ある航空会社の機内誌に「とがっていていい、個性を失わないで」という、社長の新入社員向けのメッセージが掲載されていた。

そこでふと「個性的とは何か」という話を思い出したので、書いてみることにする。

 

一般的に「個性的」といえば、どのようなものを想像するだろうか?

「格好が人と違う」こと挙げる人もいれば、「旅が好き」「映画に詳しい」といった趣味の側面を挙げる人もいる。単純に「奇行が目立つ」といったことを挙げる人もいるかもしれない。

あるいは「はっきりモノを言う」とか「思慮深い」といったことを「個性的」と評する人もいる。

 

もちろんそれらを「個性」と呼ぶことは人の自由である。だが、私が聞いた「個性的」という話はそのような話ではなかった。

 

————————

 

もう10年位前になるだろうか。私が、当時通っていた会社の経営者に「個性を尊重する経営」を掲げる方がいた。

「個性を尊重」という経営者は決して少なくない。私はその思い込みから「やっぱり変わった人が多いんですか?」と聞いた。

 

するとその経営者は、真面目な顔になってこう言った。

「個性的という言葉に誤解があるようですね。」

予想しなかった答えだ。戸惑った私は「どういうことですか?」と聞き返した。

 

「言動や格好が人と違う、妙なこだわりがある、そういったステレオタイプな「個性的」は、我々の考える「個性」とはちょっと違いますね。そういった貧しい個性と、ほんとうの意味での個性は異なります。」

そう経営者は言った。

 

そこまで言い切るからには、何かしら考えるところがあるのだろう。私は聞いてみたかった。

「では、皆様の考える個性とはどのようなものなのでしょう?」

 

「我々の考える個性は、「人が持つ、様々な能力」のことだと思っています。」

「詳しく教えていただけないでしょうか。」

「具体的に言いましょう。例えば、営業で数字を作るのが得意、小型化の技術を持っている、リーダーとして信頼が得られる、プログラミングが卓越して早い、人を感動させる絵を描ける。面白い文章を書ける。そういったものが「個性」です。

要は何か人と異なるアウトプット、成果が出せることを「個性的」と言えるということです。それ以外は単なる自己満足にすぎない。」

「ふーむ。」

「誤解を恐れず、突っ込んで言えば「成果を出す特殊能力」が個性ということです。

だから、安易なやり方で個性的であろうとすればするほど、どんどん無個性になるんですよ。本当の個性は「鍛錬によって磨きぬかれたもの」に他なりません。

まあ、時計やクルマ、服や家など「買ったもの」で個性を主張しようとする輩も一緒ですね。そんなものは個性ではなく「こんな買い物が好きです」と言っているだけに過ぎない。」

 

最後に経営者は言った。

「ウチは従業員の個性を大切にします。だから目標はひとりひとり違う。それぞれが何かを極めて欲しい、と思っています。

だから、新人は一番「無個性」な状態です。逆に言えばこれからどんな「個性」を身につけられるかが勝負なんです。私はそれを、心から楽しみにしています。

どうか、安っぽい個性に逃げないで欲しいですね。」

 

「安っぽい個性」という言葉が、妙に心に残った。

 

 

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、安達の最新の記事をタイムラインにお届けします))

・筆者Twitterアカウントhttps://twitter.com/Books_Apps (フェイスブックではシェアしない記事も扱います)

・Books&Appsフェイスブックページ https://www.facebook.com/BooksApps/(いいね!してただくと、安達以外の記事を購読できます)

・ブログが本になりました。

【お知らせ】
Books&Apps及び20社以上のオウンドメディア運用支援で得られた知見をもとに、実際我々ティネクト(Books&Apps運営企業)が実行している全48タスクを公開します。

「成果を出す」オウンドメディア運営  5つのスキルと全48タスク
プレゼント。


これからオウンドメディアをはじめる企業さま、現在運用中の企業さま全てにお役に立つ資料です。ぜひご活用ください。

資料ダウンロードページはこちら↓
https://tinect.jp/library/5skills48tasks/
メールアドレス宛てに資料が自動送信されます。

当メディアは書き手を募集しています。実名、匿名のどちらでも可ですが、長期的に記事を書いていただける方が望ましいです。

・テーマ

原則自由ですが、必ず「体験談」もしくは「事例」を含んだものとしてください。当メディアは文章の巧拙よりも「書き手の人間性が読み取れること」を重視しています。

・その他

報酬はご経験、記事の質などにより、個別に設定しています。

・応募方法

blogあっとtinect.jpまで、簡単な経歴、応募動機およびこれまでに執筆した実績(ブログ、記事など)が確認できるリンクをお送り下さい。採用の可能性がある方へは1週間以内にご返信致します。

wallsdontlie