以前に「テレビは衰退しているのか?」という記事を書いた。結論として、NHKの調査したデータからは、

「若者はテレビを見なくなったが、老人はテレビをより見るようになった。結果としてテレビの総視聴者数は横ばいである」

という現状が見える。

 

ただし、「若者が見なくなった」というのはあまりよい傾向とはいえない。将来のユーザが確実に減っていくからだ。

だから、現在テレビ局や制作会社の中には、「何とかしなければならない」という危機感をお持ちの方も多いだろう。

 

そういった現状から、業界の中で「テレビでしか出来ないこと」を追求する人が出てくるのは当然だろう。

「ブラタモリ」の作り方〜いま、テレビでなければできないこと(lifehacker)

番組のプロデューサーは「テレビでしか出来ないこと」についてこう言っている。

おもしろい人や新しい人を探していく取材能力とか、ソフトを作る力だと思います。

いまは素人さんでも、動画投稿サイトを使えばポンと世界に発信できますよね。それに対してテレビが勝てる部分は、「どうやって探して、どうやって調べて、どう番組にしていくか」のノウハウだと思うんです。そこが一発勝負の面白映像の動画投稿サイトとは違うところ。

そうした映像が捕らえるのは素人の方でなければできない瞬間で、それはそれでおもしろいと思います。ところが、ある程度の時間をかけて取材してまとめる力は、まだテレビの世界の人の方が強いはずだと僕は思っているんです。

つまり動画投稿サイトでできないことのなかに、テレビがやらなきゃいけないことがある気がするんです。

こういった話はよく耳にする。「ソフトを作る力」や、「素人には出来ないことがある」というテレビの優位性についての話だ。

 

しかし、失礼ながらこの話は少し的はずれではないかと思う。いかに時間をかけて、大金を投じて番組を作ったとしても、番組の面白さとしては「素人のちょっとしたアイデア」に負けてしまうことも多い。

 

webの最も強いところは、「製作者が膨大な数存在する」ことだ。膨大なゴミコンテンツの中にほんの僅かの確率で良い物がある。そして検索エンジンやソーシャルメディアはそれを見つけ、広めることができる。

したがって、webで見ることのできる「面白いもの」は、過酷な競争を勝ち抜いてきたコンテンツだ。「ポンと発信しただけのもの」ではない。

 

では、テレビしかできないこととは何か。

思うに、テレビがwebに比べて圧倒的に優れているのは、まず「画面の大きさ」である。

PCでもスマートフォンでも、ハードウェアの制約が有り、大画面は難しい。そして、大画面でコンテンツを試聴するるメリットはそれなりにある。

1.旅、ドラマ、映画など、「きれいな映像」「音響効果」を含んだコンテンツを見ようとすれば大画面の方が良い

2.教育・教養、ディスカッション、問題提起など、家族・複数人で見る方が面白いものであれば、大画面のほうが良い

 

次に優れているのが「操作の簡単さ」である。デジタル機器に不慣れな層はテレビを好む。また、そういった人々はローカル情報を好む。実際、「マスメディア」よりも「ローカルメディア」に特化したほうがうまくいくだろう。

1,健康情報、薬、保険などの年配向け情報

2.地域の情報発信力がない人々の特集、地域内で使われるローカル情報

 

このように考えていけば、まだまだテレビの利用法にも可能性はある。

時代とともに扱うコンテンツを変えていくことが、テレビ関係者に求められているではないかと思う。

 

【お知らせ】

自社のオウンドメディアの運用を検討、もしくは今後オウンドメディアの改善を検討中のwebマーケティング担当者および企業幹部、企業経営者さま対象に無料セミナーを実施しております。

セミナータイトル:
集客力のある「オウンドメディア」を運用するための3つのポイントをお教えします

セミナー概要:
1.webでバズる記事とは?
・メディア力
・記事力
2.バズるメディアを作るには
・よくあるオウンドメディア3つの過ち
・オウンドメディアによるブランディングとは
・オウンドメディアを運営するために欠かせない3つのポイント
3.事例紹介

日時:
[2月日程]
(満席)①赤坂会場 2月8日(金)15:00ー16:30(定員20名)
(満席)②渋谷会場 2月13日(水)15:00ー16:30(定員20名)
(満席)③新橋会場 2月14日(木)15:00ー16:30(定員30名)


[3月日程]
①赤坂会場 3月4日(月)15:00ー16:30 (定員20名)
②渋谷会場 3月8日(金)15:00ー16:30 (定員20名)
③新橋会場 3月11日(月)15:00ー16:30 (定員30名)

お申込み・詳細は こちらBooks&Apps主催セミナーお申込みページをご覧ください


(2019/2/7更新)