世の中には「締め切りを守れない人」が、そこそこいる。

コンサルタントをやっていた時はそれを特に強く感じた。

 

例えば、昔の職場では、プロジェクトのキックオフの時、現状の調査をするため、「調査票」を書いてもらう宿題を出していた。

 

記入に難しいことはそれほどない。

現状仕事で使っている書類の一覧を出してもらったり、業務フローを書いてもらったり、どのような記録があるのかを調べてもらったりするだけの、シートだ。

 

標準の納期は2週間なのだが、依頼をするときに、必ず書いてもらう本人に確認をする。

「2週間で大丈夫ですか?」と。

ボリュームとしては2日程度で終わる分量なので、ほぼすべての人が「2週間もあれば大丈夫です」と答える。

私は「では、お願いします」という。

 

3タイプの人々

調査票の提出は、事務局が取りまとめてくれる時もあったが、たいていのケースでは「できた人から、五月雨式でよいので送ってください」と伝えていた。

そして彼らの提出を待つのだが、大別して3タイプある。

 

1.3~4日以内に送ってくる人

完璧なものを送ってくる人もいるが、抜け漏れがある状態で送ってくる方もいる。

ただ、だいたい、「この部分の書き方がちょっと不明だったので、注釈を入れています」と、質問付きで送られてくる。

 

私は、メールまたは電話で修正の指示を出して、再提出をしてもらうが、指示を出せば翌日に修正されたものがすぐに送られてくる。

締め切りにはかなりの割合で、完ぺきなものができている。

 

彼らは基本的に、前倒して仕事を進める人々だ。

感覚として、全体の3割程度。

 

2.期限当日~前日に送ってくる人

期限ギリギリに送ってくる人々。

期限いっぱいまで使っているのだから、完成度は高いのか……というと、そうでもない。

 

実は、彼らの成果品も実は、完ぺきとは程遠い。

なぜなら、彼らは途中で質問をしないからだ。

 

基本的に彼らは受け身で、締め切りの2日前くらいから取り掛かる。

だから「やっつけ仕事」であるケースも散見される。

 

仕事の完成度を追及するタイプではなく、

「とりあえず空欄は埋めておいて、なんか言われたら直そう」

という思想の持主で、全体の6割の人がこれにあたる。

 

3.締め切りを守れない人

そして、締め切りを守れず、期限に遅れる人だ。

彼らはこちらから催促しないと、宿題を提出しない

 

私が在籍していた会社は締め切りに非常に厳しく、「締め切りを守れない人」はすぐに干されたし、期限を過ぎた経費の申請も認められなかった。

だから、締め切りを守れない人がいるということを最初、信じられなかったのだが、とにかく、そういう人が世間にはいた。

大体、全体の1割くらいだろうか。

 

催促をすると、「あー、どうやって書くんでしたっけ?」と、今さら質問される。

どうやら最初の説明を聞いていなかったらしい。

 

もちろん、彼らはお客さんなので、またやり方を個別に、丁寧に説明する。

説明を分かってくれる人もいるが、その時に「そんなデータありませんよ!」とか話を蒸し返す人もいる

実際にはそういうデータがあることは、依頼の時に確認をしているので、その時点で「ない」と言うのはおかしいのだが、何とかして責任を回避したいのだろう。

勘弁してくれ、と思いながら、他の人が記入したものを見せると、やっと取り掛かる。

 

「では、あと3日でお願いします」と言って、待っているのだが、残念ながら、3日過ぎても送ってこない。

また催促をする。

すると、「ここの書き方が分からなかったので」と、また質問が来る。

 

結局、宿題を仕上げるまでに期限を1週間以上過ぎており、ようやく提出されたものの品質も低い。

がっかりである。

 

「締め切りを守れない」は、基本的に治らない

実は、調査票の提出を「五月雨式でよい」と言ったのは、メンバーが1.の人なのか、2.なのか。それとも3.なのかを知るためのテストでもある。

 

1.の人は文句なしに一緒に仕事したい人々だ。

2.の人は、こちらががっちり管理すれば、なんとか戦力になる。

特に、怪しいと思ったら、こまめに様子を聞いて積極的に介入すれば、特に問題はない。

 

問題は3.だ。

 

残念ながら、彼らははあてにならない。

「あてにならない」と言うことは、仕事を任せることができず、管理の手間ばかり増えるので、むしろいないほうがマシなのだ。

 

そして、このような「納期遅れ」が繰り返された場合、プロジェクトリーダーと、その上の社長・役員に話をした。

「その人の参加は必須なのか」と。

そして、場合によってはチームから外してもらうように依頼をしていた。

 

私は最初、こうした仕打ちを「冷たいかも」と思うこともあった。

一度プロジェクトに入れた人が外されてしまえば、社内に「あいつは外された」という噂が立つだろうからだ。

 

だから、一生懸命彼らに介入して、「締め切りを守れない」を治そうとしたことがあった。

しかし、ほぼすべての試みが無駄だった。

 

「社長・役員に伝える」が無駄だったのはもちろん、

「タスク管理をする」 ⇒ 「タスク管理は嫌い」だと言って、タスクが更新されなくなる

「2日おきにこちらから確認する」 ⇒ 「あ、忘れてました」が連発される

「横で一緒にやりましょうか?」 ⇒ 「時間がないんで」と言われる

 

要するに、「締め切りを守れない」は、基本的に治らない。

そして、彼らもまた、それを治すことをあまり望まない。

 

治らない以上、プロジェクトから外す、あるいは仕事を与えない、という話だったのだ。

 

「締め切りを守れない人」をうまく使うには

そして、私は理解した。

こういう人たちは

「作業見積り」

「アイデア出し」

「各所への依頼・交渉」

といった、非定型業務を苦手とする人々であり、そもそも「締め切り」のある仕事を任せるべきではない。

 

では、どんな仕事を任せるべきか。

うまくいかないケースもあるが、多くの場合、「定型業務」、つまりルーチンワークかつ「都度の指示」で進める仕事を与えたほうが良い。

時間単位で仕事をやり、マニュアル化でき、とにかく作業を「こなす」ことが重要である仕事は、彼らの適性が発揮される領域である。

 

「どんな記録があるのか調べて」ではなく、「今日はこのキャビネットの中に、何種類の記録があるかを調べて、このシートに記入して」と言えば、彼らはそれをやることができる。

「書類をチェックして」ではなく、「この条件にあてはまる書類を、このフォルダの中から探して」と指示しなければならない。

 

もちろん、誤解の無いように言っておくが、これは能力が高いか低いか、と言う話ではなく、作業の適性の話である。

逆にプロジェクトのリーダーを張れるような人であっても、定型業務は満足にできない、と言う人もたくさんいる。

 

こうした適性を無視して仕事を与えるから、職場で干されるなどの不幸な人が出てしまうのだ。

 

 

このように、「締め切りを守るかどうか」は、仕事の適性について、思っているよりも多くの情報を与えてくれる。

それは、オフィスワークだけではなく、現代のリモートワークの状況でも、まったく同じである。

 

 

【Books&Appsオンラインセミナーのお知らせ】
コンテンツマーケティングで成果をあげている企業様とのコラボ企画第3弾。
独自ノウハウでオウンドメディア「現場ドリブン」を運営しているビーウィズさんとの共催オンラインセミナーを開催します。

<2021年11月2日実施セミナー>

実践者に聞く。SEOより得意なことを書いてもらった結果、やっぱり上手くいったオウンドメディアの話


<内容>
第1部:なぜ今多くの企業がコンテンツマーケティングを必要としているのか?
講師:ティネクト株式会社 取締役 楢原一雅

第2部:「現場ドリブン」編集長の実践事例 「現場ドリブン」ができるまでと、これからの話 
・オウンドメディアを始めるきっかけ
・競合調査について
・どういう価値観で書くか
・オリジナル記事の運用方法
講師:ビーウィズ株式会社 現場ドリブン編集長 形柳亜紀様

第3部 オウンドメディアの運営者だけが知る裏話 
トーク:形柳(ビーウィズ) × 倉増・楢原(ティネクト)


日時:2021年11月2日(火)15:00〜16:30
参加費:無料 
定員:100名 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細は こちらオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2021/10/21更新)

 

 

【著者プロフィール】

安達裕哉

元Deloitteコンサルタント/現ビジネスメディアBooks&Apps管理人/オウンドメディア支援のティネクト創業者/ 能力、企業、組織、マーケティング、マネジメント、生産性、知識労働、格差について。

◯Twitter:安達裕哉

◯Facebook:安達裕哉

◯有料noteでメディア運営・ライティングノウハウ発信中(webライターとメディア運営者の実践的教科書

 

Photo by Anelale Nájera