世の中には多く情報がある。

それらは一見、「役に立つもの」と、「役に立たないもの」に分かれているように見えるが、実はそうではない。どんな情報でも受け手次第で役立たせることができる。

だから、どんな本や記事でもひどいレビューをつけるのではなく「何かの役に立つ」と思うようにしているし、実際にそうするで大きなメリットを得られる。

 

ある方から、昔言われた。

「どんな本でも、情報でも、受け手次第で有用になる。」

彼は、シャーロック・ホームズを引き合いに出した。

「コナン・ドイルが描いたシャーロック・ホームズという探偵を知ってる?」

私は頷いた。

「シャーロック・ホームズは、普通の人が気にも留めないような情報を元に、事件の真相に到達する。例えば、靴についた泥、手のちょっとした引っかき傷、鳴らない呼び鈴などだ。」

私は著作を思い出した。

「そこで重要なのは、彼は普通の人なら捨てている情報を取り上げ、分析にかけているという事実だ。ホームズは同じものを見ても、より多くの情報を得ることができる。

ホームズは鳴らない呼び鈴を見て、「故障しているのだろう」と普通の人が思うところを、「おかしい」と思った。」

私は言った。

「でも、所詮は小説の登場人物でしょう。ご都合主義では?」

彼は私を窘める。

「もちろんホームズは架空の人物だ。しかし、情報を得るということの本質を著者のコナン・ドイルは我々に教えてくれていないだろうか。」

 

 

情報は、中身だけに意味があるわけではない。

「メタ情報」、すなわち「この情報の発信者は何を考えてこのようなことを言っているのか」であったり、「この情報は我々にどのような行動をとってほしいのか」と言った背景についての情報も我々に教えてくれる。

例えば、靴の泥をみて「汚れているな」としか思わない人と、「この人の靴が汚れているのは、何か理由があるに違いない」と思う人では、取得できる情報の量が段違いだ。

 

例えば、普段は挨拶について何も言わない社長が突然「今日から挨拶月間だ」と朝礼で社員に語ったとする。ここから得られる情報は当然、「挨拶が奨励されている」ということだけではない。

「今日から実施は突然すぎる。急がせる理由はなんだろうか。」

「なぜ、今まで挨拶などと言わなかったのに、急に挨拶の重要性を強調するのだろうか」

そういったことも含めて情報だ。

 

 

だから、「セミナーに参加して何の役にも立たなかった」、「本を読んだけど、くだらなかった。何の役にも立たなかった」

と言ってしまうのは、すこし恥ずかしい。

 

結局「どんな情報を受け取るかは受け手次第」だ。

 

【お知らせ】
オウンドメディア運営の適切な目標設定をBooks&Apps及び50社以上のオウンドメディア運用支援で得られた知見をもとに解説します。

ゼロから始める オウンドメディア運営 目標設定編
資料をプレゼント。


これからオウンドメディアをはじめる企業さま、現在運用中の企業さま全てにお役に立つ資料です。ぜひご活用ください。

資料ダウンロードページはこちら↓
https://https://tinect.jp/library/zero/
メールアドレス宛てに資料が自動送信されます。

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58

(Photo:dynamosquito)