もう結構前のことだが、とあるゲーム会社の社長が

「センスは伸びやすいが、行動力は伸びにくい」

と言ってる記事を読んで、目からウロコだった記憶がある。

 

実際、この会社は、採用の時には学歴そのほかを無視し、行動力だけを見たという。

第7回:木谷高明(ブシロード)

そうですね。先ほど適性検査の話が出ましたが、横軸をやる気とか行動力、縦軸をセンスとします。

 

センスはあるけど、やる気や行動力があんまりない人は評論家なんですね。そういう人は分かってるくせに見事に動かない。

やる気はあるんだけど、若干考えが足らない人は営業マンタイプになります。

自分で考えて、自分で行動できるようになると、経営者タイプです、いわゆるリーダータイプですね。

 

ただ、僕がずっと誤解してたのは、行動力とか営業力のほうが伸びると思っていましたが、実はセンスのほうが伸びるんですよ。だから、行動力が高い人を採用するようにしたんです。

(中略)

センスというのは、いろんな過去の経験からいろんなパターンを蓄積していって、年齢を重ねれば重ねるほどにそのパターンの中から適当にピックアップするが上手くなることなんです。

だから、若い人にセンスの高い人があまりいないのは、経験がないからですね。

 

ピックアップしてくるのが上手くなると、例えばオリジナルの作品作るにしても、まったくゼロから作ってるわけじゃなくて、どっかから持ってきてる。そうやって、ゼロからイチを生んだように見せてるんですよ。

だから、センスはあとでもどんどん伸びるのです。

コンサルティングのような、あまりセンスを必要としない仕事では「行動力」は当たり前のように重要だったが、センスが重要、と言われがちなゲーム開発ですら、「行動力」が重視されるのか、と私は大変に驚いた。

 

センスは伸びやすく、行動力は伸びにくいのはなぜか

いったいなぜそう言えるのか。

これを理解するためには、行動力の本質に迫る必要がある。

 

実は、行動力とは、一般的に行動力に関して言われるような「フットワークの軽さ」とか「何でもやってみる」とか、そういう話ではない

それはせいぜい、「前向き」という程度の話だ。

 

行動力というのは、もっと本質的なスペックだ。

一言でいえば、「自分で「やる」と決めたことを、果たす力」のことを指すからだ。

 

例えば、ハロルド・ジェニーンの「プロフェッショナル・マネジャー」には、分かりやすい例として、3人の学生が登場する。

普通の大学生キャルの場合

講義に皆出席し、宿題をサボることもなく、やるべきことは何でもちゃんとやった。ところがある年、期末試験の前に流感にかかり、平均点がCプラスに落ちてしまった。(中略)

だが、それはぼくのせいじゃない、と彼は言う。(中略)

そのほかにも、彼のまじめな意図の裏をかくようなことがあれこれと起こる。

結局、彼は平均Bマイナスの成績で卒業し、Bマイナス級のビジネス・スクールに入れたら幸運としなくてはならなくなるだろう。

キャルに「行動力」はあるだろうか。

残念ながら、あるとは言えない。

 

彼は特に高い目標を掲げているわけではない。

したがって、彼の人生は常に「目の前のことへの対処」に費やされる

そして障害があれば、「自分のせいじゃない、どうしようもない、仕方がない」とあきらめる。

 

では、二人目の学生の例だ。

エグゼクティブ志望者アルの場合

彼は、一二のトップクラスのビジネス・スクールの中のどれかに入りたいと思い、それには平均Aか、きわめてそれに近い成績をとらなくてはならない。

なにかの学科で初めてBをとってしまうと、彼は夜の勉強時間をそれまでの一~二時間から三~四時間に延長する。

 

しかし、第二、第三学年でも、ほかの科目は全部Aだが、ひとつの科目だけはBから這い上がることができない。

そして口惜しくは思うが、それについてそれ以上何をやったらいいのかわからない。

 

それで、毎年三つか四つのAにBが一つなら、まあまあじゃないかと自分を慰める。

最終学年の成績はAが二つ、Bが一つ、そして思いもかけなかったCが一つあった。彼は一二のビジネス・スクールへ入学願書を出し、ただ幸運を祈った。

アルは、キャルよりは「行動力」という点において、マシなように見える。

目標を自分で定め、それに向かって努力もしている。

 

しかし、本質的にはキャルとアルに違いはない。

アルは最後には「何をやったらいいかわからない」と、思考を止め、あとは運任せにした。

結局、彼の人生は「がんばる」けど、報われるかどうかは、運しだい、というところだろう。

 

では、三人目の学生だ。

スタンフォード大学志望者ハルの場合

ハルは何がなんでもオールAをとらなくてはならないと思い定めていた。いつでも自信をもって試験にのぞめるように、毎夜三~五時間勉強した。

 

しかし、オールAの成績を保って迎えた最終学年に、彼はひとつの科目──高等会計学──で初めてつまずいた。第一学期にはBをとるのがようやくだった。そこでいっそう勉強にはげんだ。

しかし、学年の中ごろになっても、その科目では依然としてBマイナスのあたりでもがいていた。

 

──どうしたらいいのだろう?

彼はその学科に関して、読むように決められた以外の本も読んでみた。それでもやはりその学科をマスターできなかった。助けてもらえないかと教授に頼むと、同情はするが時間がないと断られた。

──どうすればいいのか?友人のキャルとアルは、彼の悩みに取り合おうとしなかった。──四年間にBが一つだなんて、悩むほうがどうかしているよ。

 

しかし、ハルの決心は動かなかった。どうしても高等会計学にAをとるんだ!

彼はプライドを捻じ伏せて、家庭教師をしてくれる大学院生を見つける。そして深夜まで勉強する。物事をとことんまで考えつめる習慣をつけ、はげみにはげむ。

そしてもちろんAの成績をとり、望みのビジネス・スクールに入る。

ハルはどこで働いたとしても、いずれは成功するだろう。

 

ハルにとって「センス」と呼ばれるような何かは、意味をなさない。

彼は「成功するまでやる」という言葉の意味を、真に理解しているからだ。

 

「行動力」はセンスをカバーできる。

が、「センス」は行動力をカバーできない

換言すれば、真の意味で「センスがない」のは、実は行動力のない人のことだ。

 

そう考えていくと、センスは伸びやすく、行動力は伸びにくい理由がわかる。

「センス」は、目の前のタスクを「こなして」いれば、卓越はしないかもしれないが、それなりのものが得られる。

所詮はパターン認識の話だ。

 

しかし「行動力」は、受け身では身につかない。

マインドセットそのものの話なので、その人の性格や、それまでの行動様式によって大きく左右される。

目の前の仕事を処理しているだけでは、決して得られない。

 

冒頭に引用した木谷社長が、

「行動力とか営業力のほうが伸びると思っていましたが、実はセンスのほうが伸びるんですよ。だから、行動力が高い人を採用するようにしたんです。」

というのは、当然のことだ。

 

3人のその後の人生

普通の大学生キャルは、おそらく波風立たぬ、平凡な人生を送るだろう。

新しいことを始めるには腰が重すぎる、いわゆる「面倒くさがり屋」ではあるが、「目の前のことを真面目にやる」ということだけでも、十分に食べていくことはできる。

彼にとっては、「変わらぬ日常」こそが、最も高い価値を持つ。

 

 

エグゼクティブ志望者のアルは、運が良ければ、どこかの良い職、人がうらやむ地位にありつけるかもしれない。

だが、長期的には「成功」と呼ばれるものは手にしないだろう。

 

むしろ、悪ければ「評論家」になってしまうかもしれない。

彼はなまじ頭が良いがゆえに、「できない理由」を並べることにかけては、天才的な手腕を発揮するだろうからだ。

 

 

ハルは自分の人生を自由に決定できる権能を持つに至るだろう。

人は彼のことを「成功者」と呼ぶかもしれない。

 

が、彼は、仮にそう呼ばれなかったとしても、意にも介さないだろう。

なぜなら、彼は「自分で決めたことをやりぬく」ことに価値があると考えているからだ。

 

 

【Books&Appsオンラインセミナーのお知らせ】
コンテンツマーケティングで成果をあげている企業様とのコラボ企画第3弾。
独自ノウハウでオウンドメディア「現場ドリブン」を運営しているビーウィズさんとの共催オンラインセミナーを開催します。

<2021年11月2日実施セミナー>

「絶対に面白いメディアであるべき」と思い至ったオウンドメディア担当者がやったこと

-実践者に聞く。SEOより得意なことを書いてもらった結果、やっぱり上手くいったオウンドメディアの話-

<内容> 第1部:なぜ今多くの企業がコンテンツマーケティングを必要としているのか?
講師:ティネクト株式会社 取締役 楢原一雅

第2部:「現場ドリブン」編集長の実践事例 「現場ドリブン」ができるまでと、これからの話 
・オウンドメディアを始めるきっかけ
・競合調査について
・どういう価値観で書くか
・オリジナル記事の運用方法
講師:ビーウィズ株式会社 現場ドリブン編集長 形柳亜紀様

第3部 オウンドメディアの運営者だけが知る裏話 
トーク:形柳(ビーウィズ) × 倉増・楢原(ティネクト)


日時:2021年11月2日(火)15:00〜16:30
参加費:無料 
定員:100名 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細は こちらオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2021/10/26更新)

 

 

【著者プロフィール】

安達裕哉

元Deloitteコンサルタント/現ビジネスメディアBooks&Apps管理人/オウンドメディア支援のティネクト創業者/ 能力、企業、組織、マーケティング、マネジメント、生産性、知識労働、格差について。

◯Twitter:安達裕哉

◯Facebook:安達裕哉

◯有料noteでメディア運営・ライティングノウハウ発信中(webライターとメディア運営者の実践的教科書

 

Photo by Jeremy Lapak