ある経営者が人事制度について語っていた。

 

「うちにはロールモデルがいないんですよねぇ、皆が憧れるような、成功事例というか、すごい稼いでる、って人が。そういう人を今後、給与制度の改定で作っていきたいですね。」

 

「ロールモデルの必要性」が説かれていたが、なんとなく違和感があった。

当時はその違和感の正体がわからなかったが、先日、知人と話をしていて、ふと上のの話を思い出した。

 

 

「なんか、この前ウチの会社で給与制度が変更になったんだよね。」

「どんなふうに?」

「ひとことで言うと、信賞必罰?かな。もっと露骨に言うと格差を作って、デキる人には大きな給与と賞与、できない人は最低限の給与。」

「へえ、なんでそんなことになったの?」

「社長が、「ロールモデルが必要」と言うんだよね。なんだそれ、て感じ。」

「どっかで聞いた話だな」

「そりゃまあ、頑張ったら報われたいけどね。でも、成績上げた人がめちゃボーナスもらっているのをみて、ヤル気が出るかといえば、全くそんなことないね。むしろ、なんかなあ…じゃない?」

「なんで?」

「いや、なんか金で釣られるみたいだし、それに乗るのも癪だよ」

 

 

彼はどちらかと言えば仕事ができる方の人間だったはずだ。そして、彼らのような人間のために用意された制度ではないのだろうか。

 

「自分が勝ち組の方であってもその制度はイヤかい?」

「当たり前だよ。だって一度大きな目標を達成してボーナスを貰ったら、次の目標がかなり高くなるし。高すぎる目標を達成するためには犠牲にする物が多すぎる。まあ、せいぜい3年続けるくらいが関の山じゃない?

大体、一時だけもらえるお金が多くなっても税金が高くなるだけだし、手取りはそんな増えないよ。」

 

そうなのか。

 

「まあ、少なくとも「成功とお金が羨ましいから」という指向で働く人は、微妙だよね。どこぞの意識高い系か、って感じ。」

彼は言う。

「いや、オレがおかしいのかもしれないけど、テレビとかでビジネスやって成功した人の特集とかやってるじゃん、あれ疲れている時には絶対消す。」

「ほう」

「なんか調子乗っている奴見ると、ムカつくし。」

「嫉妬ですかw」

「ハイハイ、嫉妬嫉妬。いいじゃんオレだって人間だし。関係ない人ならまだ我慢できるけど、会社の中まで見せつけられると超うんざりだよね。あーあ、イラつく。」

 

 

現場で強く感じるのは、金銭面での格差は期待するほどヤル気を生み出さない。差が大きすぎると、勝っている人は油断し、負けている人はヤル気を失う。

金銭であがったヤル気は長続きしない。

もちろん「貧すれば鈍する」というように、生活に困るようではマズい。しかしむしろヤル気の源泉はちょっとした「名誉」「尊敬」「誇り」にある。

 

 

話は横にそれてしまったが、要するに、

「すごい稼いでいる人を見て、「僕も稼ぎたい」と頑張る人って、すごい少数派」

という話だ。

 

 

上の彼は言った。

「まあ、どこの会社にもカネ、カネ、っていうやつはいるけどさ、そういう奴を中心に制度設計すると、そういう奴しか残らないわな。

でもそういう奴ほど、ちょっと業績が悪くなるとすぐにやめちまうんだよ。」

 

 

 

【お知らせ(PR)】

東京都産業労働局 からのご案内です。

東京都の公的サービス「デジナビ」が都内の中小・零細企業や個人事業主に対してIT導入補助金、デジタルツール導入助成金のご提案をお手伝いします


【都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業】
都内中小企業に対し1社につき1人専任の「ナビゲーター」がデジタル化のアドバイスを行い、経営課題の解決に向けた最大5回のサポートを無料でおこなうものです。


業種別デジタル化成功事例を公開中
<医療業>  クラウドストレージを導入し、業務に必要な情報を共有化
<運輸業>  デジタルとアナログの両輪体制による健康経営への道
<卸売業>  クラウドサービスの活用で全国の情報交換が円滑に
<建設業(建築)>  システム導入で本来の仕事に専念
<建設業(設備)>  ICTの活用で残業のない働き方を実現
<建設業(土木)> 設計から施工まで一気通貫でICTを導入
<製造業> デジタルサイネージで従業員との熱意をつなぐ
<不動産業> 効果的なICTを実現し、顧客視点の全員参加経営へ
<福祉業> 医療連携と最新のICTで利用者の健康を守る
<飲食業> POSレジとキャッシュレスツールで作業負担を軽減


詳細は東京都産業労働局サイト都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業をご覧ください。
お申込みフォーム→ 都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業 参加申込ページ

(2024/1/22更新)

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、最新の記事をタイムラインにお届けします))

・筆者Twitterアカウントhttps://twitter.com/Books_Apps (フェイスブックではシェアしない記事も扱います)

・ブログが本になりました。

 

(Maxim)