ある会社で、マネジメントについて議論をしていた時の話だ。

 

「もっと自由にやらせろ、って言う人は見込があるんだけどね。」

と、その会社の役員は言った。

「本当に問題なのは、「もっと細かく仕事の指示をだしてください。」って言って、本当に言ったことしかしない人。こういう人は問題だね。」

彼は心底困っているようだ。

 

この手の話はよく耳にする。

「そうなんですね。でも少なくとも「言ったこと」はやるんですよね。やらないよりマシじゃないですか?」

「まあ、そういう考え方もあるけど、本当にこっちが「言ったこと」しかしないって、問題じゃない?」

「ふーむ。」

「例えば、こっちがデータの入力を頼んだとするじゃない。で、そういう人たちにはまずマニュアルがないとダメなんだよ。」

「マニュアルですか。」

「そう、結構細かく書いてあげないと、「できない」って言うし。で、たまにマニュアルに書いてないこともあるわけだ。そうすると、彼らはこちらに問い合わせてくる。「どうすればいいですか?」って。」

「こっちは忙しいから、「案を出せ」っていうんだけど、「わからない」の一点張り。ああいうのを無能って言うのかな。」

 

私はよくイメージが湧かなかったので、質問した。

「正社員なんですか。その人たち」

「そう。これなら、アルバイトとか、派遣会社を使えばよかったよ。新人ならまだ多めに見ることもできるんだけどね。もう30近いのに、そんな人、たくさんいるんですよ。」

「そうなんですね……。」

 

 

私は想像を巡らせた。

なぜ「言われたことしかできない人」が会社にいるのか。彼らは何を考えているのか。

そこで、私はその役員に「現場の話を聞かせてください」と頼んだ。

その役員は「いいですよ、安達さんからも言ってやってくださいよ」と私に言った。

 

 

私が話を聴いたのは、30そこそこの中途採用で入ってきた社員たちだった。

「「言われたことしかしない」って言われていることをご存知ですか?」」

「いつも言われます。」

「皆様はどう思っているんですか?」

「……。」

「言いたいことがありそうですね。」

「いや、その通りで「会社では、余計なことをしないほうがいい」って思ってます。」

 

私は少し意外だった。

「なぜですか?」

「結局、自分のやり方でやると「なんでオレの言うとおりやらないんだ」って怒られます。「余計なことをするな」って言われたこともありました。だから、上司の言ったことしかしないほうが良いんですよ。」

「なるほど。」

「皆さんの上司の役員は、「自由にやらせろ」って言って欲しいとおっしゃってましたが……」

 

見ると、彼らは苦笑している。

「どうせウソですよ。口だけです。」

「昔、「自由にやらせろ」って言った奴がいたんですよ。で、自由にやったらあの役員から大目玉。結局口だけですよ。」

「ふーむ。」

「大体、うちの役員の指示、わかりにくいんです。聞くと「そんなことも自分で考えられないのか」って怒る。そりゃヤル気もなくしますよ。自分で考えてやってもダメ、指示をもらって動くのもダメ、どうしろってんですか?」

 

役員のいうことと、現場の言うことが食い違っている。一体何が起きているのだろうか。

私は結局、何も言えなかった。

 

———————–

 

後日、私は「社員に自由にやらせて、うまく行っている」という会社の経営者に相談した。

その経営者は言った。

「ははーん、わかりますよそれ。ウチでも昔ありました。」

 

その経営者はピンときたようだ。私は聞いた。

「何が起きているんでしょう?」

「単純ですよ。どちらも責任を放棄している。」

「どういうことでしょう?」

「役員は結果が出ないのを、下のせいにして、下は役員のせいにしている。単にそれだけでしょう。」

 

言われてみればそうかもしれない。彼らはお互いに相手の批判しかしなかった。

「実は、私の会社も昔そうでした。困りましたよ。私も社員のせいにしていましたし、社員は私のことを信用していなかった。」

「彼らはどうすればいいと思いますか?」

「時間はかかりますが、まず態度を改めるべきは上からです。役員は社員のせいにすることをやめなくてはダメですね。だいたいマニュアル作って社員に渡してるから、なんて言い訳ですよ。

マニュアルはあくまで補助であって、最初はキチンと教えなくてはいけないですし、上の人間が作ったマニュアルなんて、役に立たない。現場にやってもらわないとダメなんです。」

「なるほど……。」

「社員も甘え過ぎです。無能な役員に腹が立つのもわかりますが、職務を放棄している。ですが、役員が態度を改めれば、彼らの態度も軟化するでしょう。」

 

「指示待ち部下」の影に、「無能上司」あり。

その経営者は、そう締めくくった。

 

 

【お知らせ】

「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

「Books&Apps」の創設者兼ライターの安達裕哉が、webメディア運営、および記事を用いたマーケティング、SNSによる拡散の手法の裏側を詳細にお伝えします。 更新頻度:一月に3〜4回程度

また、ライター、オウンドメディア担当者向けにオウンドメディア勉強会も実施予定です詳しくはこちらご覧ください

今、インターネットで求められているライティングとは?

【9月更新記事】

[11]ブログやメディアのビューが伸びないときの「攻め」の施策について。

[10]企業が「再現性のある、コンテンツ拡散力」を得るには何をすればよいか。

[9]「メディア」と「ライター」が健全に付き合うための7つの原則〜 良いライターほど、発注者(メディア)の言うことを聞かない。

【8月更新記事】

[5]「webで稼げるライター」の条件とは。

[6]オウンドメディアが、検索ではなくSNSからの読者を増やすべき理由と、そのための手法。

[7]「オウンドメディアは、費用対効果が合うのか問題」について。

[8]2年前までTwitterのフォロワー数ほぼゼロだった我々が、Twitterから月間20万PVを得るようになるまでの道。


各記事クリックすると冒頭部分読めます。

 

Books&Appsでは広告主を募集しています。

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

Jon Wiley