要ない。というか、話す必要がないので黙っていればいい。」

彼がその意図を尋ねると、部長は言った。

「重要なのは、自分が話さなくても相手が勝手に話したくなる状況を作ること。だからまず「相手が話したいこと」を聞く。人間であれば自慢したいことや興味のあることの一つや二つ、必ずある。「出身は?」とか、「業績」とか「趣味」そんな話だ。

で、相手が話をしたら、それに合わせて「自分の知っていること」を少し話せばいい。たくさん話す必要はない。要はコメントすればいいってことだ。話しすぎるくらいなら、黙ってたほうがいいよ。」

 

 

彼にとって、「話すより、黙っていた方がいい」は非常に有用なアドバイスだったようだ。

「うまく話さなくてはいけない、という会話への恐怖がなくなったのが、一番大きかったです」

と彼は言った。

 

【お知らせ】
前回大変好評だったため内容をグレードアップして再実施いたします。前回ご参加できなかった方はもちろんご参加頂いた方にもお役に立てる内容となっております。
<2024年3月18日実施予定 ティネクト60分ウェビナー>

ChatGPTを経営課題解決に活用した最新実践例をご紹介します


<セミナー内容>
1.ChatGPTって何に使えるの?
2.経営者から見たChatGPTの活用方法
3.CharGPTが変えたマーケティング現場の生々しい実例
4.ティネクトからのご提案
5.Q&A

【講師紹介】
楢原一雅(ティネクト取締役)
安達裕哉(同代表取締役)
倉増京平(同取締役)


日時:
2024年3月18日(月)12:00〜13:00

参加費:無料  
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細 こちらティネクウェビナーお申込みページをご覧ください

(2024/2/28更新)

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (スパムアカウント以外であれば、どなたでも友達承認いたします)

・農家の支援を始めました。農業にご興味あればぜひ!⇒【第一回】日本の農業の実態を知るため、高知県の農家の支援を始めます。

 

 

(Photo:Sharon Mollerus)