新卒採用をする会社であれば、ほとんどの会社で「新入社員研修」を行うだろう。そして、その中で新人達に教えているのは、ほとんどが以下のようなことである。

  • ビジネスマナー
  • 電話の受けかた
  • 社会人の心構え
  • 会社の就業ルール(経費精算、勤怠など)
  • 人事考課のルール
  • 会社の各種システムの操作方法

確かに、これはこれらで需要があるのだろう。会社で生きていく上で、大事なことではある。

 

だが、個人的な体験では、15年経った今も覚えているのか、といえばほとんどの内容を覚えていない。

「電話の取り方」という研修において、研修の講師がなんだか意地悪だったな、という記憶が少々あるくらいだ。

 

「すぐ役立つ知識は、すぐ役に立たなくなる」という言葉の通りなのだろう。だが、そんな中でも今でも覚えている体験が、一つある。

 

 

 

新人研修はカリキュラムによって場所が異なった。大抵はオフィスビルの一室や、ホテルの会議室などだったが、一回だけ「公園に集合」という回があった。

 

講師(本国から来たアメリカ人だったように記憶している)は広場に我々を集めると、チームの30名位を横一列に整列させ、「目隠し」をするように言った。皆が指示に従うと、講師は言った。

「では、今から皆さん横の人と手を繋いで下さい。」

同期とはいえ、ほとんど知らない人たちと手をつなぐのは照れくさいが、とにかく皆そうした。そして、講師は次のように課題を出した。

 

「いまから一人だけ目隠しを取ります。その人はリーダーです。皆さんはリーダーの指示に従って、全員で正方形の形になるように並んで下さい。ただし、目隠しをしたまま、お互いの手を離してはいけません。

完成までのタイムを他のチームと競争します。なお、制限時間は一〇分です。」

我々は「他チームの記録」を伝えられた。正確には覚えていないが、皆「それくらいなら余裕」と思ったのではないだろうか。

 

だが、実際にそれが始まると、そんな楽観的な予測はどこかへ行ってしまった。

リーダーは、「まっすぐ!」や「そこの人は止まって下さい!」などと叫ぶのだが、我々は手をつないでいるので、あちらこちらに引っ張られ、止まることもできない。

かといえば、隣の人が動かず、動きたいの動けなかったりもする。そもそも全体の形がどうなっているのか検討もつかない。リーダーの怒号だけが公園内に響き、制限時間が経過した。

 

講師は「目隠しを取って下さい」と言った。全員が目を開けた。見れば、酷い有様だった。直線だと思っていた人のつながりは歪み、長方形やひし形ですらない。正方形と言うにはあまりにもお粗末な、ヘンに歪んだ単なる輪だった。

 

 

講師は、皆を集めてフィードバックをした。彼女の第一声は

「皆さん、わかりましたか。これが会社、これがプロジェクトです。」

 

 

趣旨は以下のようなものだったと記憶している。

 

「社員やメンバーは目隠しをされたようなもの。リーダーが全体像を把握し、個別の人に的確な指示を出さなければ、簡単な正方形を作ることすらできない。

そんな混乱状態の中では、メンバーは無力感を感じるだけである。リーダーシップとは、目標を示すだけではなく、具体的な道筋や指示を与えなければ発揮されないものだ。

 

さらに、メンバーは自分だけでは動けない。彼らは全体の中で、自分がどのように動けばよいかを知りたがっている。いくらリーダーが「動け」といっても、勝手に動ける存在ではない。

 

また、メンバーも積極的に自分の状況をリーダーに知らせる必要がある。そうでなければリーダーは指示を出せない。声を上げ、報告を行うことで、組織は目標を達成することができる。」

 

 

実際、成功するチームは、以下のことをする。

 

1.リーダーが点呼をとるなどして、チームの中での自分の役割を把握させる

―4番の人、動かないで! 10番と、20番、30番の人は正方形の頂点! などの指示が出せるようになる。

 

2.リーダーとのコミュニケーションルールを作る

―リーダーに声をかけるための手続き(例えばジャンプするなど)を作ることで、指揮系統の混乱を防ぐ

 

3.目標に至るまでの道筋を明らかにする

―正方形の頂点さえしっかり決めてしまえば、最初に動くのは4人だけで良いはずである。これがマネジャー。あとはマネジャーに従ってメンバーが動くだけで問題なく事は進む。

 

 

 

15年たった今も、あの公園で起こったことは鮮明に覚えている。

すぐには役に立つものではなかった。しかしこれが「リーダーシップと、フォロワーシップに関する真に役立つ知識の1つ」となったことは間違いない。

ほんとうに良い研修とは、そのようなものだろう。

 

【Books&Appsオンラインセミナーのお知らせ】
コンテンツマーケティングによる集客とその成果について学習したい向けの無料オンラインセミナーのご案内です。 ティネクト(Books&Apps運営会社)が支援している企業のオウンドメディアの豊富な事例をもとに、弊社が得意としているwebコンテンツによる集客の秘訣についてお伝えします。
<2022年5月20日実施セミナー>

とうとう、ブランディングもマーケティングも同時に実現する時代がきた

-2万リードを獲得したコンテンツマーケティングから学ぶ、「成果が出る」オウンドメディア運営方法-

<内容>
1.ブランディングもマーケティングも同時に実現するとは何?
2.オウンドメディアの2つの役割
3.オウンドメディアで必要とされているコンテンツとは?
4.成果を出すオウンドメディア運営
5.フェーズに応じた目標設定について

講師:ティネクト株式会社 取締役 楢原一雅


日時:2022年5月20日(金)10:30〜12:00
参加費:無料 
定員:150名 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細はこちらオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2022/4/27更新)

 

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、最新の記事をタイムラインにお届けします))

・筆者Twitterアカウントhttps://twitter.com/Books_Apps (フェイスブックではシェアしない記事も扱います)

・ブログが本になりました。

 

当メディアは書き手を募集しています。実名、匿名のどちらでも可ですが、長期的に記事を書いていただける方が望ましいです。

・テーマ

原則自由ですが、必ず「体験談」もしくは「事例」を含んだものとしてください。当メディアは文章の巧拙よりも「書き手の人間性が読み取れること」を重視しています。

・その他

報酬はご経験、記事の質などにより、個別に設定しています。

・応募方法

blogあっとtinect.jpまで、簡単な経歴、応募動機およびこれまでに執筆した実績(ブログ、記事など)が確認できるリンクをお送り下さい。採用の可能性がある方へは1週間以内にご返信致します。

 

 

 

(Kannan B)