新卒採用も終盤戦だ。12月から始まった新卒採用は、6月末には7割の人が内定持ちとなる。

リクルートの担当者によれば「今年はもっと内定率が高いかも知れない」とのことだった。仮に6月に8割程度の人に内定が出ているとすれば、確かに「就職活動はそろそろ終わり」と言ってもいいかもしれない。

 

さて、その就職活動に関して、少し前にある学生が知り合いの就職カウンセラーに相談していた。

そして、その内容が少し気になった。

 

なぜならば、表現は異なるが端的に言えば

「私はいままで大したことはしてこなかった。学歴も普通だ。けれど良い企業に入りたい。面接官を騙すことは可能か」

という内容だったからだ。

 

カウンセラーが、「なぜ騙す必要があるのか」と聞くと、その学生は「良い企業には私よりも学歴の良い、実績のある学生がたくさん応募してくる。そういった学生に勝つためには、多少なりとも話を盛る必要があると思う」と言った。

 

 

確かにこの議論は昔からある。

平積みになっている「就職マニュアル本」や、「就職活動支援」を謳う怪しげなセミナーなどは、「今の自分を盛る方法」を教えてくれるものも多い。しかし、企業はこの手の学生を嫌う。多くの採用担当者は「学生にだまされないよう」に、そういったマニュアル本などを事細かに研究している。

当たり前なのだが、企業が欲しいのは「ほんとうに良い学生」だからだ。

 

実際、採用側と学生のズレが問題になっている。

なぜ体育会系の学生は就職にまったく困らないのか 彼らに学ぶ「内定がもらえる人の共通点」(ダイヤモンド・オンライン)

“今”を見せたがる学生と、“今まで”を知りたがる企業

学生は企業側に対して、“今の自分”を見てほしいとアピールしようとするが、企業側はその学生の本質を見抜こうとしているので、その人が育ってきたプロセスの“今まで”を探ろうとしているのである。

 “今”を演じる学生と、“今まで”を探る採用側――。

このように、需要と供給で求めているものに大きなズレが起きているために、学生は就活に苦戦するのである。

採用担当者が知りたいのは、「どんな人物なのか」であって、表面的な受け答えの巧拙であったり、1つ2つの美談ではない。1時間程度の面接ではあるが、面接官は「その人の人生」を知ろうと努力する。

もっと言えば、原則として就職活動には「一発逆転」が起きないようにしたいと面接官は思っている。

カウンセラーは相談してきた学生に言った。「騙せなくはないが、騙すのは大変だ」学生は「大変でもやります」といった。そこで彼は「面接官が陥りがちな罠がある。」と言い、実際にある会社で起きたことを話した。

「面接官は基本的に騙せない。1人騙したとしても、2次面接、3次面接と進むにつれ、いずれバレる。でも、面接官も人間だ。目が曇るときもある。」

彼は面接官をやっていた時の記憶を確認しながら学生に言った。

「面接官が最も不安に思っているのは、何だと思う?」

「…なんでしょうか…わかりません」

「実は、どの会社の人も、同じことを言ってるけど、「どんな質問をしたら良いかわからない」なんだ。実際、「面接のプロ」なんて居ないからね。だから、面接官も質問をする時は基本的に緊張している。」

「はい。でもそれがどうして「目が曇る」なんですか?」

「例えば、面接官が「あなたが人に負けないと自信のある事は何ですか?」と聞いてきた時、どうやって答える?」

「…積極性、とかアルバイト経験って答えてしまいそうです」

「それは面接官の思うつぼだ。もっと具体的には?といくらでも聞けるからね。」

「…じゃあ、どうしたら良いんですか?」

「面接官が一番困るのは、その質問自体の妥当性を聞かれることだ。例えば、普通に考えて「人に負けないこと」なんてほとんど思い浮かばないだろう?」

「そうですね。そういうものがある人は少ないですよね」

「そう。だから、その質問に対して、「人に負けないこと」というと、どのくらいのレベルを指しますか?と聞かれるのが一番困る。世界一なんて普通の人は持っていないし、聞く方も緊張しているから、質問自体に厳密な意味を持たせてはいない。」

「なるほど」

「質問に対して突っ込まれると、「学生の資質を見る」よりも、「どんな質問をしたらいいか」で、頭がいっぱいになってしまう。私だってそうだ。しかも、「こんな質問をしてくる学生は、頭が良さそうだ」という、勘違いまでしてしまう。」

「…」

「逆に、それで焦らない面接官は騙せない。人を見る力量があるからね。」

「でも、そんなとっさに質問のあら探しなんて、出来ないですよ」

「そう、だから騙すのは大変だ。騙そうなんて考えず、ストレートに本音をぶつけたほうが絶対にうまくいく」

結局オチは、「騙せない」だった。

【お知らせ】
SNS投稿する人全てに捧ぐ!素人からプロまでめちゃめちゃ役に立つメディア運営術とwebライティング方法論!
「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

各記事クリックすると冒頭部分読めます。
【最新記事】

【36】「書けない人」はなにが問題なのか。

【35】初心者の書き手がやりがちな、文章をダメにしてしまう行為。

【34】ライターが「説教臭い文章」を書かないために留意しなければならないのは何か。

【人気記事トップ3】

1.オウンドメディアが、検索ではなくSNSからの読者を増やすべき理由と、そのための手法。

2.インターネットで読まれる記事と、読まれない記事の決定的なちがい。

3.ページビューが伸びないブログやオウンドメディアの欠点は明らか。

【 ライター募集中】

Books&Appsでは現在十数社の企業のオウンドメディア運営支援を行っており、ライターを積極的に採用しております。
ご興味ある方は詳しくは こちらご覧ください。