古くからの知り合いである経営者と、会社の利益についての話になった時、その経営者から面白い話を教えてもらった。

 

「そういえば、◯◯さんのところの会社、もう40億円以上ため込んでいるみたいだよ。」

40億円といえば、大金である。

 

「どうやってそんなにお金を貯めたんですかね?」

「毎年2億円くらい、税引き後に利益が出てたみたいだからね。それをコツコツ20年やって、40億。凄いよね。」

「100名ちょっとの会社でそれなら、たいしたものですね。」

「あの人、堅実だからね。」

そんな話だった。

 

ただ、ちょっとした違和感もある。

「普通それだけ利益が出ていたら、会社に残さず、経営者が個人で取ってしまうのでは?」

と、私は聞いた。

「僕もそう思ったんだけどね、◯◯さんが言うには、そんなに欲しいものもないし、自分の給料は5千万円もあれば十分だと言ってる。」

「なるほど。でも何でそんなに会社にお金をためているんですか?」

「聞いたら、「企業価値を上げるため」と言ってた。」

「企業価値……。」

 

企業価値を上げるためにせっせと内部留保をふやす。確かに簿価で考えれば、企業価値は上がるかもしれない。

しかし……

例えば個人で考えてみると、「自分の市場価値を上げるために、せっせと貯金する」というイメージだ。

したがって、

「おれ、貯金が2000万円あるから、市場価値がある人間だぜ」

と言うのと意味は同じである。

 

私はその経営者に訊ねた。

「貯金ってした方がいいんですかね?」

「個人の話?会社の話?」

「どっちもです。」

「貯金ねえ……究極には価値観でしかないと思うけど、皆が貯めこむばかりだと、経済は回らないね。お金のある人は、それ相応に使って欲しいと思うけどね。」

「なるほど。」

「でも、お金って、使うの難しいからね。◯◯さんがうまく使えないのも、わからなくはないよ。」

「どういうことですか?」

「多分、◯◯さんって、会社を作った時の目標をとうの昔に達成してしまって、いまは「お金を貯める事」が目的になっているんだよね。でもお金は墓の中にはもっていけない。」

「そうですね。」

「お金って、あればあるほど使うことも難しくなる。40億円をうまく使って、と言われて、うまく使える人なんて、ほとんどいないんじゃないかな。」

「……。」

「ほら、宝くじにあたって不幸になった人の話とか、退職金を変な金融商品につぎ込んじゃって、ほとんど無くしてしまったとか、よくあるじゃない。お金って使う人を選ぶんだよ。」

確かに、アメリカのプロバスケットボール選手などは、引退5年以内に60%の人が破産しているという。

 

私は聞いた。

「お金をうまく使うにはどうしたらいいでしょうか?」

「さあ、どうだろうね。でも確信してるのは、お金をうまく使うには、ビジョンがいるってこと。」

「ビジョン?」

「その方の「野心」と言ってももいい。器が小さいと、散財するだけだ。でも「何かを成し遂げたい」とか「何かをしたい」という展望、ビジョンがあればうまく使うこともできる。」

「そんなもんですかね。」

「そうだよ。だから若い時は貯金だけじゃなくて、「うまくお金を使う術」を学んだほうがいいよ。40億貯めこんだ◯◯さんも「でも、いくら金をためても、不安なんだよね」って言ってた。」

「面白いですね。いくらあってもダメなんですね。」

「お金は稼ぐこと、持つことよりも、その先にある「何に使うか」が問題なんだよ。まあ「どうやって稼ぐ」「どうやって貯める」みたいなことばかり考えている人たちには、一生わからないかもね。」

 

若干トゲがある言い方だったが、そのとおりなのかも知れない、と感じた。

 

【お知らせ】

新しいセミナーを実施します。 自社のオウンドメディアの運用を検討、もしくは今後オウンドメディアの改善を検討中のwebマーケティング担当者および企業幹部、企業経営者さまぜひご参加ください。

<セミナータイトル>

もしリスティング広告に限界を感じているのであれば、
オウンドメディアを本気で運用してみるのも悪くないと思います。

<内容>
1.オウンドメディアの役割とは
2.質の高い記事とは
3.質の高い記事を量産するには

日時:4/25(木)10時〜11時30分@渋谷ヒカリエ11F 参加費:無料

お申込み・詳細は こちらBooks&Apps主催セミナーお申込みページをご覧ください

(2019/4/15更新)

 

Books&Appsでは広告主を募集しています。

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

(Nik Stanbridge)