Honda_Logo「本田宗一郎が怒っている」というタイトルの、故本田宗一郎氏の貴重な講演映像がある。従業員からは「オヤジ」と呼ばれていたそうだが、まさしくその名の通りの講演で「オヤジが管を巻いている」といった風だ。

 

「本田宗一郎が怒っている(1/5)」

 

全部で60分の映像を5分割してあり、少し長いのだが一気に見てしまった。内容は税金の無駄遣いの話から、教育改革、日本人のユーモア精神まで多岐にわたり、どれも面白い。

「神プレゼン」はスティーブ・ジョブズが有名だが、本田宗一郎のプレゼンテーションも全く負けてはいない。むしろ身近な話題が多い分、共感の度合いは高いと思う。

 

さて、その本田宗一郎のプレゼンテーションの中に

「なんでもできるやつは気の毒だなー」という発言がある。

 

「本田宗一郎が怒っている(4/5) 10:00のあたり」

 

「なんでもできるやつは気の毒だなー、人に聞かないからね。人に聞くということは、相手を尊重するということなんです。「これはどういうふうになるんですか」と聞く、そうすると教える方はやっぱり、優位な立場で「知っているから教えてあげよう」と、こうなる。ああそうですか、どうもありがとう。ここに人間関係が生まれていくと思う。

 

本田宗一郎氏の「人間関係」や「教育」の考え方はたった一つ。「長所を伸ばせ、その長所を持って協力」だ。上の一言には、それが集約されていると思う。

1980年代初頭の公演だとのことだが、本田宗一郎氏の指摘は30年以上たった今も、本質をついている。戦後の日本を作り上げてきた名経営者の考え方を知るための非常に良い動画だ。

 

【お知らせ(PR)】

東京都産業労働局 からのご案内です。

東京都の公的サービス「デジナビ」が都内の中小・零細企業や個人事業主に対してIT導入補助金、デジタルツール導入助成金のご提案をお手伝いします


【都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業】
都内中小企業に対し1社につき1人専任の「ナビゲーター」がデジタル化のアドバイスを行い、経営課題の解決に向けた最大5回のサポートを無料でおこなうものです。


業種別デジタル化成功事例を公開中
<医療業>  クラウドストレージを導入し、業務に必要な情報を共有化
<運輸業>  デジタルとアナログの両輪体制による健康経営への道
<卸売業>  クラウドサービスの活用で全国の情報交換が円滑に
<建設業(建築)>  システム導入で本来の仕事に専念
<建設業(設備)>  ICTの活用で残業のない働き方を実現
<建設業(土木)> 設計から施工まで一気通貫でICTを導入
<製造業> デジタルサイネージで従業員との熱意をつなぐ
<不動産業> 効果的なICTを実現し、顧客視点の全員参加経営へ
<福祉業> 医療連携と最新のICTで利用者の健康を守る
<飲食業> POSレジとキャッシュレスツールで作業負担を軽減


詳細は東京都産業労働局サイト都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業をご覧ください。
お申込みフォーム→ 都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業 参加申込ページ

(2024/1/22更新)