かつて私は職場で、「無能は自己責任」という発言をよく聞いた。

 

例えば、下のような発言もオブラートに包まれてはいるが、「無能は自己責任」と同じ意味である。

「成長は本人の努力次第」

「結局はやる気でしょ」

「才能ないやつはなにやってもダメ」

上の発言は、率直に言えばほぼ正しい。(と思う時も多い)

正しいが、だからこそ「自己責任でしょ」という言葉を安易に使ってはいけない。

 

なぜか。

それの理由は仲の良かった、ある経営者とのやり取りにある。

 

仕事の合間に、共に昼食を食べに行った時、彼は何気なく言った。

「どうも、うちのマネジャーたちが、部下の育成を軽んじているようにみえるんだよね。」

「そうですか?たしかにドライな人が多い気はしますが……なぜそう思われたのですか?」

「最近、すぐに「自己責任」と発言する社員が目立つから……かな。」

「自己責任……?」

「そう。「自己責任」という言葉はね、安易につかっちゃいけない言葉なんですよ。」

「結構つかってましたw」

「ダメだって。「自己責任」って言うワードは、単なる逃げ。特にマネジャーが部下に「自己責任」というのはタブー。」

「……もう少し詳しく教えていただけないでしょうか。」

 

その経営者は座り直して、語り始めた。

「そもそも。自己責任なるものは存在しているのか、と問われたらどう思う?」

「哲学的問いですね。」

「いや、本質だよ。人が生きるにあたって「完全にその人の責任」というものは存在しないんじゃないか、と私は思っているんだよ。貧乏も、仕事ができないのも、100%その人の責任なのか、と言われて、そうだとは断言できないだろう?」

「まあ、そうです。」

「そもそも、生まれてきたのは本人の意思とは無関係だから。」

「極端ですねw」

「だから、「自己責任なんだから、オレは知らない」っていうのは、要するに「オレは知らない」ってこと。」

 

私は、できない部下のことを思いうかべると、その発言には納得がいかなかった。

「いやいや、言いたいことはわかりますけど、でも全然努力しない人の評価が低いのは「自己責任」と言えませんか?」

「言えない。というより、「言ってはいけない」だな。」

「なぜですか?」

「「無能が誰の責任か」なんて、どうでもいい話なんだから。」

「……」

「無能なやつを鍛えるのが面倒なら、オレはあいつの面倒を見きれない、一緒に働きたくない、って言えばいいじゃない。ワガママだけど、そのほうがまだわかる。「自己責任」とか言って、ごまかすなと。」

 

私は自分が批判されているように感じたので、反論したかった。

「なるほど。でも「自己責任」と言ってはいけないとなると、「どんなやる気のないやつも、手をかけて育てなきゃいけない」ということになるのではないでしょうか?」

「いやいや、そこはつながらないよ。」

「なぜですか?」

「会社は「鍛えたら役に立ちそうなら救う」し、「どうやっても役に立たなさそうなら切る」だけ。そして「切る」人数が少ないほうが良いマネジャー、ってだけ。」

「……」

「だから「それは自己責任」って安易に言うマネジャーは、「そもそも、お前ちゃんと教えてすらいないじゃん。彼らが学ぶように工夫してみろよ。それお前の仕事だろ。」っていうツッコミをしたくなるね。」

 

私は最後に聴いた。

「無能が「自己責任ではない」ならば、我々は彼らを救う義務があるのでしょうか。」

「義務なんかないよ。無能と関わりたくないなら、無視すればいい。人を切りたいやつは切ればいい。でも、人を無視したり切ったりするよりも、人を救う人の方に、富と人が集うのは当然だとは思うけど。」

 

【お知らせ】
SNS投稿する人全てに捧ぐ!素人からプロまでめちゃめちゃ役に立つメディア運営術とwebライティング方法論!
「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

各記事クリックすると冒頭部分読めます。
【最新記事】

【36】「書けない人」はなにが問題なのか。

【35】初心者の書き手がやりがちな、文章をダメにしてしまう行為。

【34】ライターが「説教臭い文章」を書かないために留意しなければならないのは何か。

【人気記事トップ3】

1.オウンドメディアが、検索ではなくSNSからの読者を増やすべき理由と、そのための手法。

2.インターネットで読まれる記事と、読まれない記事の決定的なちがい。

3.ページビューが伸びないブログやオウンドメディアの欠点は明らか。

【 ライター募集中】

Books&Appsでは現在十数社の企業のオウンドメディア運営支援を行っており、ライターを積極的に採用しております。
ご興味ある方は詳しくは こちらご覧ください。

 

 

【著者プロフィール】

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・すべての最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

・「「仕事ができるやつ」になる最短の道」のオーディオブックもできました

 

(Photo:Zoi Koraki