葉隠入門 (新潮文庫)武士道といえば、「葉隠」という有名な書物がある。

「武士道といふは、死ぬ事と見つけたり」という一文で有名な書物だ。作者は山本常朝と言う人物で、江戸時代中期のものだ。

 

そして、この「葉隠」という本を愛してやまなかったのが、著名な作家である三島由紀夫である。

かれは、葉隠についてこう述べている。

 

”戦争中から読みだして、いつも自分の机の周辺に置き、以後20数年間、折にふれて、あるページを読んで感銘を新たにした本といえば、おそらく「葉隠」一冊であろう”(葉隠入門)

 

三島由紀夫にこれほどのことを言わしめた一冊なのだが、彼は好きが高じて、「葉隠入門」と言う本を書いている。

面白いのが、三島由紀夫の「武士道といふは、死ぬ事と見つけたり」という一文への解釈だ。

 

”根本的には、「武士道といふは死ぬ事と見つけたり」という「葉隠」のもっとも有名な言葉は、そのすぐ裏に、次のような一句を裏打ちしている。

「人間一生誠にわずかのことなり。好いた事をして暮らすべきなり。夢の間の世の中に、好かぬことばかりして苦を見て暮らすは愚かなることなり。」

 

三島由紀夫は、好きなことをして暮らす、を人生の奥義と言っており、「葉隠は、死と生を盾の両面に持った生ける哲学」としている。

 

 

 

さて、この件を読んで、思い出したのが故スティーブ・ジョブス氏のスタンフォード大卒業式でのスピーチだ。まだご覧になったことのない人は、素晴らしいスピーチなので一度は見ていただくと良いと思う。

 

 

この中で、スティーブ・ジョブス氏は、こう述べている。

 

”3つ目の話は死についてです。

私は17歳のときに「毎日をそれが人生最後の一日だと思って生きれば、その通りになる」という言葉にどこかで出合ったのです。

それは印象に残る言葉で、その日を境に33年間、私は毎朝、鏡に映る自分に問いかけるようにしているのです。「もし今日が最後の日だとしても、今からやろうとしていたことをするだろうか」と。「違う」という答えが何日も続くようなら、ちょっと生き方を見直せということです。

自分はまもなく死ぬという認識が、重大な決断を下すときに一番役立つのです。なぜなら、永遠の希望やプライド、失敗する不安…これらはほとんどすべて、死の前には何の意味もなさなくなるからです。

本当に大切なことしか残らない。自分は死ぬのだと思い出すことが、敗北する不安にとらわれない最良の方法です。我々はみんな最初から裸です。自分の心に従わない理由はないのです。”(訳:日経新聞)

これは、「葉隠」の言う武士道そのものだ、と解釈しても差し支えないのではないかと思う。

「死」を思うことで「生」が充実する。

これが人生の真理であり、三島由紀夫の言うように「奥義」なのかもしれない。

 

 

【お知らせ】
BtoB企業向けBooks&Apps主催オンラインセミナー7月は2回実施します。4ヶ月で申込み200名を超え大変好評です。
オウンドメディアの必要性は感じているがなぜわざわざオウンドメディアで集客しないといけないのか疑問という方に最適のセミナーです

<セミナータイトル>

BtoB企業こそオウンドメディアで集客するべき。その合理的な理由。

<内容>
1.オウンドメディアの役割と得意なこと
2.web上でよく読まれる記事とは
3.オウンドメディア運営の全タスク
4.運営コストについて
5.Q&Aタイム
日時:
①2020年7月20日(月)15時〜17時
②2020年7月31日(金)10時〜12時
参加費:無料 
定員:40名 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細は こちらBooks&Apps主催セミナーお申込みページをご覧ください

(2020/7/8更新)