先日、ある会合で「知識」についての話になった。 知識経済の社会においては、あらゆる組織が知識を使いこなすことを要求される。

 

だが、知識をつかいこなす、と言われても

「具体的な行動としては何なのか?」

には迷っているのが、多くの組織での現状なのではないだろうか。

 

その時思い出したのが、ちょっと時期外れだが、あるシステム開発会社の入社式で、管理職の方が新人へした話だ。

「知識を会社で取り扱うこと」について簡潔に説明していた。「Googleで調べればいいや」ではダメなのだ。

 

————-

 

本日は入社おめでとうございます。 せっかくですから私は知識についての話をしたいと思います。

先日、某所で 「すぐ役に立つ知識は、すぐに役立たなくなる」という言葉を聞きました。 なんとなく、イメージが湧くでしょうか? わたしは、仕事を思い出して「ああ、なるほどな」と思いました。

 

例えば、システム開発をしていると、わからないことがたくさん出てきます。

ま、もちろんわからないことがあってもwebなどで調べながら、とりあえず入れた知識を切り貼りしていけば、なんとか動くものは作れます。

「なんとか動いたし、まあ仕事は終わったからいいじゃないか。」

そう思う人もいるでしょう。

 

けれど、そういったGoogleで検索できるような「すぐに役立つ知識」ばかりを使って仕事を流していると、環境が変わった時に、対応できません。

皆がよく調べるようなことには対処できますが、例えば言語が変わった、環境が変わった、設計が変わった、トラブルが起きた。そういう時には今まで活躍していた「すぐに役立つ知識」が役に立たないことに気づき、あなたは困るでしょう。

 

皆さんは、知識を扱う職業に就くのですから、そのようなことにならないよう、知識についての扱いに長けていなければなりません。

 

では、具体的にどういった行動があなた方に求められているのでしょう。

意識していただきたいのは、 「知識の一般化」と「メタ認知」、そして「検証」 です。この3つについては常に心に留めておいていただきたい。     詳しく話しましょう。

 

「知識の一般化」は法則を見つけ出して、応用することです。 例えば設計の標準化をしたり、プログラム生成ツールを作ることなどがこれに当たります。

そうすることで、バグを少なくし、コーディングの量を減らすことができます。 あるデバッグの手法が他にも使えないか、とためしてみるのも、一般化の1つです。

このように、一つの知識の適用範囲をどんどん広げてみてください。自分以外の人にも使えるように、知識を拡張してください。

 

一方で「メタ認知」は、自分がどこまで知っているのかを知ることです。

ある関数を使ってみた。プログラムがうまく動いた。そこまでは良いでしょう。 ですが「なぜうまく動いたのか」を知らなければ、知識には決定的な欠落があります。応用も効きません。

「自分は知らない」ということを知っている人と、「まあいいか」とスルーしてしまう人では、一〇年後に大きな差ができるのです。

最初は知らないことが多すぎて、途方に暮れるでしょう。 それで良いのです。あなたはその時、「自分が知らない」ということを知ったのですから。 根気よく取り組んで下さい。

 

さて、最後の「検証」です。

検証とは人の言っていること、そして自分の知っていると思われることに対しても、常に猜疑を投げかけることです。

例えば先輩が「ウォーターフォール型の開発はもうダメだ」と言っていたとします。まあそれはいいでしょう。ですが、あなたがたはそれをそのまま信じてはいけません。

その知識はあくまでも「先輩は」ウォーターフォール型に対して否定的だ、という程度のものです。真の知識は検証の上に成り立つのですから、自分で試して、触って、それを確かめるまでは知識ではありません。

 

また、あなた方は1つのプロジェクトで成功した手法を、別のプロジェクトに使おうとするときもあるでしょう。

そんな時に後輩から「本当に大丈夫ですか?」と聞かれた時、何も考えずに「大丈夫だ」と言ってはいけません。それはまだ未検証の知識です。

「うまくいくかわからないけど、試してみて、検証しよう」と言わなくてはいけません。

よく、過去の成功例に囚われた経営者がおかしなことをいいますが、あれと同じです。過去は過去、今は今と切り離して考えてください。

結局のところ知識は「知ったかぶって」も、良いことは何一つ、ないのです。

 

これからあなた方は多くの知識に触れ、それを活用しなければならないでしょう。

そんな時、この3つはきっとあなた方の力になるはずです。

健闘を祈ります。

 

【Books&Appsオンラインセミナーのお知らせ】
企業でwebマーケティングに従事している方向けのライブ配信オンラインセミナーのご案内です。 ティネクト(Books&Apps運営会社)が支援している企業のオウンドメディアの豊富な事例をもとに、弊社が得意としているwebコンテンツによる集客の秘訣についてお伝えします。
<2022年8月24日実施ライブ配信>

よく相談を受けるWebマーケティング悩み7選、をぶった斬る

-2万リードを獲得したコンテンツマーケティングから学ぶ、「成果が出る」オウンドメディア運営方法-
※申込み時アンケートでお悩みをご共有頂ければ可能な限りお応えします

<内容>
1.オウンドメディアのコンバージョン率低すぎて意味ないのでは?
2.リード獲得のしやすいテーマで記事コンテンツを作る必要ある?
3.外部のライターだと内容が薄くなったり具体性が欠けたりと質の担保が難しくないですか?
4.オウンドメディアのテーマはしぼったほうがいいですか?
5.上司にマーケティングやアクセス解析の知識がほとんどない
6.(申込み時のアンケートから選びます①)
7.(申込み時のアンケートから選びます②)
講師:楢原一雅(ティネクト)
ファシリテーター:倉増(ティネクト)


日時:2022年8月24日(水)10:30〜12:00
参加費:無料 
定員:150名 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細はこちらオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2022/8/2更新)

 

Books&Appsでは広告主を募集しています。

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

Hernán Piñera