「読書」は知識を手にする非常に効率のよい方法の一つではあるが、あらゆるスポーツに上手な人と下手な人がいるように、あるいは仕事のできる人とできない人がいるように、「読書」という行為にも巧拙がある。

 

読書が下手だと、よい本を勧められても

「読む気にならない」

「面倒くさい」

と、読書を先送りしてしまったり、結局読まなかったりすることが多いだろう。

 

逆に読書が上手な人は、

「とりあえず読んでみる」

「良い本を薦めてくれてありがとう」

と、本からうまく知識を吸収し、豊かな知見を手にすることができる。

 

誤解のないように言っておくが「読書しなければならない」と言いたいのではない。知識を得る方法は読書だけではないし、そもそも読書を「苦行」だと思っている人にとっては、得るものはないだろう。

だが「読書したい」と思っているにもかかわらず、本が苦手な人は、幾つか改めるべき部分があるかもしれない。そして、その本質は「読解力」「読むスキル」と言うよりは、どちらかと言えば「読書」に対する態度にある事が多い。

 

習慣的な行為は「スキル」よりも「考え方」に大きく影響を受ける。だから、読書がうまくなりたいのであれば、以下のことに気を配ると良いだろう。

 

1.「楽しむため」に読む。「勉強するため」ではない。

本来「この本面白いよ」と言われるのは「ポケモンGo面白いよ」と言われるのとあまり変わりがない。「シン・ゴジラ面白かったよ」とも同じだ。読書が上手な人はそう考える。

だが、「この本おもしろいよ」を「勉強しなよ」と同じに感じてしまう人もいる。その人は読書が下手な人だ。

だが、読書は勉強ではない。それは本質的に娯楽であり、趣味である。憶えようとしなくていい、現実に活かそうとしなくていい、仕事に役立てなくていい。活かそうとすればするほど、読書はつらい行為になる。

本は、ただ楽しむために読めばいいのだ。

 

2.「簡単な本」を読む。「難しい本」を読まない。

例えば「レ・ミゼラブル」は傑作ではあるが、読書を普段あまりしない人にこれを薦めるのは「読書嫌い」を作るだけだろう。スキーの初心者をいきなり超上級者コースに連れて行き、骨折させてしまうようなものだ。

一般的にはあまり言われないが、読書というのはできるだけ「簡単な本」を読むことが非常に重要だ。難しい本を読むことはストレスが溜まるだけで、時間の無駄である。

そして読書の上手な人は、自分のレベルに合った本を選択するのが上手である。逆に下手な人は背伸びしすぎてしまったり、「難しい本のほうが良いことが書いてある」と思い込んだりしている。

読書の初心者へは「児童書」や「中学高校生向け」の本は読みやすい上、非常に面白いものも多いので、超おすすめである。もし子供がいれば一緒に読書してしまうのも手だ。

 

3.「興味があること」を読む。「興味が無いこと」は読めない。

読書の根本として、「興味が無いこと」は読めないと知るべきだ。上司から言われた本が読めないのは、自分がそれに興味がないからである。読書が下手な人は、興味のないものを無理やり読むからつらいのだ。

例えば「経営戦略」にあまり興味のない人が、上司から「読め」と言われてしぶしぶ本を読まなければいけない時、戦略に関する本を読めば興味が湧くか、といえばそんなことは滅多に起きない。

そんな時は「自分の興味があること」とオーバーラップさせながら、興味ゾーンを広げていくことが読書の基本的な戦略だ。読書が上手い人は、これを実践している。

例えば「推理小説」が好きな人は、「推理小説」と「経営戦略」が重なった本を試しに読むと良い、例えば以下のリンクのように。

推理小説を読んでいるかのようなビジネス書(ハーバード・ビジネス・レビュー)

 

4.「何か1つでも得たものがあればラッキー」で良い。「読了」にこだわらない。

本を読了することそのものには、あまり価値が無い。

実際、本を書いている人自身も「全部読む必要はない」と思っている事が多い。だから、拾い読み、飛ばし読みを前提として読んでも全く問題はない。

読書が上手い人はほぼ例外なくそれを知っている。彼らは「何か1つでも得たものがあればラッキー」ぐらいに思っている。逆に読書が下手な人は、無理をして読み終えようとする。結果、読書が嫌いになる。

「せっかく買ったのだから」とすべて読む気持ちもわかるのだが、一番貴重なものは時間である。読了にこだわるのはやめよう。そうすることで読書が上手くなり、そして読書が上手くなればなるほど、読書が好きになるだろう。

 

5.「無理に本なんか読まなくていい」と思う。「本を読め」に惑わされない。

読め、と言われるとますます読みたくなくなるのが本だ。

「本なんか、読む必要はない」と思っているくらいがちょうどよい。実際、読書が上手い人は、本を情報のチャネルの1つくらい、と思っている人も多い。逆に読書が下手な人ほど「本の情報が最高」と思っている。だから、取捨選択がうまくいかない。

だが、多くのコンテンツと同様に、実際には本当に良い本は一握りであり、時間をムダにすることも多いのだ。

「いい本は少ない、だから無理に本なんか読まなくていい」と認識しよう。「本を読め」という人ほど、逆にあまり本を読まない人だ、ということも充分ある。

 

6.「速読」なんて無意味。「遅読」する。

ビジネス書を読む時に「速読する」と言う方がいる。ただ、私は読書が下手な人にはそれをおすすめしない。

理由は簡単だ。

・速読の技術を身につけることがつらくて、本を読めない人が多く、本末転倒

・本を読むこと自体が目的化する

・面白い本ほど、ゆっくり楽しめるのに、速読したらコスパが悪い

と、正直に思う。「早く読める」は、読書が上手な人が、慣れの結果として得られるスキルであり、それ自体は目的とならない。

また、こんな研究結果もある。

速読は実は不可能だと科学が実証

「現存する科学的根拠によれば、速度と正確さには反比例の関係があり、読み手が読むべき文書にかける時間が短いと、その分だけどうしても理解が劣ってしまいます」とカリフォルニア大学の心理学者であり、その研究論文の著者でもあるElizabeth Schotter氏は述べています。

(ライフハッカー)

 

読書は趣味、読書は娯楽、そう考えるのが最も読書が上手な人であるのは、間違いない。

 

【お知らせ】
Books&Apps及び20社以上のオウンドメディア運用支援で得られた知見をもとに、実際我々ティネクト(Books&Apps運営企業)が実行している全48タスクを公開します。

「成果を出す」オウンドメディア運営  5つのスキルと全48タスク
プレゼント。


これからオウンドメディアをはじめる企業さま、現在運用中の企業さま全てにお役に立つ資料です。ぜひご活用ください。

資料ダウンロードページはこちら↓
https://tinect.jp/library/5skills48tasks/
メールアドレス宛てに資料が自動送信されます。

ティネクトの事業・サービス詳細はこちら