我々は「事例」が大好きである。成功事例、失敗事例、大手の事例、中小の事例、世の中は事例に満ち溢れている。

本屋さんに行って見てみれば、「成功法則」と銘打った本や、「ケーススタディ」のように洗練された形の事例まで、実に様々だ。

 

しかし、「事例」はほんとうに役立つのだろうか。◯◯事例セミナーは、価値あるものなのだろうか。私はつねづねその疑問を持っていた。

考察してみたいと思う。

 

まず、「事例」というものは高々一つの事象にすぎない、ということは言って良いだろう。

科学的見地から見れば事例はほとんど意味が無い。

 

例えば「重い鉄球を持ち、手を離したら、軽い鳥の羽よりも早く下に落ちた」という事例を紹介し、「このように、重いものは早く下に落ちるのです」と述べたとしよう。

皆は「なるほど、やはり重いものは早く下に落ちるのだな!」と納得する。

幾つもの比較実験を用意してやれば、「結局、重いものは早く下に落ちる」という主張は正しいように思える。そして、この話はガリレオ・ガリレイが厳密な実験をするまでは「正しい」と一般的には信じられてきていたのだ。

 

しかし、現在、「重いものは早く下に落ちる」は間違いであることを我々は知っている。

真空中で同じ実験をすれば、鉄球と鳥の羽は全く同じ速度で落ちる。

「落下速度は、質量によらない」のである。これは物理学を勉強していれば、高校生でも知っていることだ。

空気中で鉄球のほうが早く落ちる正しい理由は、「重いから」ではなく、「鳥の羽のほうが空気抵抗を多く受けるから」である。

 

さて、話を戻そう。所詮事例は、「一つの事象」に過ぎず、他社の「成功事例」をマネても、その真の理由が明らかとなっていない限りは再現できない。多くの事例を語るセミナーが「結局役に立たない」のはそのためである。

そして、「事例」を語る人は通常、厳密な実験を行っているわけではない。

 

だから、「事例」を紹介する本やセミナーは、「その人はそう思っている」という域を出ることはない。

 

 

ところで、戦略コンサルティング会社のA・Tカーニーは、「成功事例を共有化するだけでは不十分」という。

◇「成功事例」の共有だけでは不十分

たんに「成功事例」を共有するだけでは役に立たないことも多い。というのも、状況に応じてとるべき行動は変わって当然のところ、「成功事例」は、どのような場合にどう行動するとよいか、という考え方への言及が乏しいため、情報を受け取った部下は、いかに自身の案件に応用してよいかの解釈ができない。

さらに、「成功事例」には自慢話が含まれることも多いため、聞かされてもおもしろくないという心理も手伝い、情報の受け手は「偶然、状況を味方につけて成功しただけ」と評価をしてしまい、結果として成功事例を活用しようとは思わない、という面も有している。

もちろん多くの人は「成功事例はあまり役に立たない」ということを知っている。

 

それ故に、「成功事例」からエッセンスを抽出し、それを法則化したいと願う人が多いことも、ご存知のとおりである。

だから現在の「経営学」は多くの場合「統計的手法」を用いて、事例を数多く集め、できるかぎり条件を統一し、「普遍的である」とある程度の合意が得られる理論を追求しているのである。

だが、そうした「科学的検証」を経ていない事例のほうが圧倒的に多いのもまた、事実である

 

 

では、それを知りつつもなぜ人は「事例」に惹かれるのだろうか。

私はドラッカーの著作が好きであるが、そこに書かれている事例、主張の殆どは科学的に証明されたわけではない。

極端なことを言えば単なる「ドラッカーの思い込み」にすぎない可能性もあるのだ。

 

ここからは個人的な意見だが、おそらく人は「事例」によって法則を知りたいわけではないのだ。

何が知りたいか?

それは「人の意志」である。その時何が起きたのか、どう考えて、どう行動した人がいたのか。どう勇気を持って課題に立ち向かったのか。何が正しいと判断し、何が誤りであると判断したのか。どのような数字に着目し、何を意味が無いと切り捨てたか。

 

そういうダイナミックな心の動きが知りたいのだ。

所詮は困難への対処は自分で判断しなければならない、でもそれは人に勇気を与えてくれる。自分が未知の分野に挑むときの不安を和らげてくれる。分岐点において判断の材料を与えてくれる。

 

事例はそういうものなのだ。

 

【お知らせ】
オウンドメディア運営の適切な目標設定をBooks&Apps及び50社以上のオウンドメディア運用支援で得られた知見をもとに解説します。

ゼロから始める オウンドメディア運営 目標設定編
資料をプレゼント。


これからオウンドメディアをはじめる企業さま、現在運用中の企業さま全てにお役に立つ資料です。ぜひご活用ください。

資料ダウンロードページはこちら↓
https://https://tinect.jp/library/zero/
メールアドレス宛てに資料が自動送信されます。