「愚痴」はあまり歓迎されない。それを聞いた人が気持よくないからだ。一時的に共感を得られても、長期的には「あの人、愚痴ばっかり」という評価になる。だから、愚痴の多い人は大抵、出世できない。

上司はもちろん、同僚に対しても、多くの会社で、以下の発言はすべて「愚痴」とみなされる可能性があるので、注意したいところである。

 

 

「結局、評価は上司の好き嫌いでしょ?」

解説:バイアスのない評価はないので、だいたいこの発言はあたっている。が、敢えて口にすることではない。

 

「頑張りすぎるなよ。こっちの評価が悪くなるじゃないか、」

解説:他者が仕事を頑張ると、「自分の評価が低くなる」と感じる。相対評価の会社ではそのとおりである。だが、これを同僚に言うと、それが伝わって上司から敵視される。

 

「あまり、成果、成果って言わないでくれよ。働きづらい。」

解説:成果の事を持ち出すと、「働きづらい」という。実際には基準が明確になるので、働きやすくなると言う人も多い。

 

「あの人は目立っているだけで、特に何もしていない。上司は騙されている」

解説:目立つ人が評価されることを苦々しく思う。また、目立つ人が評価されるのは「上司が騙されている」と述べる人も多い。社内営業が嫌なら、辞めたほうが良いだろう。

 

「面白い仕事が無いので、やる気がでない」

解説:自分にふさわしい仕事がないので、成果が出ないという言い方はよく使われる。面白い仕事は実績を挙げないとやらせてもらえないことがほとんどなので解決が難しい。大抵、1,2年でやめてしまう人の常套句。

 

「なんで、私のほうが能力が高いのに、アイツのほうが評価が上なんですか」

解説:評価は能力にもとづいて成されるべきだ、という発言。実際には成果と能力、そして考え方に基づいて評価されるので、発言は的はずれである。

 

「あの人は人間として信用出来ない」

解説:実際にそうであっても、簡単になおらないので、言う時は覚悟を持って言うこと。

 

「あの人、嫌いなんですよね。」

解説:皆、その人のことが嫌いなことをわかっている。今更言わなくても大丈夫。それより好きな人の話をしよう。

 

「上司のやり方は間違っている。」

解説:上司本人に言おう。同僚に言うと、頷いてくれていても、内心は嫌がられている。

 

「うちの会社、もうヤバイよね。」

解説:わかってるなら、なんとかして打開策を考えよう。

 

 

愚痴ではなく、打開策に集中してほしい、と愚痴を聞く有能な人々は思っている。

愚痴を言っても人望をなくすだけなのだ。

 

【お知らせ】

Books&Apps主催の完全オンラインライブのWebライティングスキルアップセミナーの6月日程を更新しました。

webライターになってみたもののネット界の現状に鬱々としている人、企業のオウンドメディアのライティング担当となったが何を書いたらよいのかさっぱりの人、、SEOライティングでそこそこ稼いでるんだけど本当にこんなんでいいの?と思っている人、悩めるwebライター及びwebメディア編集担当の方に向けて、本当に役に立つ愛のある(添削つき!)ライティング講座です。

Books&Apps主催のライティングセミナー
「Webライティングの本当のところ、6時間でまとめました。」

【内容】
◎第1日目
1.オウンドメディアの役割とは?(30分)
・オウンドメディアの成果とは何か?
2.オウンドメディアに求められるコンテンツとは(90分) 
・成果の出るコンテンツとは?
・Webで多くのユーザーが集まる記事とは?
・バズ記事の事例
3.webライターに求められているもの(60分) 
・webライターに求められているものは本質的には「文章力」ではない
・オリジナリティの高い経験と拡散力

・Q&Aタイム(15分〜30分)

※第1日目終了後に添削課題を発表いたします。

◎第2日目
4.添削課題の講評(60分) 
・事前に課題を出してもらい添削したものを講評
5.ワークショップ(60分)
・タイトルのつけ方(座学)
・提出課題の良かったものにタイトルをつけるワークショップ
・Q&Aタイム(60分)

【実施日時】
①or②の日程をお選びください。
①6/11(木)18時〜21時・6/25(木)18時〜21時
②6/18(木)18時〜21時・6/25(木)18時〜21時
6/25は共通です。
【定員】
各会10名
【参加費】 5万円(セミナー参加費3.5万円+課題添削1.5万円)
→新しいイベントのためキャンペーン価格3万円でご提供いたします

お申込み・詳細は[Books&Apps主催セミナーお申込みページ(Peatixサイト)]をご覧ください。

 

書き手を募集しています。

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

(Nicolas Nova)