3407494430_dc4fa831fc_z仕事でとにかく早く結果を出したい、というご相談をうける時がある。もちろん結果は早く出ることに越したことはないし、結果が出ないと継続する気持ちすら萎えてしまう、という方も居るだろう。

「スピードが大事」とは、一つの真理ではある。

では、「とにかく早く結果を出す方法」はあるのか。

そこで、「たった◯◯ヶ月で売上が◯倍に」や「とにかく結果を出したい人の◯◯」と言った文献、web上の記事、過去の個人記録をまとめてみた。

すると、そこには共通のパターンがある。

 

 

1.「売れてないもの」は売らず、「売れているものを更に売れるように」動く。

私の知る限り、「売れてないものを売れるようにする」よりも、「売れているものを更に売れるようにする」方が簡単だ。

メディアやブログも、「読まれないジャンルを工夫して読まれるようにする」よりも、「読まれているジャンルをもっと読まれるように」するほうが早く結果が出る。

世にあふれる「売上アップコンサルタント」は、皆これをやっている。

 

 

2.「知られていないもの」は売らず、「皆が知っているもの」に注力する。

新しい物は、それが顧客に理解されるまでに時間がかかる。皆が既に知っており、理解させる必要のないものを売る。

メディアやブログにおいては、「皆が知らないネタをしらしめる」より、「皆がよく知っているネタ」を書いたほうが早く結果が出る。

世の中に知られていないものは、知られるために莫大なコストがかかる。

 

 

3.「顔を知らない人」に売らず、「顔を知っている人」に徹底的に売る。

広告や新規開拓が必要な商材は後回しにする。まずは顔なじみや得意先に徹底的に売る。飛び込みで売らず、紹介で売る。

メディアやブログにおいては、友達にまずヘビーユーザーになってもらえるように書く。顔を知らない人に向けて想像で記事を書かない。

たしかに、私もこのブログを書くときはいつも、「これを読んでもらいたい知人」に向けて書いている。

 

 

4.「難しいもの」ではなく「わかりやすいもの」を売る。

とにかく難しい物、わかりにくいもの、イメージしにくいものはやめておく。わかりやすいもの、イメージしやすいもの、使いやすいものから売る。

当たり前だが、「金融」についてブログで書くよりも、「お金」についてブログで書くほうが早く結果が出る。分かりやすいからだ。

 

5.「前例があり、やり方がわかっていること」に注力し、「初めてで、やり方がわからないもの」は避ける

「やり方はわかっている。後はやるだけだ」ということに注力する。結果が出ている人の真似をするのが、もっとも早く結果が出るやり方である。

ブログもそうだ。アクセスを集めているブログの記事をマネる。アクセスを集めている分野の記事を提供する。

やり方がわかっている分野なら、あとは体力とやる気、投入した時間が勝負を決める。

 

 

根本的に「早く結果を出す」ための邪魔者は、クリエイティブを追求するこだわりである。

「新しいことをしたい」

「人と違うことをしたい」

そういったことは成功までに時間がかかる。 それらは他に任せ、とにかく早く結果をだすために、余計なプライドを捨てることから始める。

これらは一種の「マーケティング手法」だが、それであなたが満足できるかどうか、それはまた別の話である。

 

 

【お知らせ】
ティネクトが開発した生成AIによるマーケティング自動化支援ツール「AUTOMAGIC」(登録無料)のご案内です。

AUTOMAGICは、webブラウザ上で商品情報を入力するだけで、

・ターゲット分析
・キャッチコピー
・ネーミング
・キャンペーン企画案
・商品紹介LPの文章

を自動で出力します。

登録すると月間20,000トークン(約2記事程度)までは無料でご利用できます。

無料登録は こちら(AUTOMAGICサイト)

詳しい説明や資料が欲しい方は下記フォームからお問合わせください。

AUTOMAGIC お問合せ・資料ダウンロードフォーム

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、最新の記事をタイムラインにお届けします))

・筆者Twitterアカウントhttps://twitter.com/Books_Apps

・大学・研究の楽しさを伝える、【大学探訪記】をはじめました。

【大学探訪記 Vol.17】「石がどのようにできたのか」という究極の疑問に解を出す。

【大学探訪記 Vol.16】慶応大学で最も特徴のあるゼミの一つ「牛島ゼミ」の秘密を聞いた

【大学探訪記 Vol.15】起業イベントで出会う大学生ってどんな人か?

・仕事の楽しさを伝える、【仕事のチカラ】をはじめました。

【仕事のチカラ Vol.4】何をやるかを決めずに、気の合う仲間と起業する。そんな人生もいいじゃない。

【仕事のチカラ Vol.3】プログラミングを独習し、その勢いで独立した、28歳の凄腕プログラマーの話。

【仕事のチカラ Vol.2】破天荒な26歳が起業したネタは「靴磨き」

・ブログが本になりました。

 

 

(Photo:adifansnet