4224543956_6006455e60_z「仕事での有能さを判断したいでのあれば、1つの方法として「どんな目標を立てているか」を聞けばいいですよ」と、ある、有名外資系企業の人事担当者は言った。

「これは、面接でも使えます。前職に持っていた目標が何であったか、達成したのかどうか、どのように実行したのかなどを聞けば、その人がどの程度有能なのか、かなりの精度で知ることができます。」

 

例えば一人の営業がいる。彼に

「今、どんな目標を立てて仕事をしていますか?」

と聞いてみる。

「無い」という答えをする人物はほとんどいないが、では、「売上◎◎円」です、ではどうだろうか。

その人事責任者が言うには、「普通」であり、「与えられたことしかできない人物」とみなすとのこと。

 

「営業であれば、売上目標が与えられるのは当たり前です。が、それだけが目標と言っているようでは、全く話になりません。」

「では、どのような目標を立てている方が有能なのでしょう?」

「そうですね、一概には言えません。有能な人は様々な形で自分がなすべきことを定義します。

例えば、営業活動の効率化の目標、能力開発の目標、チームの質の向上に関する目標、新規顧客の開拓に関する目標、マーケティングに関する目標、ブランディングに関する目標、人脈構築に関する目標、サプライヤーに関する目標など、相当の数にのぼります。

また、それらの目標値の設定の仕方にも能力の差がでます。能力の高い人物は野心的な目標を立てます。能力が並の人物は「自分ができそうなこと」にすぐに限界を作ります。」

「なるほど、たしかにそうですね」

「本当に有能な人物は、目標の立て方が非常にうまいと思います。野心的な目標であっても、あの手この手でなんとか実現させようとしてしまう。また、周りの人を巻き込む時も、きちんと目標を立て、それを説明します。自分の成果を振り返るためです。」

「なるほど、自分の生産性を振り返るのにも有効そうですね」

「指標がなければ、自らのパフォーマンスを測定することなどできません」

私は礼を述べた。

 

帰りがけに、ふと気になることがあり、聞いてみた。

「すいません、もう一つだけ。大体、全体の中でどの程度の割合の人が、それに当たるのでしょう?」

「難しいですね…ですが、あまり多くはありません。せいぜい全体の10%といったところでしょうか。ただ、まさにその10%が、我々が求める人材です。いくら払っても…はオーバーですが、惜しみなく給与を支払いたい人物です。」

「技術者でも同じですか?」

「同じです。技術者のほうがむしろ大事かもしれません。営業に比べて、目標がない人もかなり多いです。」

 

 

会社が与えてくれる目標をこなすだけで良い時代は、すでにとうの昔に終わっている。特に利益率の高い、いわゆる「勝ち組企業」ではこれが顕著である。

今、「自分でどのように野心的な目標を立てるのか」が、卓越した成果をあげる会社からは求められている。

 

 

【お知らせ】
オウンドメディア運営の適切な目標設定をBooks&Apps及び50社以上のオウンドメディア運用支援で得られた知見をもとに解説します。

ゼロから始める オウンドメディア運営 目標設定編
資料をプレゼント。


これからオウンドメディアをはじめる企業さま、現在運用中の企業さま全てにお役に立つ資料です。ぜひご活用ください。

資料ダウンロードページはこちら↓
https://https://tinect.jp/library/zero/
メールアドレス宛てに資料が自動送信されます。

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、最新の記事をタイムラインにお届けします)

・【大学探訪記】を始めました。

「研究が楽しい」「研究成果を知ってほしい」「スタートアップを立ち上げた」

という学部生、大学院生、研究者、スタートアップの方は、ぜひ blogあっとtinect.jp までご連絡下さい。卒論、修論も歓迎です。ご希望があれば、当ブログでも紹介したいと思います。

【大学探訪記 Vol.12】R社に就職が決まってしまう大学生とは

【大学探訪記 Vol.11】監視カメラの画像から、街における「人の挙動」を人工知能で明らかにする

【大学探訪記 Vol.10】池の水を少し汲めば、その池に住む生物がわかる。そんな魔法のような話、あるんでしょうか?

・ブログが本になりました。

 

(Photo:Bryce Bradford)