10251145144_6ff9c5c365_z資料を作っても、ブログを書いても、なかなか言いたいことが伝わらない…という方は多いかもしれません。

「資料のつくり方」

「ブログの書き方」

などのノウハウ本や記事を覗いても、今ひとつ「ビシっと伝わるものが作れない」という方は多いのではないでしょうか。

そう言った本や記事は、ある程度ボリュームを確保するため、様々なものを盛り込まざるを得ないため、本質的な部分がよく見えないのです。

 

しかし、実は営業用資料でも、企画書でも、ライフハックブログでも、セミナーテキストであっても、「読まれる売り込み資料」は、本質的には皆似たような構成となります。

「同じ」と言ってもいいかもしれません。逆に言えば、これどおり作れば、一定のクオリティが得られる、ということでもあります。

 

もちろん例外もあります。文章力で読ませたり、奇抜なビジュアルで人をひきつけたりする手法もあります。

ですが、奇をてらわずオーソドックスなものをきちんと作りこむほうが、結果的には効果も高いことが多いので、最初はテンプレート通りのほうがうまくいきます。

実際、私がコンサルティング会社に在籍していたとき、提案書を作成する際は、多少のバリエーションはあれど、ほぼこの形式によって作成していました。シンプルで分かりやすいので、プレゼンの時もかなり楽だった記憶があります。

 

では、具体的にはどのような構成なのか、説明しましょう。

構成は次の通りです。

 

 

①相手の悩みを提起

課題にアプローチしなければ、相手が「読もう」という気持ちにならない。

 

②一般的な解決策

多くの場合、相手が「課題」と感じることに対しては何かしらの手を打っている可能性が高い。が、えてしてそのような課題は難易度が高いため、未解決である。

 

③うまく解決しませんよね、という共感と、じゃあどうすればいいのか?という問いかけ

双方向のやりとりを意識する。ここで重要なのは「共感」を作り出すことである。相談を受けているようなイメージで、読者に問いかける。

 

④シンプルなコアコンセプトの提示

一言で、今までの解決策とのちがい、この解決策の利点をわかりやすく提示する。ここは「キャッチ」になる。

 

⑤コンセプトの根拠の提示(数値、権威など)

説得力を持たせるための資料を付ける。主に数字が使われるが、数値化できないものも多い上、数字というのは共感力が低いので、権威や実績などが用いられるケースが多い。

 

⑥具体例、事例の紹介を通じた「自分でも出来そう」の醸成

コンセプトだけでは提案された人は「使ってみたい」とは思わない。使ってみたいと思ってもらうためには「事例」が必要である。

その際に事例は「私でもできそう」を重視する。

 

⑦まとめ

使ってもらうための「最後のひと押し」をする。

 

 

以上を見て頂いてお分かりかもしれません、売り込み資料の本質は、「説明ではなく、相手との会話」を意識することです。

つまり、構成が「読者との双方向のやりとり」になっていることがポイントです。

 

なお、この記事はこの構成を元に作られました。ご参考としていただければ幸いです。

 

 

【お知らせ】
東京都産業労働局 からのご案内です。

情報は足りていますか?
現在、東京都が中小企業向けサイバーセキュリティを支援中です


東京都に事業所を構える中小企業は、サイバー攻撃に対する防御に有効なセキュリティの専門家からの支援を無料で受けることができます。



お申込みフォーム→ 【令和5年度中小企業サイバーセキュリティ向上支援事業】事業申込み
詳しい内容→ 東京都産業労働局令和5年度中⼩企業サイバーセキュリティ向上⽀援事業サイトをご覧ください

(2023/12/1更新)

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、最新の記事をタイムラインにお届けします)

・【大学探訪記】を始めました。

「研究が楽しい」「研究成果を知ってほしい」「スタートアップを立ち上げた」

という学部生、大学院生、研究者、スタートアップの方は、ぜひ blogあっとtinect.jp までご連絡下さい。卒論、修論も歓迎です。ご希望があれば、当ブログでも紹介したいと思います。

【大学探訪記 Vol.4】ベトナムの人材育成を支援したい!と、ベトナムに単身渡る女子大生

【大学探訪記 Vol.3】プロ野球に統計学を適用するとどうなるか?

【大学探訪記 Vol.2】1本の木を植えるとどんだけ気温が下がるのか?

【大学探訪記 Vol.1】東大のNicogoryというスタートアップを訪ねました

 

・ブログが本になりました。

 

 

(Photo: Matt Cornock)