2188267591_9dc29c21ab_zferret編集長の飯髙です。

 

一般的には、諦めずやり続けることが正しいとみなされ、賞賛されるケースが多い。ただ、果たしてそれは正しいのだろうかという疑問がある。

本当に重要なのは、諦めずにやり続けたことが評価されている訳ではないということである。

 

そうでなければ「あの時辛かったけどやり続けて今がある」という言葉にはならない。それは今がうまくいっているからこそ言える言葉だ。

その人が本当に、勝算もなく、ただ必死にやったから結果になったのか、といえばそれは稀なことだろう。自分がやっていることに対し、その人は疑問がない状態にするまで、しっかりと思考を巡らせ、解無き解に対して問い続けているにちがいない。

「継続」は結果を求め続けているからこそ可能なのだ。

 

だからこそ、「やり続けて今がある」という言葉を鵜呑みにして、「やっぱりやり続けることが正しい」と何も考えずに続けてしまうことには疑問を持たざる得ない。

単に続ければ結果が出るのではなく、考え抜く活動を続けるから結果が出るのだ。

 

 

従って、逆説的だが、私が仕事をする上で大事にしていることの一つに、「諦める判断」がある。だがこれはやってみてうまく行かなかったからやめる、という単純な話ではない。

 

事業を行う上で、責任者がやるべきことは「諦めずに続ける」ということではなく、結果を追求し、状況に応じてしっかり意思決定することにある。

タイトルにもある通り、私は「すっぱりやめる」という判断をしっかりもっていたいと思うのだ。

実際、当メディアの安達さんにインタビューを受けた際にもお話したが、ferretを含め各種メディア、サービスでこれまでに辞めたことは相当数ある。

 

辞める上での判断は、結果だ。

極端な例かもしれないが、3カ月後にこれをやることで1000万円になると目標設定をし、もしそれが990万円だったとしよう。

言ってしまえば目標未達である。そしてここで、辞めることの判断をしっかり持つ事が重要だと思う。

もちろん、0円からたった3カ月で990万円の売上になったのであればそれはやり続けた方がいいかもしれない。しかし、そこに工数をかけるより違うことを選択したほうがもっと他のことを伸ばせたかもしれない。

 

本質的には「やり続けること」と「すっぱりやめること」は隣り合わせにある。

何かを「すっぱりとやめること」には、精神的な痛みや不安が伴う。私自身もこれまで複数のサービスを運営しながら、同じことを感じてきた。

 

「もうちょっとしたら状況は好転するんじゃないか。」

「あと半月あれば、なんとかなるんじゃないか。」

「ここまで投資してきたし。」

「ここまで支えてきたサービスだから。」

 

もしかすると、判断というのは自分の精神との戦いなのかも知れない。客観的な視点を持ってさえすれば良いということではない。それは胆力の問題だ。

 

仕事をする上でやることに対しての期待値とそれに対する結果、今後の成長がどうなのかを、見極めて「やり続ける」のか「きっぱりやめる」のかの判断を持てる人こそ成功すると私は思う。

私はそうでありたいと思うし、そういう人材と一緒にこれからも働いていきたいと思う。

 

 

【お知らせ】
SNS投稿する人全てに捧ぐ!素人からプロまでめちゃめちゃ役に立つメディア運営術とwebライティング方法論!
「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

各記事クリックすると冒頭部分読めます。

【人気記事おすすめ5選】

「何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

初心者の書き手がやりがちな、文章をダメにしてしまう行為。

「書けない人」はなにが問題なのか。

インターネットで読まれる記事と、読まれない記事の決定的なちがい。

ページビューが伸びないブログやオウンドメディアの欠点は明らか。

【最新記事】

【41】ライターを消耗させる「悪い客」5つの共通項。

【40】良い記事タイトルをつくる「要約」と「圧縮」の技術を紹介する。

【39】「何を書けば読まれるのか」を解き明かす。

【38】行動経済学と売れっ子ライターの知見からわかる、文章の説得力の正体。

【 ライター募集中】

Books&Appsでは現在十数社の企業のオウンドメディア運営支援を行っており、ライターを積極的に採用しております。
ご興味ある方は詳しくは こちらご覧ください。

 

===
飯髙悠太「Twitterアカウント」

飯髙悠太「Facebookアカウント」

ferret(フェレット)

===

 

 

(Photo:Zach Stern)