7324012bf3434a7f263958c02b9bd052_s初対面の人と話すこと、得意ですか?

中には「とても得意です」という奇特な方もいるのですが、聞く限りでは「あまり得意ではない」、あるいは「苦労している」という方が多いようです。

そして私もご多分にもれず、「苦手」としています。「アガって何も出来ない」とまではいかないですが、ストレスであることは間違いありません。

 

しかし、前職ではそういった「甘え」は許されませんでした。仕事の都合上ではありましたが、ほぼ毎日、「初対面の人と話す」事があったと思います。おそらく年間500人を超えていたでしょう。

営業をやって初対面の人に提案する、セミナーの講師をやって知らない方の質問を受け付ける、コンサルティングをやって各部署に説明をして回る。そんなことが毎日繰り返されていました。

ですから、私はなんとかストレスを減らそうと、「初対面の方」とどのように会話を進めるか、様々な方を観察し、ルールを作り、それを実行してきました。

「初対面の方と話すのが苦手」という方のご参考となれば幸いです。

 

なお、ここでご紹介するやり方は「仕事で会う方」を想定していますので、プライベートでも使えるかもしれませんが、保証の限りではありません。ですから、「面白い人」と思われたり「場を盛り上げる」といった応用編については範囲外とします。

 

1.会話の目的は「自分は敵ではない」の意思表示

「初対面の方」と話す時はとても緊張します。相手がどのような人なのかが、全くわからないからです。ですから、初対面における会話の目的は、「私は敵ではなく、したがってあなたの情報を教えてほしい」という意思表示が中心となります。

先にも書きましたが、盛り上げたり、「面白い人だ」と思ってもらったりする必要は全くありません。最低限、「嫌な人だ」とか、「話しにくい人だ」と思われなければいいのです。ハードルはできるだけ下げてください。初対面が苦手な方は、「気負いすぎ」ということが往々にしてあります。

 

2.相手の名前を積極的に呼ぶ

まず、自分の名前を名乗ります。その後、「お名前を伺ってもいいですか?」と聞きます。もちろん名刺交換をしているならば必要はありません。そして必ず以後の会話は「◯◯さん、…」と先頭に名前を入れて会話してください。

自分から名乗り、相手の名前を積極的に呼ぶことで、「敵ではない」いう意思表示をしていると相手は認識します。

 

3.会話の合間の沈黙を恐れない

会話が途切れるのが怖い、という方が結構いらっしゃいますが、沈黙を恐れるあまり早口になったり、相手の話したくないことに触れてしまうほうがよっぽど怖いです。数秒間沈黙になった程度で、あなたのことが嫌いになる方はいません。

ゆっくり考えながら、慎重に話せば良いのです。

 

4.相手の得意なこと、自慢できること、こだわっていそうなことを話題とする

会話における究極の技術は、「相手が話したいことを話させてあげる」ことです。そのためには、相手に先回りし「相手がこだわっていそうなことを振ってあげる」必要があります。「相手を読む」のは難しそうに聞こえますが、実はこれはそれほど難しいことではありません。

殆どの場合、「相手が持っている物」や「服装」や、「相手の所属している会社」などから、情報を引き出すことが可能です。

 

「◯◯さんのお持ちのペン、変わったペンですね」

「◯◯さんの使っているノート、いいデザインのノートですね。どこのですか?」

「◯◯さんのネクタイ、きれいな色ですね。お好きなんですか?」

「御社の製品がニュースになっていましたね」

「◯◯さんは、面白そうな仕事にたずさわっているんですね」

 

など、穏当な話題を提供するだけで十分です。

また、話題を振ったものの、相手があまり興味を持っていないものだった、つまり「外してしまった」場合は、直ぐに笑って謝ってしまいましょう。「すいません、つい気になったものですから…」と笑い飛ばしてしまえば、場の雰囲気も悪くなりません。そして、次の話題を振ればいいのです。

相手が専門家であったり、その土地の人であった場合などは、「◯◯さんは、◯◯にお詳しいんですか?」と聞いてみましょう。専門家は自分の専門領域について、その土地の人は地元について、質問を投げかけてくれる人が好きです。「貴重な知見が得られるいい機会」とおもって、いろいろ質問をしてみると良いと思います。

 

5.自分と相手の共通項を探しだす

ある程度話が進んだら、そこから、「自分と相手の共通項」を探し、話題としましょう。共通のもの、たとえば出身地、趣味、好きな食べ物、旅行先、愛読書などなんでも結構です。

「共通項」は、自分と相手を「仲間」にします。仲間になってしまえば、多少突っ込んだ話もできますし、話題を見つけることも簡単になります。

「初対面の人と話す」のがなぜ難しいのか。それは、バックグラウンドがわからず、話題が見つけづらいからです。

 

 

コツは以上の5つになります。難しいことを考える必要はありません。

相手の好きなものの中から、自分が分かる話を見つけること、それが初対面をうまく乗り切る処方です。

 

【お知らせ】

Books&Apps主催の完全オンラインライブのWebライティングスキルアップセミナーの6月日程を更新しました。

webライターになってみたもののネット界の現状に鬱々としている人、企業のオウンドメディアのライティング担当となったが何を書いたらよいのかさっぱりの人、、SEOライティングでそこそこ稼いでるんだけど本当にこんなんでいいの?と思っている人、悩めるwebライター及びwebメディア編集担当の方に向けて、本当に役に立つ愛のある(添削つき!)ライティング講座です。

Books&Apps主催のライティングセミナー
「Webライティングの本当のところ、6時間でまとめました。」

【内容】
◎第1日目
1.オウンドメディアの役割とは?(30分)
・オウンドメディアの成果とは何か?
2.オウンドメディアに求められるコンテンツとは(90分) 
・成果の出るコンテンツとは?
・Webで多くのユーザーが集まる記事とは?
・バズ記事の事例
3.webライターに求められているもの(60分) 
・webライターに求められているものは本質的には「文章力」ではない
・オリジナリティの高い経験と拡散力

・Q&Aタイム(15分〜30分)

※第1日目終了後に添削課題を発表いたします。

◎第2日目
4.添削課題の講評(60分) 
・事前に課題を出してもらい添削したものを講評
5.ワークショップ(60分)
・タイトルのつけ方(座学)
・提出課題の良かったものにタイトルをつけるワークショップ
・Q&Aタイム(60分)

【実施日時】
①or②の日程をお選びください。
①6/11(木)18時〜21時・6/25(木)18時〜21時
②6/18(木)18時〜21時・6/25(木)18時〜21時
6/25は共通です。
【定員】
各会10名
【参加費】 5万円(セミナー参加費3.5万円+課題添削1.5万円)
→新しいイベントのためキャンペーン価格3万円でご提供いたします

お申込み・詳細は[Books&Apps主催セミナーお申込みページ(Peatixサイト)]をご覧ください。

 

筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (スパムアカウント以外であれば、どなたでも友達承認いたします