ドラッカー名著集1 経営者の条件ある会社の経営計画づくりを手伝ったことがある。

その会社の担当者は、事業規模を考え、「社員数を5年後までに、◯◯人に増やす」という経営計画を立てていた。よくある経営計画書だ。

ところが、その会社の経営者はそれを見て不満そうな顔であった。

 

私は、その顔を見て、経営者に「なぜ人数の計画に不満なのですか?」と聞いた。

経営者はこう言った。

「安達さん、社員は、できるだけ増やさない方がいいんです。マネジメントも、コミュニケーションも難しくなる。人数に関する目標をたてるならば、売上・利益はこれだけ上げつつ、社員の人数をこれだけに抑える、のほうが遥かにいい目標です。」

 

そうなのだろうか。私はしばし考えた。

 

調べてみると、例えば、2014年時点で、世界の時価総額のトップの企業は上から、アップル、エクソン・モービル、Google、マイクロソフトである。各々の人員数は8万人、8万人、6万人、10万人である。

合計すると32万人。多いように思える。

しかし、実はこの数字はかなり小さい数字である。例えば日本の重電の雄である日立製作所の人数はちょうど32万人。

世界時価総額トップの企業は、「社員を数多く必要とはしてない」のである。

 

世の中には少し景気が良くなると、大量に社員を雇おうとする会社も多い。

それはそれで別に悪いことではないのだが、一気に社員が増えるということは、「調子が良い事業」が傾いた時に、大量に不要となる人員ができるということでもある。

 

しかし、本当に先を見越して経営するならば、

「今の人数で、もっと大量の仕事をさばけないだろうか」、そして、「余剰となった人員で新しいことを行い、そこで人を必要とするのであれば、少しずつ人を雇う」

と言う方針にしたほうが良いのではないか。そのようなことをこの経営者は言っていた。

 

そういえば、ドラッカーも著作「経営者の条件」にて、下のようなことを言っていた。

 

”一定の業績を得るために投入した努力が少ないほど、良い仕事をしたことになる。

市場が求める自動車や鉄鋼を生産するために、10万人が必要だということは、実のところ、エンジニアリング上の未熟を示すにすぎない”

 

 

特にスタートアップにとってはそうだが、

人を増やすのは「その人しか持っていないスキルや知識」が欲しいから、というように考えたほうが良さそうだ。

「今目の前にある仕事を人を増やしてもっとこなそう」というのは、悪くはないが次善策にとどめるべきかもしれない。

 

 

 

 

【お知らせ(PR)】

東京都産業労働局 からのご案内です。

東京都の公的サービス「デジナビ」が都内の中小・零細企業や個人事業主に対してIT導入補助金、デジタルツール導入助成金のご提案をお手伝いします


【都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業】
都内中小企業に対し1社につき1人専任の「ナビゲーター」がデジタル化のアドバイスを行い、経営課題の解決に向けた最大5回のサポートを無料でおこなうものです。


業種別デジタル化成功事例を公開中
<医療業>  クラウドストレージを導入し、業務に必要な情報を共有化
<運輸業>  デジタルとアナログの両輪体制による健康経営への道
<卸売業>  クラウドサービスの活用で全国の情報交換が円滑に
<建設業(建築)>  システム導入で本来の仕事に専念
<建設業(設備)>  ICTの活用で残業のない働き方を実現
<建設業(土木)> 設計から施工まで一気通貫でICTを導入
<製造業> デジタルサイネージで従業員との熱意をつなぐ
<不動産業> 効果的なICTを実現し、顧客視点の全員参加経営へ
<福祉業> 医療連携と最新のICTで利用者の健康を守る
<飲食業> POSレジとキャッシュレスツールで作業負担を軽減


詳細は東京都産業労働局サイト都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業をご覧ください。
お申込みフォーム→ 都内中小企業向けデジタル技術導入促進ナビゲーター事業 参加申込ページ

(2024/1/22更新)