世の中には多く情報がある。

それらは一見、「役に立つもの」と、「役に立たないもの」に分かれているように見えるが、実はそうではない。どんな情報でも受け手次第で役立たせることができる。

だから、どんな本や記事でもひどいレビューをつけるのではなく「何かの役に立つ」と思うようにしているし、実際にそうするで大きなメリットを得られる。

 

ある方から、昔言われた。

「どんな本でも、情報でも、受け手次第で有用になる。」

彼は、シャーロック・ホームズを引き合いに出した。

「コナン・ドイルが描いたシャーロック・ホームズという探偵を知ってる?」

私は頷いた。

「シャーロック・ホームズは、普通の人が気にも留めないような情報を元に、事件の真相に到達する。例えば、靴についた泥、手のちょっとした引っかき傷、鳴らない呼び鈴などだ。」

私は著作を思い出した。

「そこで重要なのは、彼は普通の人なら捨てている情報を取り上げ、分析にかけているという事実だ。ホームズは同じものを見ても、より多くの情報を得ることができる。

ホームズは鳴らない呼び鈴を見て、「故障しているのだろう」と普通の人が思うところを、「おかしい」と思った。」

私は言った。

「でも、所詮は小説の登場人物でしょう。ご都合主義では?」

彼は私を窘める。

「もちろんホームズは架空の人物だ。しかし、情報を得るということの本質を著者のコナン・ドイルは我々に教えてくれていないだろうか。」

 

 

情報は、中身だけに意味があるわけではない。

「メタ情報」、すなわち「この情報の発信者は何を考えてこのようなことを言っているのか」であったり、「この情報は我々にどのような行動をとってほしいのか」と言った背景についての情報も我々に教えてくれる。

例えば、靴の泥をみて「汚れているな」としか思わない人と、「この人の靴が汚れているのは、何か理由があるに違いない」と思う人では、取得できる情報の量が段違いだ。

 

例えば、普段は挨拶について何も言わない社長が突然「今日から挨拶月間だ」と朝礼で社員に語ったとする。ここから得られる情報は当然、「挨拶が奨励されている」ということだけではない。

「今日から実施は突然すぎる。急がせる理由はなんだろうか。」

「なぜ、今まで挨拶などと言わなかったのに、急に挨拶の重要性を強調するのだろうか」

そういったことも含めて情報だ。

 

 

だから、「セミナーに参加して何の役にも立たなかった」、「本を読んだけど、くだらなかった。何の役にも立たなかった」

と言ってしまうのは、すこし恥ずかしい。

 

結局「どんな情報を受け取るかは受け手次第」だ。

 

【お知らせ】
コンテンツマーケティング支援会社のサイトエンジン社とティネクト(Books&Apps運営会社)がWebマーケティング施策の全体像とコンテンツマーケティングの重要性をご紹介するセミナーのご案内です。ここでしか聞けない2社の本音をクロストーク形式もお話いたします。ぜひご参加ください!
<2022年2月9日実施セミナー>

【Webサイトで成果を出すために必要なこととは?】コンテンツマーケティングの重要性を徹底解説

【第1部 サイトエンジン株式会社】
<テーマ>
Webマーケティング初心者向けセミナー ゼロから全体像を知る
<セミナー内容>
・Webマーケティングのコストは費用ではなく投資
・Webマーケティングは集客や販促だけではない
・コンバージョン数を増やすための数字の分解方法
・コンバージョン率を決める要素
(登壇:毛塚 智彦 サイトエンジン社代表取締役)

【第2部 ティネクト株式会社】
<テーマ>
コンテンツによる集客とは?
<セミナー内容>
・オウンドメディアの役割
・オウンドメディアには集客とコンバージョンの2つしかない
・コンテンツによる集客とは
・バズった記事事例
(登壇:楢原 一雅 ティネクト社 取締役)

【第3部 サイトエンジン×ティネクト クロストーク】
オウンドメディアの裏側
(登壇:毛塚・倉増・楢原)


日時: 2022年2月9日(水)15:00〜16:30
参加費:無料 
定員:100名 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細は こちらセミナーお申込みページ(サイトエンジン社サイト)をご覧ください

(2022/1/25更新)

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58

(Photo:dynamosquito)