この時期の風物詩、とも言える話題がある。

それは、新社会人の「会社辞めたい」だ。

 

Tweetのバリエーションが豊富で、とても面白い。

また、それに対して(自称)大人たちが、余計なアドバイスをする、という構図が大変面白い。

私もこのビッグウェーブに乗りたく、一つ書いてみたい。

 

辞めたほうが良いか、我慢して続けたほうが良いか。

この問いに対しての「絶対正しい」回答は一つ。「そんなの場合によるだろ」である。

どんな場合にも妥当な回答は存在せず、状況次第、というのが、いわゆる大人の答えだろう。

 

だが、正直に言って「場合によるだろ」という回答が私は嫌いだ。

そんなのは、何も言っていないのと一緒で、いかにも物分りの良いふりをして、断言するリスクを避けているだけだ。

また、言われた側も

「いや、そんなことわかってる。でも、聞きたいのはお前の意見だ」と言うだろう。

 

だから、これから私が昔、言われたことをそのままお伝えする。

 

決めろ、マヌケ。

他で何度か書いたことがあるが、恥ずかしながら私自身、入社して3ヶ月も経たないうちに、「会社辞めたい」と思った人間のうちの一人だ。

理由はいろいろあったが、トップの方針が「コンサルが新卒にできるわけないだろう」というものだったので、つまらない仕事しか与えてもらえず、腐っていたのだ。

 

実際、今でもはっきりと覚えているが、実際入社してすぐに転職しようと、転職サイトに登録もした。

その時には、当たり前だが応募した会社から一つも回答がなく、結果として転職には至らなかったのだが、「クソだなこの会社。辞めてえ。」という気持ちはよく分かる。

 

転職の道を絶たれた私は、ヤケになって知り合いの一人に当たり散らした。(よく我慢して聞いてくれたものだ)

 

私が一通り、会社への不満を吐き出すと、彼はこう言った。

「で、どうすんの?」

「いや、どうもこうも、会社には不満ですけど、転職できないんですよ。」

「いやいや、そんなことは聞いてない。」

「どういうことですか。」

「今、ここで踏ん張るか、別のチャンスを見出すまで転職がんばるか 、決めろってことだよ。」

「えー……。」

「早く決めろ、どっちだ。それとも待遇改善のために、上司に訴えて回るか? だけど、お前が、こんな場所で他人の悪口を言っているだけなら、一生そのままだぞ。 決定を先送りすんじゃねーよ。マヌケ。 」

 

そう、ガツンと言われた。

「いや……。」

「いいか、会社で頑張るのも、やめるのも自由だ。信念持って会社やめるなら、それは逃げじゃない。前進だ。」

「……。」

「ただ、どこで踏ん張るかを決心せず、先送りするなら、それは逃げだ。お前は一生、くだらない愚痴を言って過ごすんだろう。哀れだなw。」

 

彼は超キツかった。

だが、それは真理だった。

 

要するに、彼は「今のまま一生懸命働く」のも、「ムカつくんで辞める」のも「会社の中で改善を要求する」のも、全て信念に基づくならば、合理的だと言った。

だが、「決定を先送りして愚痴ばかり」は、マヌケなやつのすることだ、と言ったのだ。

 

信念の度合いが強ければ、我慢も、退職も、交渉も、いずれの選択も 問題ない。

逆に、信念を持たず決定を先送りしたり、周りになんとなく流されて決定をするのであれば、いずれの選択をしても、あとから出るのは世の中への恨み節のみだ。

 

信念に従え

ノーベル経済学賞を受賞した、ダニエル・カーネマンは「デフォルト(規定)の選択肢から乖離した行動を取ると、より後悔が深まる」という研究結果を示した。

だから、後悔しないためには、自分のデフォルトにしたがうのが、最も良い。

デフォルトとは、すなわち信念である。

信念に従えば、後悔しない人生が歩めるのだ。

 

このとき彼に言われ、少なくとも仕事においては、私は「絶対に我慢しない。」と決めた。

理由はない。単にそう決めたので、そうしたのだ。

 

結局、上司に「コンサルの仕事がもらえなければ辞めます」と告げた。つまり、交渉することにしたのだ。

また、上司の気に入らない発言に対しては「その発言は腹が立ちます」と言うようにした。

これ以上我慢したくなかったからだ。

 

その後も、私はあまり「物分りのいい人」にはなれなかった。

理不尽なことを言われたら、必ず言い返したし、わからない要求をされたら、必ず「説明がたりない」と聞き返した。

仮に仕事で侮辱されたら、必ずそいつに復讐する、とも決めた。(いまのところ幸い、そういう経験はない)

 

もちろん、結果的にトラブルも起きる 。

信念に従った結果、損することも多い。

前職の私を知る人ならご存知だと思うが「はっきり言い過ぎですよ」と、たしなめられたことも多い。

私を嫌う人も多いだろう。

 

だが、少なくとも後悔はまったくない。

それは自分でそう決めているから、評判を失うことも、損失も、後腐れなく、引き受けることにしている。

 

それは信念を持って決定したことの責任を、自分以外の誰にも求めたくない、という考え方である。

 

「我慢」はしないが「覚悟を決めた割り切り」はある。

とはいえ、不愉快な上司や客はおり、彼らとも仕事をしなければならないときもあった。

だが、それは我慢ではなく、結果を出すための手段と割り切った。

私は「この会社で頑張る」と決めたからだ。

割り切りはときに、結果を出すためには必要なのだ。

 

それは功を奏し、私は一部門を統括するまでに出世し、それなりの部下を抱えるようになった。

だが、ろくに出世できなかったとしても、私は後悔はしなかっただろう。

自分の信念に従ったのであるから、それは受け入れ可能だったはずだ。

 

だが、仕事を初めて11年目。

ついに仕事で「我慢できないこと」が起きた。

 

部下の数人を、上司から「辞めさせろ」と言われたのだ。

確かに部下にも非はあった。だが、上司の言い分も理不尽だと感じた。

 

だが、その時私は信念に従えなかった。

私は出世を手放すことができず、部下に退職を勧めた。

 

だが、それはまさに最悪の選択だった。

仕事に身が入らず、それを他人のせいにして「クソな会社だ」と、愚痴を言うようになった。

本当にクソだったのは、私自身だったにもかかわらず。

 

そしてある日の朝、経営会議が始まる前に、気づいた。

「私は信念に従っていない」と。

私は、次のアテもないまま、その会議が終わった直後、上司に言った。

「会社を辞めます。」

 

 

 

私の好きな本の一つが、「7つの習慣」だ。

そして、その中で最も私が納得をしたのが、「原則を中心とせよ」という提案である。

公正の原則

誠実の原則

人間の尊厳

などは、人間の根源に根ざした原則であり、選択とはすべて、このような原則に基づいて行われるべきだ、というのが7つの習慣の主張だ。

私にとっては、そのように普遍的なものが重要であり、それに反するものを「我慢しない」ことが信念に従うことだった。

 

残業代を払わない会社は、公正ではない。私はそのような会社とは、かかわらないであろう。

あとから契約条件を勝手に変更してくるような取引先は、誠実ではない。私は、そのような取引は、願い下げである。

社員をコントロールしようとする経営者とは、話をするのも嫌であり、距離を取る。

ネットで人を侮辱する輩は、即ブロックする。

 

そうすれば、人生に後悔が生まれることはない。

 

 

断っておきたいが、上で述べてきたことは、人に強要するものではない。

完全に私の中で完結しており、他人がどう考えるかについては、一切関知しない。

 

決定を先送りしようが、愚痴を言おうが、信念を捨てようが。勝手にすればいいのだ。それがその人の人生なのだから。

 

だが若者よ、仕事が辛い、と毎日思うのであれば、一考してほしい。

今の状況は、あなたの信念に沿ったものだろうか?

信念に反すると感じるならば、そんな場所からはすぐに離れたほうがいい。信念に反する行為は、不幸を招くばかりか、周りの人間も不幸にする。

 

逆に、やりたいことをやれ、というのは、全くもって人に強制されるものではない。

やりたくないことを続ける美学を持つ人を、私は否定しない。むしろ尊敬する。

信念を持って、今の立場であがく人は、美しい。

 

だが、唯一ダメなのは、ふらふらと よく考えず、信念もなく、他人に踊らされてしまうことだ。

愚痴ばかり言って、決定を先送りすることだ。

 

その先には、主体性のない、世の中に恨みばかり募る、暗鬱とした人生の、無為に長い時間が残るのみである。

 

【お知らせ】

本記事は、名刺アプリ【Eight】のスポンサードによって制作されています。

「新しいつながりを作る」

と決心したなら、出会いを無限大の可能性につなぐ、名刺アプリEight(エイト)へ。

安達のEightアカウント(本記事の読者の方であれば、どなたでも、名刺交換リクエストを受け入れます。)

 

 

【お知らせ】

最新データからわかるオウンドメディアの現状とその役割とその活用方法。

オウンドメディアを検討中、運用中の企業広報・マーケティング責任者、企業幹部、企業経営者さま向けにオウンドメディア活用セミナーを実施しています。

<セミナータイトル>

もしリスティング広告に限界を感じているのであれば、
オウンドメディアを本気で運用してみるのも悪くないと思います。

<内容>
1.オウンドメディアの役割
2.オウンドメディアのお悩み3選とその解決方法
3.成果の出るオウンドメディア運営5Step

日時:12/6(金)10時〜11時30分@渋谷ヒカリエ11F 参加費:無料 定員:30名

お申込み・詳細は こちらBooks&Apps主催セミナーお申込みページをご覧ください

(2019/11/7更新)

 

 

【著者プロフィール】

Twitterアカウント▶

安達裕哉(ぜひ!一緒にやりましょう!)

◯安達裕哉Facebookアカウント (安達の記事をフォローできます)

Books&Appsフェイスブックページ(Books&Appsの記事をフォローしたい方に)

◯ブログが本になりました。

(Photo:Gordon Thomson