「部下はほめて伸ばすべきか?叱って伸ばすべきか?」という議論が、つい先日あった。

 

もちろん様々な意見がある。

50歳以上のベテラン管理職は「叱って伸ばすべき。甘やかすな」と述べた。

逆に、40代の比較的若手の管理職は「褒めて伸ばすべき」という方が多かった。

 

では、30代の比較的若手の管理職は……というと、彼らは皆、口をそろえて言った。

「褒めてもだめでしょ。」

「叱って伸ばす、が正しいんですか?」

「それもちがう気がします」

「……なんで?」

「褒めるとか、叱るとかは、「なんとなく偉そう」だからです。偉そうな管理職なんて、チームとしてうまく行きませんよ。」

 

結局、その場では折り合いがつかず、40代以上と、30代は物別れに終わった。

 

————————-

 

どう思っただろうか。そして、「どちらが正しい」はあるのだろうか。前提から考えてみる。

 

40代、50代の管理職の方々に

「なぜ、褒める/叱るが大事だと思うのですか?」と聞くと、

彼らはこう答える。

「「褒める/叱る」ことで、人間のやる気を引き出すことができるから」

「良い行いには褒め、悪い行いは叱ることで、行動を正すことができるから」

なるほど、教科書通りの回答だ。

 

 

しかし、30代の管理職の一人が、こう述べた。

「今の時代は、自律的に動く人が求められていますよね。命令に忠実に従うことではないとおもいます。

褒める、叱るという行為は「命令に忠実に従った報酬、または懲罰」として与えられるものであり、人を操作しようとしている意志の表れではないか。もっと言えば、相手が大人であれば「子供扱いするな」という反発を生むのではないか。

もう、上意下達じゃいい仕事できないですよ。」

 

40代、50代の管理職は

「操作しようという意図はない」

というが、

「褒めるなら、お金をちゃんとあげてください。上の働かない人たちよりも。」

と、30代の管理職は疑っている。

 

最後に、30代の一人が、

「仕事は責任感に訴えるのが本筋であって、人から褒められる、叱られるが原動力なっている人は、仕事ができない人だと思います。」

と言った。

 

 

時代が変われば、少しずつマネジメントの思想も変わる。

少しずつ「管理職とはこうあるべき」という姿も、変化してきているのだろう。

 

 

【お知らせ】

Books&Apps主催の完全オンラインライブのWebライティングスキルアップセミナーの6月日程を更新しました。

webライターになってみたもののネット界の現状に鬱々としている人、企業のオウンドメディアのライティング担当となったが何を書いたらよいのかさっぱりの人、、SEOライティングでそこそこ稼いでるんだけど本当にこんなんでいいの?と思っている人、悩めるwebライター及びwebメディア編集担当の方に向けて、本当に役に立つ愛のある(添削つき!)ライティング講座です。

Books&Apps主催のライティングセミナー
「Webライティングの本当のところ、6時間でまとめました。」

【内容】
◎第1日目
1.オウンドメディアの役割とは?(30分)
・オウンドメディアの成果とは何か?
2.オウンドメディアに求められるコンテンツとは(90分) 
・成果の出るコンテンツとは?
・Webで多くのユーザーが集まる記事とは?
・バズ記事の事例
3.webライターに求められているもの(60分) 
・webライターに求められているものは本質的には「文章力」ではない
・オリジナリティの高い経験と拡散力

・Q&Aタイム(15分〜30分)

※第1日目終了後に添削課題を発表いたします。

◎第2日目
4.添削課題の講評(60分) 
・事前に課題を出してもらい添削したものを講評
5.ワークショップ(60分)
・タイトルのつけ方(座学)
・提出課題の良かったものにタイトルをつけるワークショップ
・Q&Aタイム(60分)

【実施日時】
①or②の日程をお選びください。
①6/11(木)18時〜21時・6/25(木)18時〜21時
②6/18(木)18時〜21時・6/25(木)18時〜21時
6/25は共通です。
【定員】
各会10名
【参加費】 5万円(セミナー参加費3.5万円+課題添削1.5万円)
→新しいイベントのためキャンペーン価格3万円でご提供いたします

お申込み・詳細は[Books&Apps主催セミナーお申込みページ(Peatixサイト)]をご覧ください。

 

書き手を募集しています。

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

(Sandra Heska King)