3416626728_b6f6c8d3f8_zつい先日、某企業の採用担当の方と話をした。その方は今、「困っている」という。

何に困ってるのかをお聞きすると、先日の飲み会で、「できれば働きたくない」という若手がそれなりの数いた、というのだ。

 

そんなこともあるのか、と思ったら、働きたくない若者が3割に上る、との調査もあるらしい。

「働きたくない」若者3割、「モーレツ社員」「企業戦士」という言葉を知らない――電通総研の就労意識調査

電通総研は8月13日、働く若者の就労への意識を調べた「若者×働く」調査の結果を発表した。「企業戦士」や「モーレツ社員」という言葉はを知っていた若者は2~3割にとどまっていたほか、「できれば働きたくない」と思っている若者は3割に上った。(ITmedia)

 

「それで、なぜ困っているのか」と質問するとその方は、

「働きたくないなどと言う人を何故雇ったのか。職場のモチベーションが下がる。採用はどうなっているんだ」と、上の人から叱られたという。

その方は「まったく、何でも採用のせいにするのはかんべんして欲しい」と嘆息した。

 

 

思うに、そこには2つの問題が潜んでいる。

1,「できれば働きたくない」という人が、職場全体に悪影響を与えるのか?
2.「できれば働きたくない」という人を事前に見抜くことはできなかったのか?

 

 

1.は会社として大きな問題かもしれない。「ひとつの腐ったリンゴが樽全体をダメにする」という英語の諺があるが、モチベーションが低い社員が問題行動を起こすことで、職場全体の生産性が下がる可能性がある。

 

Googleなどの「優良企業」と呼ばれる会社でも「腐ったリンゴ」は問題視されている。元CEOのエリック・シュミットは著書※1の中で、次のように述べる。

会社の気質は、そこで働く人々の総和だ。だから、素晴らしい気質の会社を作りたければ、従業員に同じ気質を求めなければならない。(中略)

会社の基本的利益を犯すような人間には、毅然とした態度を取らなければならない

 

また、慶應大学の中室牧子氏は、著書※2の中で「問題児」がクラスに与える悪影響をこう述べる。

一人の問題児によって、一人の児童が新たな問題行動を起こす確率は17%も高くなると推計されている

企業での研究ではないが、問題行動を起こす人間の与える影響が少なくないことを示したデータだ。

 

つまり、この採用担当を叱責した上司が「やる気のない人間」を会社から排除することを重視しているのは、それなりに合理的な根拠があると言える。

 

 

「働きたくない、と発言した社員は、既に上に目をつけられています。まあ、彼らをやんわり退職に持っていくようにするしかないですね。」と彼は言う。

「そうですか」

「もちろん、採用したわれわれにも責任はあります。でも、これからは「働きたくない」なんていう可能性のある人を採用しないように、かなり対策していきます。」

 

その対策に興味があったので、私はそれを聞いた。

「でも、本音では働きたくない、という人をどうやって ふるい落とせばいいのでしょう。」

「今考えているのは、リクルーターの強化ですね。先輩などには本音を言いやすいですし、できるだけ「選考」と思われないように選考を進めようと思っています。

あとは、グループディスカッションのテーマを「働きたくない人をどうすべきか」にして、反応を見るとか、心理テストを活用するとか、色々とやりかたはあります。まあ、きちんとやればそんなに本音は隠せないですよ。」

 

「成果」のみならず「姿勢」も多くの企業にとっては大事なのだろう。また、学生と企業のイタチごっこが始まりそうだ。

 

 

【お知らせ】
SNS投稿する人全てに捧ぐ!素人からプロまでめちゃめちゃ役に立つメディア運営術とwebライティング方法論!
「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

各記事クリックすると冒頭部分読めます。

【人気記事おすすめ5選】

何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

初心者の書き手がやりがちな、文章をダメにしてしまう行為。

「書けない人」はなにが問題なのか。

インターネットで読まれる記事と、読まれない記事の決定的なちがい。

ページビューが伸びないブログやオウンドメディアの欠点は明らか。

【最新記事】

【45】「浅い記事」をレベルアップさせる技術

【44】「書くことがない」を解決する

【43】「購買をうながす文章」を書く技術に迫る。

【42】「ライター業でまっとうに稼いでいきたい人」が読むべき話。

【41】ライターを消耗させる「悪い客」5つの共通項。

【40】良い記事タイトルをつくる「要約」と「圧縮」の技術を紹介する。

【39】「何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

【 ライター募集中】

Books&Appsでは現在十数社の企業のオウンドメディア運営支援を行っており、ライターを積極的に採用しております。
ご興味ある方は詳しくは こちらご覧ください。

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、最新の記事をタイムラインにお届けします))

・筆者Twitterアカウントhttps://twitter.com/Books_Apps

・大学・研究の楽しさを伝える、【大学探訪記】をはじめました。

【大学探訪記 Vol.21】人間は、なぜ1種しか地球上に存在しないのか?という疑問に迫る。

【大学探訪記 Vol.20】地球に隕石が飛んできているからそれ調べてるんですけど何か?

【大学探訪記 Vol.19】伊勢神宮のネットワークを駆使し、地域おこしを実現する。

・仕事の楽しさを伝える、【仕事のチカラ】をはじめました。

【仕事のチカラ Vol.5】データサイエンティストって、どんな人?どうやったらなれるの? という疑問に答えてもらいました。

【仕事のチカラ Vol.4】何をやるかを決めずに、気の合う仲間と起業する。そんな人生もいいじゃない。

【仕事のチカラ Vol.3】プログラミングを独習し、その勢いで独立した、28歳の凄腕プログラマーの話。

・ブログが本になりました。

 

※1 How Google Works(日本経済新聞出版社)

※2 学力の経済学(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

(Photo:Evan Lavine)