4058昨日は大量のみこしが練り歩いており、神田祭でにぎやかでした。

神田祭は神田明神の催すお祭りで、歴史は結構あり、有名なお祭りのようです。

神田祭(かんだまつり)とは、東京神田明神で行われる祭礼のこと。山王祭深川祭と並んで江戸三大祭の一つとされている。京都の祇園祭、大阪の天神祭と共に日本の三大祭りの一つにも数えられる。

(Wikipedia)

最近ではインターネットで祭りの中継を行ったり、アニメとコラボしたりと、モダンな取り組みも。この時期の会場周辺のお店、マンションには、提灯がぶら下がり、なかなかよい雰囲気です。

4035

今年はご遷座400年ということで、大きなイベントとのこと。

神田明神は、天平2年(730)今の大手町・将門塚周辺に創建され、お祀りされました。その後、徳川家康公が江戸幕府を開き、江戸城の拡張を始めるにあたりまず慶長8年(1603)駿河台の地に仮遷座され、さらに元和2年(1616)4月、表鬼門守護の地となる、現在の外神田へ鎮座の地が選ばれました。
これ以降、当社は『江戸総鎮守』として、将軍はじめ江戸の庶民たちが崇敬する神社となりました。
当社では平成27年の神田祭を、ご遷座400年奉祝大祭として行うことと致します。

(神田明神webサイト)

ちなみに、神田明神といえば私は境内で買える「柴崎納豆」が好きです。大粒の納豆が好きな人にはたまらないと思います。

 

さて、お祭りの紹介はこれくらいなのですが、祭りを見物しながら、一つのことを考えていました。「かみさま」を信じるという行為の意味についてです。

 

現代において深い信仰を持っている日本人はおそらく少数派です。

私も例外ではなく、神仏に祈るのは初詣の時くらいです。中世においては宗教と政治が深く結びつき、信仰を利用した政治が行われていましたが、現代ではむしろ政治と宗教は切り離そう、という動きのほうが主流かもしれません。(実態は知りませんが)

しかし、こうした祭りにおいてはやはり「かみさま」の乗り物である神輿は担がれますし、宗教的行事は後世に引き継がれていきます。

 

神仏の奇跡を当てにせず、政治とも関係ない世の中で、このような宗教行為の意味は何なのでしょう。現代において「かみさま」をうやまう理由は一体なんでしょう。

果たしてこれは重要な行為なのでしょうか。

 

おそらく「今も重要」なのでしょう。「かみさま」をうやまう行為自体が、おそらく大事なのです。なぜでしょうか。それは、「かみさま」という存在を仮定することが、人間を謙虚にするからです。

 

人間は今のところ地上で最強の生物です。しかし、「かみさま」を仮定することで、我々は自分たちに制約を課し、横暴な振る舞いに歯止めをかけ、道徳的な行為をするよう自省することができます。また、

「より大きな意思」

「世界の仕組み」

言葉はどんなものを使おうと構いませんが、我々は「自分たちよりも偉大な存在」を仮定することで、さらなる高みを目指すという行為に正当性を与えます。

 

それゆえ、このような宗教的行事は無くならないでしょう。我々自身に箍をはめ、高みを目指させる「何か」がかわりに見つかれば、「かみさま」もその役割を終えるかもしれません。

 

 

余談ですが、アーサー・C・クラークの小説、「幼年期の終わり」は、そのような仮定のもと、どのように人類が振る舞うかを想定した小説です。興味のある方はぜひ。

 

【Books&Appsオンラインセミナーのお知らせ】
コンテンツマーケティングによる集客とその成果について学習したい向けの無料オンラインセミナーのご案内です。 ティネクト(Books&Apps運営会社)が支援している企業のオウンドメディアの豊富な事例をもとに、弊社が得意としているwebコンテンツによる集客の秘訣についてお伝えします。
<2022年5月20日実施セミナー>

とうとう、ブランディングもマーケティングも同時に実現する時代がきた

-2万リードを獲得したコンテンツマーケティングから学ぶ、「成果が出る」オウンドメディア運営方法-

<内容>
1.ブランディングもマーケティングも同時に実現するとは何?
2.オウンドメディアの2つの役割
3.オウンドメディアで必要とされているコンテンツとは?
4.成果を出すオウンドメディア運営
5.フェーズに応じた目標設定について

講師:ティネクト株式会社 取締役 楢原一雅


日時:2022年5月20日(金)10:30〜12:00
参加費:無料 
定員:150名 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細はこちらオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2022/4/27更新)

 

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (スパムアカウント以外であれば、どなたでも友達承認いたします)

・農家の支援を始めました。農業にご興味あればぜひ!⇒【第一回】日本の農業の実態を知るため、高知県の農家の支援を始めます。