「質問がヘタな人」が、世の中には数多くいる。

例えば、こんな感じだ。

 

 

後輩 「先輩、昨日のお客さんの件で、いまお時間いただいていいですか?」

先輩 「うん。」

 

後輩 「今後、どういう作戦がいいかと思いまして。」

先輩 「……?何の話?営業の話?それとも提案資料について?」

 

後輩 「えー、追いかけるべきかどうかです。」

先輩 「……ああ、今はまだ、ちゃんと営業したほうがいいんじゃないかな。」

 

後輩 「あ、じゃ、ご案内したほうがいいですよね?」

先輩 「……?何を?カタログ?会社案内?」

 

後輩 「次回の営業セミナーです。」

先輩 「ああ、営業セミナーか、そうだね、ん-、ま、ご案内したほうがいいかな。」

 

後輩 「わかりました。あ、どっちがいいですかね?」

先輩 「どっちって……?何の話?セミナー何種類もあったっけ?」

 

後輩 「いえ、セミナーをメールでご案内するか、直接会ってご案内するかです。」

先輩 「……単なる連絡の話?……連絡は早いほうが良さそうなのでメールで……ねえ。」

 

後輩 「はい?」

先輩 「もうちょっと、考えてから質問してくれないかな……。」

 

 

こういう類の質問のしかたは、回答者を無用に迷わせるので

「ヘタな質問」に属する。

 

先輩がいい人だったり、「そういうものだ」と割り切って、辛抱強く付き合ってくれる人もいると思うが、先輩が忙しかったり、短気な人だとイラっとされて、

「もうすこし考えてから、質問してくれないかな。」

と冷たく言われてしまうこともあるかもしれない。

 

では、これはどのように質問すればよかったのかというと、次のようになる。

 

 

「先輩、昨日のお客さんの件で、お時間いいですか?」

「うん。」

 

「質問が3つあるのですが、一つ目は、昨日のお客さんは、営業案件としてきちっと追いかけたほうがいいでしょうか?私は追いかけるべきだと思っていますが……。

「追いかけるべきだろうね。」

 

「わかりました。二つ目は、そういうことなら、次回の営業セミナーをご案内したほうがよいでしょうか?

「ん-、まあ、そうだね。」

 

「わかりました。三つめは、来週またお客さんに訪問するので、セミナーはその時に案内しようかと思いますがどうでしょう?

「セミナーなら、早めに連絡したほうがいいと思うんで、事前にメールでもご案内してもらえるかな。」

「わかりました。」

 

前提条件が不明だと、なにを回答してよいかわからない

この差はいったいどこにあるのか?

それは、質問者が「前提条件を提示しているかどうか」にある。

 

例えば、パートナーから「何食べたい?」と質問されたとする。

 

こちらが「ん-、(今は)アイスが食べたいかな」と返したら、

「いや、(今じゃなくて)夕飯の話。」

と、後づけの条件を加えられたことがある人、いるのではないだろうか。

 

このように、回答にあたって「それを先に言ってくれよ」と思うような条件。

「それを踏まえて」答えなければならない条件。

それが、質問の「前提条件」だ。

 

仕事でも「条件によって回答が変わるので答えづらい」という質問をもらうことは多いだろう。

「今後の見通しはどうですか?」とか。

「やったほうがいいことはありますか?」とか。

「何か対策はありますか?」とか。

 

特に上のような「予測」に関する質問は、前提によって大きく回答が変わってくるので、答えるのがとても難しい。

 

にもかかわらず、「質問がヘタな人」は、こうした前提条件をすっ飛ばして、「自分が聞きたいことだけ聞いてくる」。

だから、「それは場合によるけど……」と、回答に苦慮することもしばしばある。

 

もちろん、できる先輩は、「前提条件」を推測し、後輩の言語化して先回りして答えてくれる。

「こういう場合は、こう。別の場合なら、こう。あるいは、このケースなら、こう。」と。

 

実際、冒頭の先輩は

「今後、どういう作戦がいいか?」

という質問に対して、次のように言った。

「……?何の話?営業の話?それとも提案資料について?

これは先輩が、前提条件を文脈から推定してくれたのだ。

 

だが、このやり取りは、「質問される側に、時として多大な負荷がかかる」。

 

だから、親切な先輩であっても、何度もこのような質問をされ、改善の気配がないと、徐々に

「あいつの質問、答えるのが面倒なんだよなあ」

という評価を下すようになる。

 

 

だから、質問がヘタで、相手をイライラさせてしまったことのある人は、質問の前に

「どのような情報を与えれば、相手が質問に答えやすいか?」

を、少し考えてみると、状況が改善する。

 

たいていの場合は

・質問をしようと思った経緯を説明する

・聞くだけではなく、自分の意見を言ってから質問する

・主語(~が)や目的語(~を)を省略しない

だけで、「質問上手くなったね」と言われるくらい、かなり良くなる。

 

「面倒だな」と思わず、回答者の負担を少しでも減らしてあげよう。

 

 

4月19日に”頭のいい人が話す前に考えていること” という本を出しました。

ここには、「働く上で知っておくと得すること」を盛り込みました。

 

マネジメントやコミュニケーションの摩擦が、「本来注力すべき仕事」の邪魔をするという事はよくあります。

こうした「人間関係の摩擦」を最小限にする、という事を一つの目的として書いた本です。

ぜひ、お手に取ってみてください。

 

 

【お知らせ】
現在ティネクト(Books&Apps運営会社)ではChatGPTを活用したマーケティング業務の内製化をテーマとして社内勉強会を行っております。


【概要】
様々な使われ方をされているChatGPTの事例を紹介しわかりやすく分類した上で、実際にマーケティング現場で活用されている実践例を紹介

【目的】
マーケティング業務にChatGPTを活用するためのヒントを与える

【内容】
1.ChatGPTの使い方4つの分類(10分)
2.Webマーケティングの役割は2つしかない(5分)
3.オウンドメディアコンテンツ作成にChatGPTを使った事例 (15分)
4.3.ChatGPTを経営課題の解決に使う:「顧客理解」のための9steps(15分)
4.Q&A(15分)


お申込み詳細・ご相談は こちら「ChatGPTを活用してマーケティングを内製化するための勉強会のご案内」ページをご覧ください

(2024/2/22更新)

 

 

【著者プロフィール】

安達裕哉

元Deloitteコンサルタント/現ビジネスメディアBooks&Apps管理人/オウンドメディア支援のティネクト創業者/ 能力、企業、組織、マーケティング、マネジメント、生産性、知識労働、格差について。

◯Twitter:安達裕哉

◯Facebook:安達裕哉

◯有料noteでメディア運営・ライティングノウハウ発信中(webライターとメディア運営者の実践的教科書

image:Tachina Lee