つい20年前までは、真の意味で「サラリーマンは我慢」の時代だった。すし詰めの通勤電車にガマン。1週間前に突然言い渡される転勤にもガマン。毎日の残業にもガマン。

ガマンガマン、そう皆が思っていた時代だった。

 

なぜ酷い環境に皆が我慢できたのか。簡単だ。我慢することにそれなりの見返りがあったからだ。

 

普通の企業に入っただけで、定年までそれなりの生活を約束され、「サラリーマンは気楽な家業」と、生活の心配をせずに生きていける。

さらに、それなりの大手に入れば社会的な地位と信用まで手に入り、配偶者、家、クルマなどが一通りに手に入った。

 

たとえ「通勤、転勤、残業」などにおいて、非人間的な扱いを受けたとしても、「我慢すること」は勝ち確定の目に自分の人生をかけることができた。

それゆえ団塊の世代は「転職や副業など、考えたこともなかった」という人は多いだろう。「石の上にも三年」という言葉は彼らの時代には合理的だった。

 

だが、結果として出来上がった社会は、

「成果を厳しくは問われず」

「長時間労働を普通と思い」

「会社/仕事が大嫌いなのに、身内をかばい合う」

という、サラリーマンたちの世界であった。

結果、かつて「ものづくり」日本を代表した企業群は軒並み、平凡な会社となってしまった。シャープは青息吐息、東芝は破綻寸前、世界を制したソニーの復活は遠く、パナソニック、NEC、富士通もパッとしない。

よく言って、「過去の栄光」で食っている状態である。

 

畢竟、今の若手サラリーマンを見れば、おそらく「大手に就職すれば安定」など、本気で信じている人はわずかだろう。

それでも大手に人が集まるのは、他に選択肢がないからである。

しかし彼らも本音は、

「業績が悪くなれば会社に切られる」

「成果を出せ、と言う割には、会社は何もしてくれない」

「えらい人が働かない」

そういうのが「普通」の声である。

 

それであれば、上に挙げた「ガマン」など、本当にアホくさい。

なぜ、大した見返りもなく、「通勤、転勤、残業」などに貴重な人生の時間を使わなければならないのか。皆、そう思い始めた。

だから、webには連日「会社が嫌い」「残業したくない」「ラクに稼ぐ」「副業」という文字が踊るのだ。

 

そう言う人に向かって「嫌なら会社なんてやめればいいじゃん」という方もいる。

それは正しい。

が、残念ながらそこに代案はない。勝ち目のありそうな選択肢が見えない中、サラリーマンは不安に苛まれている。

「自分の能力に賭けることができる人」は、それだけで勝ち組だが、そう言う人は極めて少数だ。

 

一方で、シリコンバレー企業が世界を制し、中国の経済力は日本を抜いた。

他国だけではなく、日本においても「新興」のITを駆使した会社の経営者が一山当てて大金持ちになっている。そこでは学歴や会社の肩書などは意味をなさず、「才覚と勇気」でのし上がった連中が大きな顔をしている。

 

一昔前、そうして成り上がったホリエモンは妬まれ、故に刑務所にブチこまれた。溜飲を下げたサラリーマンも多かっただろう。

だが、すでにサラリーマンは、自分の身すら危うい。それゆえ、成功者に嫉妬するのではなく、見習って、自分も成功者となりたい、と考える若手が増えているのは間違いない。

だから「意識高い系」などと嘲笑されている、若干イタい学生を嗤うことはとてもできない。彼らは、彼らなりに真剣に人生を考えた結果、「勝ち目がありそうな選択肢」に乗っているだけだ。

 

だが、彼らの試みはほとんどうまく行かず、多くの人物は貧困へ転落するだろう。

そしてしばらくすると、日本もトランプのような

「インテリへの嫌悪感」

「実力社会への疲れ」

「無能の保護」

などを訴える政治家が力を持ってくるだろう。「金持ちばかりがトクをしているが、皆で貧乏になる方がまだマシだ」という発想のもとに。

アメリカはそれでもまだいいだろう。資源もカネも暫くは枯渇しない。

 

だが日本はマズい。資源もなく、カネも尽きようとしている今、ほんとうの意味での日本の没落が、現実になろうとしている。

私のかつての上司は「知恵で石油を買っている国が日本」と言った。今こそ、我々は「知恵」を必要としている。しかも早急に。

 

PR:年収600万円以上の転職ならBIZREACH(ビズリーチ)


【お知らせ】

Books&Appsの広報サービスについて

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・すべての最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

(Jeff Laitila)