結局、経営者が「やりがい」を強調する会社ほど、本当はやりがいのない職場なのかもしれないな、と幾つかの「ブラック企業」を渡り歩いてきた彼は言った。

 

彼は新卒の時点で、「仕事のやりがい」を求め企業を回った。幾つかの会社で素晴らしいプレゼンテーションを見て、かれはそのうちの1社に決めた。

この仕事には「やりがい」があります。「成長」があります。新卒向けの会社説明動画には、「やりがい」「夢」「感動」「成長」「若い時から活躍」といった言葉が羅列されていたそうだ。

かれは「仕事のやりがい」をここまで重要視してくれるなら、良い会社だろう、と考え、入社を決めた。

 

ところが、期待はすぐに裏切られた。その会社の仕事は「やりがい」どころか、単調極まる営業をやらせる会社だった。

上司からは「行動量が全て」「やりがいは自分で作るもの」「石の上にも三年」という小言をもらい、残業代もなく、フルコミッションのような給与形態、彼は体を壊したそうだ。

入社1年で新卒は1/3に減り、彼も同じように退職した。

 

彼は退職後、「同じ轍は踏むまい」と、新卒時よりもさらに念入りに「やりがいのある仕事」を探した。彼は第二新卒として熱心に就職活動をし、ある企業に潜り込んだ。

その会社の説明会でも、彼は「やりがい」「夢」「感動」「成長」「若い時から活躍」というキーワードに惹かれ入社を決めた。「今度は絶対に失敗できない」と、彼は決死の覚悟で仕事を始めた。

だが、結果は同じだった。彼はろくに技術も身につかないままひとり現場に放り込まれ、必死に毎日の業務をこなすことになった。

「もう後はない」と必死に1年、2年を耐えたが、3年目のある日、彼はどうしても朝起きられず、そのまま会社をやめてしまったそうだ。

 

彼は半年間、そのまま働かずに過ごした。「もう働けない」と思った。

それを見かねた一人の友人がかれに仕事を紹介してくれたそうだ。その時の友人の言葉はこうだった。

 

「やりがい」も「成長」も「感動」も特にないけど、きちんと残業代が出て、定時で帰れる、ふつうの会社だよ。給料はそんな高くないし、社長も派手さはないけど、真面目で良い会社だ。働いてみるかい?

 

彼は随分と迷ったそうだが、貯金が尽きかけており、このままでは家を追い出される、という恐怖から働き始めた。

 

働いてみて、彼は驚いた。

「仕事が、楽しい」

職場の人は丁寧に教えてくれ、真面目にやればお客さんからお褒めの言葉をもらえる。成長している実感もある。少しずつ大きな仕事を任せてもらえる。

彼は、職場がとても気に入ったという。

聞けば、この会社に新しく入社する人は、ほとんどが社員の紹介経由によるものだという。

 

友人は言った。

「成長」とか「夢」とか「やりがい」とか、うちはそんな派手なものはないけど、誠実に仕事をする人が報われるように社長が頑張っている。

仕事って本来、やりがいとかを強調するようなものではないんじゃないかな。ウチの社長はいつも言ってる。

「いいお客さんと、いい仕事を用意すれば、社員は勝手に仕事を楽しんでくれる」

 

やりがいとか夢を強調する会社は、いいお客さんも、いい仕事もないから、誇大広告をせざるをえないんじゃないかな。入って仕事したらそんなことすぐにわかるのにね。

 

【お知らせ】
Books&Apps及び20社以上のオウンドメディア運用支援で得られた知見をもとに、実際我々ティネクト(Books&Apps運営企業)が実行している全48タスクを公開します。

「成果を出す」オウンドメディア運営  5つのスキルと全48タスク
プレゼント。


これからオウンドメディアをはじめる企業さま、現在運用中の企業さま全てにお役に立つ資料です。ぜひご活用ください。

資料ダウンロードページはこちら↓
https://tinect.jp/library/5skills48tasks/
メールアドレス宛てに資料が自動送信されます。

 

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、最新の記事をタイムラインにお届けします))

・筆者Twitterアカウントhttps://twitter.com/Books_Apps

 

(Photo:Nguyen Hung Vu)