5434408574_599677bf1a_z先日、ある研究者の方とお話をさせていただいた。その時話題となったのが「良いキャリア」についてだった。

その研究者の方はこう言った。

「安達さん、良いキャリアを積むには、いい人がいるところに行かないとダメですよね。」

その方が言うには、良い研究者になるためには、何よりもまず良い人のもとで研究することが必要だというのだ。

 

実は、似たような話を以前、別の方からされたことがある。数年前に私が訪問した、ある企業の経営者は、

「何をするかより、どれくらいもらえるかより、「誰と仕事をするか」がもっとも重要ですよ」

と述べた。

「仕事を選ぶよりも、誰の下で働くかを選ぶほうが、はるかに重要な選択です」

 

新人の成長のカギとなる要因は何か。という記事にも書いたが、この意見にはほぼ賛同する。「誰の下で働くか」は、成長やスキル、キャリアにかなり大きな影響がある。

むしろ、多くの方は意外に思うかもしれないが「やりたいことをやる」よりもはるかに重要かもしれない。

 

実際、多くの研究者や経営者に、

「なぜ、今の研究をしているのですか?」

「なぜ、今の事業になったのですか?」

という質問をすると、

「もともとこれがやりたかったわけではなかったけど、成り行きでこうなった」

「お客さんから依頼されていたことをやっていたら、今の事業になった」

という回答がほんとうに多い。感覚的には全体の7割から8割位の人がそういった回答をする。私にとっては非常に驚きであった。

そして、そう言った方々のほとんどが、「巡りあってよかった」という方の存在や「キャリアに影響を与えた場」を持っている。

 

仕事を選ぶ基準は、給与であったり、仕事の内容であったり、勤務地であったりと様々だ。だが

「どういった人々と働くのか」

のほうが実は重要だ。

可能であれば、転職や就職をするときには、可能な限り上司となる人や同僚となる人、あるいは人事や経営者がどのような人物なのかについて、情報を集めるべきだろう。

 

 

私のお世話になった人は、いつもキャリアについてこう言っていた。

「キャリアを形成しようとするな、自分で描くキャリアなど、犬に食わせてしまえ。そうではなく、「この人はちゃんとした人だ」と思える人のところへ行きなさい。そうすれば、自ずとキャリアは見えてくる。」

当時の私には意味がわからなかった。だが、多くの研究者や経営者と会い、あの頃よりは少し理解に近づいたのではと思っている。

 

 

【お知らせ】
Books&Apps及び20社以上のオウンドメディア運用支援で得られた知見をもとに、実際我々ティネクト(Books&Apps運営企業)が実行している全48タスクを公開します。

「成果を出す」オウンドメディア運営  5つのスキルと全48タスク
プレゼント。


これからオウンドメディアをはじめる企業さま、現在運用中の企業さま全てにお役に立つ資料です。ぜひご活用ください。

資料ダウンロードページはこちら↓
https://tinect.jp/library/5skills48tasks/
メールアドレス宛てに資料が自動送信されます。

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、最新の記事をタイムラインにお届けします)

・【大学探訪記】を始めました。

「研究が楽しい」「研究成果を知ってほしい」「スタートアップを立ち上げた」

という学部生、大学院生、研究者、スタートアップの方は、ぜひ blogあっとtinect.jp までご連絡下さい。卒論、修論も歓迎です。ご希望があれば、当ブログでも紹介したいと思います。

【大学探訪記 Vol.9】1年に13万件ある日経新聞の記事を、人工知能の一分野「機械学習」によって分類・分析する。

【大学探訪記 Vol.8】雲とチリの相互作用を、スーパーコンピュータで再現する。

【大学探訪記 Vol.7】ゲームからはじまる学問だってある

・ブログが本になりました。

 

 

 

(Photo:Mays Business School at Texas A&M University)