「最近、「研修制度が充実していますか?」と学生によく聞かれるんですよ。」とある金融機関の人事部の人は言った。

「もしかしたら毎年、この手の話は話題になっているのかもしれませんが、昔よりこの手の質問をする学生が増えている気がします。」

 

私は聞いた。

「その質問にどう答えているんですか?」

「いや、正直に言えばその質問をする学生はほとんどアウトなんですよね。なので聞き返していますよ。「どんな研修を受けたいんですか?」と。」

 

「そうなんですか。どんな答えが返ってきますか?」

「簿記とか、英語とか、そういったスキル関係の研修を期待しているひとが多いですね。

そこでもう一度聞くんです。「その研修を社員に受けさせることで、うちにどういったメリットがあるんですか?」と。そうすると、彼らは黙ってしまう。」

 

「ちょっと厳しくありませんかね。」

「まあ、ちょっと意地悪かなとは思います。でも、そんなことを言っているようでは社会人になってからもダメでしょうね。

結局我々は「その社員に受けさせて、我々に明らかなメリットがある研修だけ用意します。英語やら、簿記やらは自分で勉強して下さい。」と言わざるをえないんですよ。例えそれを用意していたとしても。

逆にそれで学生に辞退されるようなら。お互いにいいじゃないですか。」

 

 

「研修の充実を標榜する会社もありますよね」

「いや、他社が学生にそういう売り込みをするのは勝手ですよ。でも本音を言えば「研修が充実しているから」という理由で来る学生は質が低いと思います。」

 

「なるほど……」

「もちろん研修は重要です。我々もかなり練り上げた研修を提供しています。社員にできるようになってほしいと願っています。

でも、どんな研修を受けたとしても、最終的にそれが生きるかどうかは本人の「進んで学習する能力」によります。

だいたい「教えてくれないから出来ない」とか言っている人は新人でなくてもたくさんいますが、そう言った人物はキチンと教えても結局仕事ができない。そんなもんです。」

 

「そうかもしれません。」

「いや、だいたい仕事のできない人、ってのは人のせいにするのが本当にうまいですよ。たとえば昇進出来なかったときに「派閥のせいだ」って言う人、本当に結構いるんですよ。

いや、派閥の存在は認めますよ。でも、あなたの人事は派閥とは関係ないから、っていうことのほうが圧倒的に多い。

自分が昇進できない理由を派閥のせいにしているわけです。そう言った人は結局「教えてくれないから出来ない」という学生と何ら変わりありません。」

 

 

 

「……」

「およそ、うまくいかない言い訳を考えつかない人はいないですよ。でも、うまくいかない理由を「自分がコントロール出来ないこと」においてしまったら、もうダメですよね。少なくともうちの仕事の大部分は自分次第です。

だから私は学生の面接において「うまく行かなかった理由は何ですか?」と聞いて、自分がコントロール出来ないことばかり挙げる学生は採用しません。

そう思いませんかね?」

 

 

 

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、最新の記事をタイムラインにお届けします))

・筆者Twitterアカウントhttps://twitter.com/Books_Apps (フェイスブックではシェアしない記事も扱います)

・ブログが本になりました。

【お知らせ】
SNS投稿する人全てに捧ぐ!素人からプロまでめちゃめちゃ役に立つメディア運営術とwebライティング方法論!
「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

各記事クリックすると冒頭部分読めます。

【人気記事おすすめ5選】

「何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

初心者の書き手がやりがちな、文章をダメにしてしまう行為。

「書けない人」はなにが問題なのか。

インターネットで読まれる記事と、読まれない記事の決定的なちがい。

ページビューが伸びないブログやオウンドメディアの欠点は明らか。

【最新記事】

【41】ライターを消耗させる「悪い客」5つの共通項。

【40】良い記事タイトルをつくる「要約」と「圧縮」の技術を紹介する。

【39】「何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

【38】行動経済学と売れっ子ライターの知見からわかる、文章の説得力の正体。

【 ライター募集中】

Books&Appsでは現在十数社の企業のオウンドメディア運営支援を行っており、ライターを積極的に採用しております。
ご興味ある方は詳しくは こちらご覧ください。

当メディアは書き手を募集しています。実名、匿名のどちらでも可ですが、長期的に記事を書いていただける方が望ましいです。

・テーマ

原則自由ですが、必ず「体験談」もしくは「事例」を含んだものとしてください。当メディアは文章の巧拙よりも「書き手の人間性が読み取れること」を重視しています。

・その他

報酬はご経験、記事の質などにより、個別に設定しています。

・応募方法

blogあっとtinect.jpまで、簡単な経歴、応募動機およびこれまでに執筆した実績(ブログ、記事など)が確認できるリンクをお送り下さい。採用の可能性がある方へは1週間以内にご返信致します。

(Leticia Chamorro)