8609900510_9689d87941_z「なぜ、努力をしなくてはいけないのか?」と、ある中学生が大人たちに聞いていた。

大人相手であれば適当な答えも許されるのだろうが、中学生相手では軽はずみなことも言えない。どう答えるべきなのだろうか?いや、そもそも努力が必要だというべきだろうか。

 

そこである年配の方が会話に入った。中学生は

「なぜ、努力をしなくてはいけないの?」と、年配の方に聞く。

その方は優しく答えた。

 

「努力がイヤなのかい?」

「イヤじゃないけど……」

「なんでそんなことを聞くんだい?」

「もっと勉強しないとダメだ、努力しないとダメだ、って、いつも父と母に言われるから。」

「なんで努力しないとダメなのか、疑問に思ったということかな?」

「そう。」

「お父さん、お母さんはなんて言ってる?」

「努力しないと、自分のなりたい職業につけないぞ、って。」

「そうか、お父さんお母さんは正しいね。」

「でも僕、勉強はあまり好きじゃないよ。それに才能のある人にはいくら努力しても勝てないでしょ。」

「なんでそう思ったの?」

「うーん、友達とかみんなそう言ってる。マンガとかも、結局才能がある人が勝ってる話ばかり。」

「そうなんだ。」

「うん、結局才能のあるなしで決まるなら、勉強しても、努力してもあまり意味がないんじゃないかって。」

「キミは、自分に何かの才能があると思う?」

「わかんない。多分、そんなに勉強もスポーツもできる方じゃないから、才能はないんだと思う。」

その子はなんとなくしょんぼりしている。

 

年配の方は言った。

「そうか、それじゃ私から幾つかいいことを教えてあげよう。一つ目、学校では才能はわからない。」

「どういうこと?」

「学校で教えてくれることは、所詮「時間さえかければだれでもできること」を教えてくれているだけ。そんなものでは才能はわからない。」

「そうなの?」

「そう。才能のあるなしは、学校を卒業して、社会に出て、オリジナリティの求められる仕事をしてようやくわかる。今やっているのは、学校の与えた課題をうまくこなせるかどうかということだけ。」

「ふーん。」

「今の時点で与えられている課題なんて、才能のあるなしのモノサシとしてはつかえない。今成績が良い子たちだって、大学に行って、会社に入ったら、ほとんど普通の人たちだよ。そんなものは、才能ではない。」

「そうかあ、そうだよね。」

 

「二つ目、キミが努力をやめたら、まわりはキミを助けない。キミが努力するなら、まわりはキミを助けるだろう。」

「どういうことですか?」

「要するに、みんな怠け者を見るよりも、頑張っている人を見るのが好きだってことだよ。」

「結果が出なくても?」

「結果が出なくてもだ。「頑張ったけど結果が出なかった」っていう物語は死ぬほどある。才能があっても、頑張らなくちゃならないライバルの存在が、物語を面白くするんだよ。」

「うん。わかる。」

「お父さん、お母さんはキミががんばっていなくても、愛情で助けてくれるかもしれない。でも、他人は違うんだ。」

「そりゃそうだよね、僕だって頑張っている人のほうを応援してくなるよ」

 

「三つ目、「逃げグセ」は、一度つくと治りにくい。」

「逃げグセ……」

「キミは、努力以前に勉強から逃げている。そうじゃないかい?」

「そんなことは…ないと思う…」

「本当?それならいうことはないけど。勉強くらいで逃げてたら、なりたい職業はおろか、何もできないで終わってしまうよ。

大人になればもっと大変なことがたくさんある。勉強くらいで逃げたら、なんでも一生逃げ続けることになる。そんな情けない人生をおくりたいのかい?

もちろん、逃げて構わない時もある。逃げたほうがいいこともある。でも、学校の勉強程度で逃げるなら、もうどうしようもない。」

 

中学生の子は、疑問を持ちつつも、なんとなく当を得たようだった。

彼は言った。

「でも、勉強しても成績が上がらなかったら…?」

「約束しよう。逃げずに勉強しただけで、人生には大きなプラスだ。まあ、勉強ごときだ。成績は絶対に上がるけどね。」

「じゃあ、うまく勉強をするやり方を教えて下さい」

「いいとも、何の教科かな?」

 

 

「努力以前に、逃げている」という言葉が、妙に記憶に残った。

 

【お知らせ】

「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

「Books&Apps」の創設者兼ライターの安達裕哉が、webメディア運営、および記事を用いたマーケティング、SNSによる拡散の手法の裏側を詳細にお伝えします。 更新頻度:一月に3〜4回程度

また、ライター、オウンドメディア担当者向けにオウンドメディア勉強会も実施予定です詳しくはこちらご覧ください

今、インターネットで求められているライティングとは?

【9月更新記事】

[10]企業が「再現性のある、コンテンツ拡散力」を得るには何をすればよいか。

[9]「メディア」と「ライター」が健全に付き合うための7つの原則〜 良いライターほど、発注者(メディア)の言うことを聞かない。

【8月更新記事】

[5]「webで稼げるライター」の条件とは。

[6]オウンドメディアが、検索ではなくSNSからの読者を増やすべき理由と、そのための手法。

[7]「オウンドメディアは、費用対効果が合うのか問題」について。

[8]2年前までTwitterのフォロワー数ほぼゼロだった我々が、Twitterから月間20万PVを得るようになるまでの道。


各記事クリックすると冒頭部分読めます。

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、最新の記事をタイムラインにお届けします))

・筆者Twitterアカウントhttps://twitter.com/Books_Apps

・大学・研究の楽しさを伝える、【大学探訪記】をはじめました。

【大学探訪記 Vol.23】恐竜「トリケラトプス」の本当の姿を追求する先生がいた。

【大学探訪記 Vol.22】コスプレの研究をする大学の先生がいた。

【大学探訪記 Vol.21】人間は、なぜ1種しか地球上に存在しないのか?という疑問に迫る。

・仕事の楽しさを伝える、【仕事のチカラ】をはじめました。

【仕事のチカラ Vol.7】月間170万PVのオウンドメディアを1年で作り上げた人はどんな人?

【仕事のチカラ Vol.6】27歳にして3社を渡り歩き、起業した人の話。

【仕事のチカラ Vol.5】データサイエンティストって、どんな人?どうやったらなれるの? という疑問に答えてもらいました。

・ブログが本になりました。

 

(Photo:Joao Santos)