22587379323_6fd67e1103_zある研究者と「コミュニケーション能力」について話した時のことだ。

彼は言った。

「広義でのコミュニケーション能力がこれほど重要になった時代は今までになかったし、今後コミュニケーション能力はもっと重要になる」

「なぜ?」

「その前に、コミュニケーション能力とは何か、という話がある。」

私は答えた。

「人の気持をくんで話したり、行動したりする能力と思っているけど」

「それは、コミュニケーション能力のほんの一部を表しているにすぎない。」

「んー、よくわからないな」

「コミュニケーション能力の本質は、人のつながりを作り、影響を与える力だからだよ。コミュニケーション能力の高い人は他者への影響力が大きい人、ということになる。」

「例えば?」

「例えば、いうことが分かりやすかったり、メッセージ性の強い言葉を使える人は、コミュニケーション力の高い人だ。他の人に何らかのアクションを促せる。

例えば一般人でもTwitterのフォロワー数が10万、20万という人がいる。彼らはコミュニケーション能力の高い逸材だ。

もう少し拡張すれば、皆が喜ぶものが作れたり、実際にあったことのない人のニーズを汲めたりなども全て、コミュニケーション能力の高さの証といえる。」

「なるほど、そうかもしれない。」

「学者の世界も実はコミュニケーション能力が必要だ。今、価値ある研究は一人で完結させることが難しくなっているからね。皆の興味があり、インパクトの大きいテーマを考えられるかどうか、これも広義でのコミュニケーション能力と行っても良いんじゃないかな。」

「面白い」

「そこで改めて「今後重要な能力」とは何かを考えてみる。もちろん今までもコミュニケーション能力は一貫して重要だったけど、一人の人がつながれる人数が限られていた世界では、個人のコミュニケーション能力の差がそれほど増幅されなかった。」

「うん」

「ところが、この世界、一人がつながれる世界が際限なく広がっている今、単純作業はコンピュータが代替し、ある程度高度な作業もAIがこなせるようになるかもしれない世の中、記憶力や問題処理能力はむしろ個人間の差が小さくなる。

最後に残るのは何か。人間に「価値あり」と思わせるクリエイティブな能力、要は、「人のつながりをつくり、インパクトをもたらす能力、つまりは、コミュニケーション能力にほかならない。

コミュニケーションを媒介する手段は言葉にかぎらず、絵、データ、ソフトウエア、文章、物、など多岐にわたる。それらをつなぐのはwebだ。

「表現をする人」が、もっと重要な存在となるんだ。」

 

 

社員にコミュニケーション能力を要求する企業は無くならない。いや、むしろ増えている。大学入試もAO入試枠の拡大などコミュニケーション能力重視となりつつある。

それは、個人のコミュニケーション能力を際限なく増幅する装置、webと媒体の発達が背景にあるのかもしれない。

 

【お知らせ】

「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

「Books&Apps」の創設者兼ライターの安達裕哉が、webメディア運営、および記事を用いたマーケティング、SNSによる拡散の手法の裏側を詳細にお伝えします。 更新頻度:一月に3〜4回程度

また、ライター、オウンドメディア担当者向けにオウンドメディア勉強会も実施予定です詳しくはこちらご覧ください

今、インターネットで求められているライティングとは?

【9月更新記事】

[10]企業が「再現性のある、コンテンツ拡散力」を得るには何をすればよいか。

[9]「メディア」と「ライター」が健全に付き合うための7つの原則〜 良いライターほど、発注者(メディア)の言うことを聞かない。

【8月更新記事】

[5]「webで稼げるライター」の条件とは。

[6]オウンドメディアが、検索ではなくSNSからの読者を増やすべき理由と、そのための手法。

[7]「オウンドメディアは、費用対効果が合うのか問題」について。

[8]2年前までTwitterのフォロワー数ほぼゼロだった我々が、Twitterから月間20万PVを得るようになるまでの道。


各記事クリックすると冒頭部分読めます。

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、最新の記事をタイムラインにお届けします))

・筆者Twitterアカウントhttps://twitter.com/Books_Apps

・大学・研究の楽しさを伝える、【大学探訪記】をはじめました。

【大学探訪記 Vol.23】恐竜「トリケラトプス」の本当の姿を追求する先生がいた。

【大学探訪記 Vol.22】コスプレの研究をする大学の先生がいた。

【大学探訪記 Vol.21】人間は、なぜ1種しか地球上に存在しないのか?という疑問に迫る。

・仕事の楽しさを伝える、【仕事のチカラ】をはじめました。

【仕事のチカラ Vol.7】月間170万PVのオウンドメディアを1年で作り上げた人はどんな人?

【仕事のチカラ Vol.6】27歳にして3社を渡り歩き、起業した人の話。

【仕事のチカラ Vol.5】データサイエンティストって、どんな人?どうやったらなれるの? という疑問に答えてもらいました。

・ブログが本になりました。

 

 

 

(Alan Levine)