0db43aa2f298cce2c4d0302a4a02cfcf_s電車の中で、変な広告を見た。

キャッチコピーが気になったのだ。

siawase

(画像出典:http://ahrwin.com/‎)

この文章、日本語としてはおかしい(気がする)。「でも」と言うのは、その前と後で逆の事を言うので、この文脈からは使えない。

通常であれば

幸せというのは、その人の考え方ひとつです。

だから、あなたは(考え方を変えて)幸せになりましょうね。

が正しい使い方だろう。

 

しかし、このコピーは「でも」を使っている。従って、このキャッチコピーには意図的に隠されている文章がある。推測するに、

幸せというのは、その人の考え方ひとつです。

でもあなたは、(出来ませんよね。だからうちの会社のサービスを使って)幸せになりましょうね。

太字の部分が、隠された文章だ。

 

実は、このコピーは、ぱっと見のコピーの印象とは正反対に、「幸せというのは、その人の考え方ひとつです。」を実行するのは大変難しい、と言っているのだ。

 

「自分を変えよ」という思想は、古くからある。

シェイクスピアは、「ものの良し悪しは、考え方ひとつで決まる」と言った。儒教の始祖、孔子も同様の趣旨の発言をしている。

だが、多くの人の間でこの類の美徳が一般的になったことは、おそらく歴史上、一度もない。

 

 

上司が、「お前が変わらなくてはいけない」と部下に述べることはよくある。

参考:会社に不満があるなら、まず自分を変えなさい、は本当か(Books & Apps)

 

しかし、上にも述べたように、多くの人はそれが出来ない。

ということは、マネジメントは「それが出来ないこと」をある程度前提としなければ成り立たない、ということでもある。

 

個人的には、「考え方を変えることができる」と言うのは、一種の希少な能力だと考える。

「才能」と言ってもいいかもしれない。

だから、普通の人に「考え方を変えろ」と言うのは、ろくに陸上競技をやったこともない人に、「100メートルを10秒台で走れ」と言っているのと同じ、という認識だ。

 

価値観の合わない組織で働くことは社員にとって辛いことだ。ピーター・ドラッカーはこう指摘する。

組織には価値観がある。そこに働くものにも価値観がある。組織において成果をあげるためには、働くものの価値観が組織の価値観になじまなければならない。同一である必要はない。だが、共存できなければならない。さもなければ、心楽しまず、成果もあがらない。

(プロフェッショナルの条件)

おそらく、トップと価値観があわず、我慢もできないようであらばさっさと辞めるのが正解だろう。

そして、会社もそれを望んでいるはずだ。

 

【Books&Appsオンラインセミナーのお知らせ】
コンテンツマーケティングによる集客とその成果について学習したい向けの無料オンラインセミナーのご案内です。 ティネクト(Books&Apps運営会社)が支援している企業のオウンドメディアの豊富な事例をもとに、弊社が得意としているwebコンテンツによる集客の秘訣についてお伝えします。
<2022年5月20日実施セミナー>

とうとう、ブランディングもマーケティングも同時に実現する時代がきた

-2万リードを獲得したコンテンツマーケティングから学ぶ、「成果が出る」オウンドメディア運営方法-

<内容>
1.ブランディングもマーケティングも同時に実現するとは何?
2.オウンドメディアの2つの役割
3.オウンドメディアで必要とされているコンテンツとは?
4.成果を出すオウンドメディア運営
5.フェーズに応じた目標設定について

講師:ティネクト株式会社 取締役 楢原一雅


日時:2022年5月20日(金)10:30〜12:00
参加費:無料 
定員:150名 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細はこちらオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2022/4/27更新)

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (スパムアカウント以外であれば、どなたでも友達承認いたします)

・農家の支援を始めました。農業にご興味あればぜひ!⇒【第一回】日本の農業の実態を知るため、高知県の農家のご支援を始めます。