Amazon Prime Nowというサービスをご存知だろうか。一部の地域利用できる、「究極のお急ぎ便」サービスだ。

Prime Now(プライム ナウ)は対象エリアでのお買い物が1時間以内に届くプライム会員向けサービスです。
2時間便は無料でご利用いただけます。

現在、東京都・神奈川県・千葉県・大阪府・兵庫県の対象エリアにてご利用いただけます。本ページ上部のボックス、もしくは専用アプリで郵便番号を入力の上、ご確認ください。対象エリアは、引き続き拡大いたします。

専用アプリからのみ利用できるサービスで、当日配送可能なAmazonプライムのさらなる上位バージョンと言っても良い。

 

さて、私は「新しいものはとりあえず試す」という方針なので、サービスが出た当初からこれを試してみた。

数カ月たって、Amazon Prime Nowは「禁断のアプリ」なのだ、と思う。

 

*****

 

サービスを使う前は、正直なところを述べると、あまり期待感は高くなかった。

「Amazonプライムでもかなり早く届くのに、これ以上早くしてどうすんだよ……」

というのが、多くの人の本音だろう。
アプリをインストールして開くと「売れ筋」というバナーが目に入る。

とりあえずは売れ筋をチェックするのがECの作法だろう。

家電やPCなどの分野は普段からAmazonでかなり使っていたので、Amazonプライムでは取扱があまりない、「食品」をタップすると……

大量の冷蔵・冷凍食品が出てくる。Amazonプライムと、Amazon Prime Nowの決定的なちがい。それは、冷蔵・冷凍食品を購入できることだった。

誠に感慨深い。まさか、ECでアイスを買うことができる日が来るとは……

 

当時、事務所で書き物をしていた私は、隣で働いている社員に向かっていった。

「アイスたべたくない?」

「食べたい」

「Amazonで売ってるんだけど。」

「意味がわからない」

信じてもらえなかった。

 

「Amazonでアイスが買える」と言われても、確かにピンとくるまい。

 

だが、隣人はアイスを食べたい、と言ったので、雪見だいふくとパルム、ビッグモナカを頼む。

決済は「2000円以上から」とあるので、(そりゃそうか)爽健美茶、炭酸水、コーラ、お菓子類をまとめて注文する。

 

私は仕事にまた取り掛かった。

1時間も経った頃だろうか。オフィスの呼び鈴がなった。インターフォンをとる。

 

「Amazonでーす。」

 

入り口に取りに行くと、そこには

一人のおじさんが、紙袋(下参照)を幾つか抱えてたっていた。

紙袋を受け取ると、冷たい。

「アイスだ……」

おじさんは、ありがとうございましたー、といって帰っていった。

 

しかし、私はAmazonの通常の注文にくらべて、猛烈な違和感を感じた。

なぜ、こんな違和感があるのか……。

 

まず、持ってきてもらった人が、「ヤマト」や「佐川」などの宅配業者ではない点。「近所のおじさん?」と思うような、見た目が普通の人が持ってくる。

二つ目は、「ダンボール箱」ではなく、紙袋で商品を持ってくる点。まるで近所のスーパーから買ってきたようなイメージだ。

そして配達の内容。「近くのコンビニに行けばいいじゃない。」と言うべき、アイスと飲み物、ちょっとしたお菓子など。
そうか。なぜなぜこんなに申し訳ない気持ちになるのか、わかった。

 

Amazon Prime Nowは、「近所のおじさんが、近くのスーパーで、買い物をしてきてくれた」ような、錯覚を覚えるのだ。

「おじさんを、パシリで使ってしまった……」というやるせない気持ち。近くのコンビニに行けば買えてしまえるようなものを、わざわざ近所のおじさんに依頼して買ってきてもらったような、そんな気持ちなのだ。

 

アイスはとても美味しゅうございました。

 

あれから、オフィスでアイスを食べたくなると、Amazon Prime Nowを使っている。

皆でお金を出せば、すぐにアイスも、飲み物も、お菓子も、届くのである。ちょっとした罪悪感と引き換えに、コンビニもスーパーに行かなくてよい。

 

Amazon Prime Nowは禁断のアプリなのだ。

 

【Books&Appsオンラインセミナーのお知らせ】
面白いオウンドメディアの運営方法。
となりのカインズさん400万pv・さくマガ70万pv・Books&Apps230万pvの編集長によるクロストークイベントを開催します。
※上記pv数はそれぞれのメディアの直近1年以内の最高月間pv数

<2021年12月15日実施イベント>

面白いメディアの運営方法。成功しているオウンドメディア編集長が語る「なぜ面白いコンテンツが必要なのか?」


<内容>
第1部:なぜ今多くの企業がオウンドメディアを運営しているのか?
登壇者:ティネクト取締役 楢原

第2部:となりのカインズさん・さくマガ・Books&Apps編集長によるクロストーク
テーマ:面白いオウンドメディアの運営方法。

登壇者:
となりのカインズさん:清水編集長(株式会社カインズ)
さくマガ:川崎編集長(さくらインターネット)
Books&Apps:安達編集長(ティネクト)

ファシリテーター:倉増(ティネクト)

(トーク内容)
おもしろい記事は、誰が/どうやって作っているの?
あなた(編集長)にとっての「おもしろさ」とは?
ダメな記事、良い記事の基準
なぜ、ほとんどの企業のメディアはつまらないのか?
etc


日時:2021年12月15日(水)15:00〜16:30
参加費:無料 
定員:300名 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細は こちらオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2021/11/22更新)

 

 

【著者プロフィール】

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・すべての最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

・「「仕事ができるやつ」になる最短の道」のオーディオブックもできました

 

(Photo:Kenny Lam)