chromecast-plugged昨日、googleがChromecastを日本で発売するというニュースを聞きました。早速amazonより即ポチしました。(前編はこちら

(後編↓)

Chromecastアプリ開くとこんな感じ。

IMG_3143

だから何?どうしていいかわからなかったので、思わず右上のiボタン押したら、

IMG_3144 IMG_3145

 

「ご意見・ご感想」って。まだ使ってねーし。もう文句言って欲しいんか。とりあえず戻るしかねー。

IMG_3143

っていうか、多分この一番下の「アプリを見つける」しか選択肢はない。見るのに何かアプリが必要なのか?AppleTVではそんなもの…

IMG_3147

でました。これらのアプリをまた落とすのか?AppleTVではそんなもの…

IMG_3148IMG_3149IMG_3152 IMG_3154

けっこうたくさんアプリがあるようです。とりあえず、ここは無難にYouTubeへ。

IMG_3195IMG_3197

いつものやつじゃねーか。俺このアプリ持ってるし。とりあえずNBAのチャンネル見るか。

IMG_3155 IMG_3156

おー見てしまったあ。見る前にCMきたよ。しかも増毛系。なんでオレのこと知ってんだ。そもそもこれやりたかっただけだろ!googleさんよお!あんだけ手間かけて、やっとポチして、まずこれか。やっぱりオメーってやつは…

気を取り直して、今、自分がやるべきことを冷静に考えます。そうです。コンテンツを見ることです。今手元で見ているYouTubeをでっかいTVでわざわざ見るんだ。いままでAppleTVで何回もみてたけど…

IMG_32011

AppleのAirPlay(Appleが5年くらい前からはじめた今chromecastがやろうとしてるやつ)の操作と同じかなと考え、映像の右下のアイコンをタッチしました。

IMG_3157

しかし、それはいつものAirPlayと全く同じでした。このリストの中にchromecast like appleTV と表示されると思ったのですが…

IMG_3202

で、よく見ると上の方に今までなかったアイコンが あることに気づきました。これだ。さっき箱にこのアイコンがあった。

IMG_3161

案の定でてきました。Chromecast like appleTV。お前ニセモノだけどな…

IMG_3162IMG_3213

無事、でっかいTVでYouTubeを見ることできました。それAppleTVでいつもやってるけど…

それにしてはこのWestbrookのダンクすげー。

IMG_3206

ちなみにiPhoneの方ではこのようになってます。手元のiPhoneで操作ができます。もしかしてgoogleさんはTVにタッチしてコントロールできるように…それはできません。それは無駄ですよね。だって、手元で操作できればそれでいいですよね。昔Wiiは、TV画面にタッチに近いことやってたけど…

とにかくYouTubeはわかりました。AppleTVと全く一緒ってことが… 

なにか他のものも試したい。もう一度あのchromecastアプリをもう開き直してみました。

IMG_3216IMG_3217IMG_3218IMG_3219

現在、12個のアプリがありました。まあ、12個しか出てないんですが、ビデオパスなんかは近日発売予定なのに掲載されています。発売してからでよくないですかね。何かの力関係ですよね。

で、この中で、使ってみたいと思うものって別にないんだけど、敢えてあげるならRed Bull TVかな。それYouTubeでよく見るけど…

みんなの大好きRed Bull。それやってみます。

IMG_3221 →IMG_3222IMG_3224

アプリ落とす→アプリ開く→右上のアイコンを押す→でっかいTVに映る

まあ、こんな感じです。視聴する方法がわかりました。それにしては毎回アプリが必要なのか?

NBAに続きこのRed Bullの映像もすげー。みんなの徹夜ドリンクの収益は、こうして徹夜ドリンクなきゃ徹夜できないとか言ってるdopeな人たちをはるかに凌ぐillな人々の基金となっております。illな彼らの場合は、Red Bull飲むくらいで克服なんてできないけどね。飲んでたって逝く時は逝くから。

この地球規模のマインドとマネーのエコシステム。俺こういうの大好き。地球全体をおもちゃにしてるって感じ。収益方法も含めて。

最後に、私Appleマニアが一番使っているコンテンツを試そうと思います。それは、

IMG_3167

これです。NHKオンデマンドです。われらティネクト株式会社の昼休みには、これ第2のおかずになっております。これないとご飯食べられません。過去のNHKの番組がいつでも24時間見たい時に見ることができます。つまり、自分の見たいものだけを選んで見たい時に見ることができるということです。まさに映像コンテンツライブラリーって感じです。

もうTVではないですね。普段CM流すために一生懸命番組作って、その場をやり過ごそうとしているようなとこにはできないでしょうね。そもそも後から見たい(見せても恥ずかしくない)コンテンツがそんなにないと思いますが。

で、これをchromecast使ってTV画面で見ることができないのかなと思い開いたところ、

IMG_3175

はい。映りました。PCモニタの方に。モニタの下の黒いボックス(小さいほうじゃない、その上の大きい方)にビクッとしたあなたは、たぶん…

そうこれAppleTVからです。chromecastからTV画面へ映すことは、まだ(と一応言っておく)出来ませんでした。やっぱり専用アプリから行かないとだめなんでしょうか。

だって今までの流れでそうだったじゃないかと、ここまで読んで下さったAppleマニアではないセンスの良い方はお思いでしょうが、最後にはっきり言いますとAppleTVの場合は、アプリはいらないんです。

今開いたこのNHKオンデマンドだってiPhoneのgoogle chrome、つまりブラウザから開いているんです。わざわざgoogleに気を使ってsafariじゃなくてchromeを開いてあげてるんです。

IMG_3227IMG_3225

が、開いて映像を見るとそこにはAppleTVのアイコン(右下)はありますが、chromecastのアイコンはありませんでした。だから今現在は(と一応言っておく)でっかいTVで見れないということです。たぶん専用のアプリをいつかはつくってくれると思います。みんなのNHK、俺のNHK様なんで。でも、それは、NHKがわざわざやんなきゃいけなってことですよね。

ちなみにAppleTVは、ブラウザで見ることのできるものすべてが、TV画面上で見られるようになっているため、アプリは関係ないです。っていうか気にしたことなかったです。

 

最後の最後に

ここまで、読んでくれたAppleマニアでないあなた、よくここまでたどり着きました。もし、あなたが今Chromecastを買うことを迷いはじめたのなら、すいません。でも、これ安いんで買っていいと思います。

昔はドラクエⅠですら5500円でした。今から30年くらい前のことです。ドラクエで「はなす」コマンドにわざわざ「きた」「にし」「ひがし」「みなみ」の方向があった時です。でも、これChromecastは4500円ちょっとなんです。1000円も安いです。

失われた1000円分は、あのゾクゾク感だと思います。あのすぐ右下の毒沼に囲まれた城が竜王の城だったって知った時のあのゾクゾク感です。あれは永遠に忘れませんし、めったにないことです。だから、その1000円分は今回はあきらめてください。

 

ここまで、読んでくれたAppleマニアのあなた、よくここまでたどり着きました。あなたは既に、 Apple TVを持っているでしょうね、しかも何台か。

私のAppleTVは2世代目です。ジョブズがそもそもこんなものいらねーだろってHDをなくして一気に安くなったときのヤツです。あーなるほどって思って即ポチ。初代のHD付きのでっかいヤツは懸命にも回避しました。当時、外人がApple storeでエクセレントと言っていたのが懐かしいです。あれはたぶんクソだった。

あと、このブログの写真中に3つのレアアイテムが出てきているのに気づきましたか?もし3つわかったら、教えてくださいね。最初にみつけた人にこれプレゼントします。

で、あなたも私と同じくChromecastをまったくもって買う必要ないですね。でも、最近Appleって気の利いた製品が全くないし、まあ、暇つぶしと思って買えばいいんじゃないですかね。1回分の飲み代(ワタミより上のとこ)くらいの値段です。だって、毎年毎年OSXのアップデートだけで1万円以上お支払い(しかも喜んで)してたことに比べると、安いもんじゃないですか。

(了)

 

【お知らせ】

Web集客にオウンドメディアはどのように活用できるの?オウンドメディアを検討中、運用中の企業広報・マーケティング責任者、企業幹部、企業経営者さま向けにオウンドメディア活用セミナーを実施しています。

<セミナータイトル>

もしリスティング広告に限界を感じているのであれば、
オウンドメディアを本気で運用してみるのも悪くないと思います。

<内容>
1.オウンドメディアの役割とは
2.オウンドメディアのお悩み3選とその解決方法
3.成果の出るオウンドメディア運営5Step

日時:11/07(木)10時〜11時30分@渋谷ヒカリエ11F 参加費:無料 定員:30名

お申込み・詳細は こちらBooks&Apps主催セミナーお申込みページをご覧ください

(2019/10/15更新)