以前、東京大学の教授が「古代ローマの奴隷はサラリーマンと似たようなもの」と述べていた。

ローマ時代の「奴隷の主人」は管理職を目指す人のお手本です

日本のローマ研究の第一人者である東京大学の青柳正規名誉教授が、当時の時代背景について説明。「古代ローマにおける奴隷の存在」について聞かれ、こう語った。

「我々は奴隷というと、アメリカにおけるアフリカ奴隷が頭にある。しかし古代ローマの場合は戦争捕虜として、最初は連れられてくるんだけど、非常に貴重な働き手だった」

そのため「生かさず殺さず、子どもも作って欲しいという待遇」だったといい、「今で言えば言葉は悪いけど、ちょうどサラリーマンみたいな存在と考えてもいいんじゃないですか」と話した。(Blogos)

塩野七生著「ローマ人の物語」においても、彼らが貴重な労働力として大切にされていたという表現があり、われわれが奴隷にもつイメージと現実は異なっていたのだろう。

 

そして、つい先日も奴隷に関する本を読んだ。

著者名を見ると、マルクス・シドニウス・ファルクスとあり、古代ローマ人が書いたものと錯覚しそうだが、もちろんこれは古代ローマ人が書いたものではない。

ジェリー・トナーというケンブリッジ大学の研究者が、古代ローマにおける奴隷の扱い方、生活の実体について研究をもとに書いた本だ。

そして、驚くべきことに内容は現代の「上司本」とほぼ同じである。中身はぜひ読んでいただきたいが、amazonの解説を見るだけでも思い当たることが数多くある。

古代ローマ貴族が教える、究極の“人を使う技術”

◆奴隷の買い方
→若いやつにかぎる

◆やる気を出させるには
→目標を持たせ、成果報酬を採用しろ

◆管理職にするなら
→顔の良い男は避けろ

◆拷問の行い方
→奴隷は資産。適度な鞭打ち、鉤吊りを

◆性と奴隷
→家族を持たせて人質に

◆反乱を防ぐには
→互いに話をさせるな

もちろん、古代の奴隷に対する凄惨な暴力には目を覆うものがある。

が、現代の会社でも「やりがい」と引き換えにサービス残業させ、目標未達者に対して恐怖で威圧したり、家を買った瞬間に転勤させたり、言論統制したりと、古代ローマも現代もほとんど変わりがないのだな、とも思う。

 

奴隷が廃止されたのは大別すると2つの理由がある。一つは道徳的観点から、もうひとつは経済的観点からだ。

「人が人の運命を勝手に決めることができる」という状況は、多くの宗教観や道徳観と一致しない。また、13世紀のマグナ・カルタに始まる人権というものの発明により、奴隷制は不道徳なものとして次第に忌避されるようになる。

また、奴隷を維持するには多額の経費がかかるので、女工哀史に描かれたような「事実上の奴隷」は機械に取って代わられた。 近代国家には「奴隷」は不可欠ではなくなったようにみえる。

だが実際には奴隷「制度」が無くなっただけであり、金銭的な理由で「自分の運命を自分で決めることのできない人」は、現代の日本にも大勢存在している。

 

もちろんサラリーマンは奴隷ではない。サラリーマンは奴隷と異なり、自由に雇い人を変える自由を持っている。主人に絶対の服従を誓う必要もない。

しかし、国や会社・上司にいいように振り回される人生をおくるのではなく、自由な人として存在したいなら多くの人は、経済的な自立を果たしたい、人生の決定を他者に委ねず、自分で決定したいと思うのではないだろうか。たとえ安定を失ったとしても、と考える人は増えているように思う。

依存は必ず搾取をもたらす。そして有史以来、それはほとんど変わっていない。

 

【お知らせ】
Books&Apps及び20社以上のオウンドメディア運用支援で得られた知見をもとに、実際我々ティネクト(Books&Apps運営企業)が実行している全48タスクを公開します。

「成果を出す」オウンドメディア運営  5つのスキルと全48タスク
プレゼント。


これからオウンドメディアをはじめる企業さま、現在運用中の企業さま全てにお役に立つ資料です。ぜひご活用ください。

資料ダウンロードページはこちら↓
https://tinect.jp/library/5skills48tasks/
メールアドレス宛てに資料が自動送信されます。

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、最新の記事をタイムラインにお届けします))

・筆者Twitterアカウントhttps://twitter.com/Books_Apps

・ブログが本になりました。

 

(Jan Videren)