GoogleはSEO対策されていて「リアルじゃない」

Googleは使わない、SEO対策しているから——Instagram有名人のGENKINGが語った10代の「リアル」

確かにそうだなとも思ったのですが、だからと言って、インスタに「リアル」があるか言えば、それが10代にとって「リアル」に見えるのは、「写真」つまり「絵」というものがロジックを必要としない、とてもインスタントなコミュニケーションだからなんじゃないかなって思いました。

つまり、ただ分かりやすいだけなのでは?と思ったのです。

 

そこで今日は「写真」ではない「テキスト」による、大人の「リアル」を知るための大人のGoogle検索を提案します。大人の検索なのでちょっと手間がかかりますが、たぶんインスタよりも深みのあるリアルな情報を得ることができます。

 

一例としてまずは「上司」とGoogle検索してみましょう。↓(※プライベート検索はオフにしてます)

スクリーンショット 2016-03-14 23.08.07

スクリーンショット 2016-03-14 23.17.26

Wikipediaが一番上に出てきます。たしかにつまんない。役に立つ情報かも知れないけど「リアル」ではない。

2番目3番目に表示されるトピックみても、ガチガチにSEO対策を施したメディアが出てくる。それは誰にでもわかりやすい耳心地のいい話ではあっても、生々しい「リアル」はない。若者の言う通りだ。

 

 

では、どこに「リアル」はあるのか?人間の行動、思考の生々しい「リアル」はどこにあるのか?

 

それは、Googleの検索サジェストにあります。

検索サジェストとは、「検索する前に検索結果を出しちゃえ」との考えのもと、あるワードを入れるとその次に入力するであろうワードを先回りして表示させる機能です。

もちろんコンピューターが目の前にいる人間の頭の中を覗けるはずはないのですが、Googleは過去の人間の入力を記録して整理して、それを目の前の人に合理的に表示させることができます。

合理的というのは、多くの人が過去に検索していた言葉を表示させれば、それは検索したいワードである可能性が高いはず、だからそれらをとりあえず上から順番に出しとけ。それが検索サジェストです。

例えば「上司」の後に「あ」と入れると

スクリーンショット 2016-03-15 1.58.16

このように、先回りしてサジェスト(示唆)されたワードが出てきます。今まで「上司」の後に「あ」からはじまる言葉を入力しようとした人が「何」を入力していたかがわかるわけです。

 

というわけで、あ行から「上司 あ」「上司 い」「上司 う」「上司…とひとつひとつ入力してサジェストされるものを調べてみました。

あ行「上司 合わない」「上司 意味」「上司 うざい」「上司 英語」「上司 お礼メール」

か行「上司 カラオケ」「上司 キス」「上司 クズ」「上司 喧嘩」「上司 殺したい

さ行「上司 殺意」「上司 死ね」「上司 好き」「上司 先輩」「上司 相談」

た行「上司 誕生日プレゼント」「上司 チョコ」「上司 使えない」「上司 とは」

な行「上司 殴る」「上司 苦手」「上司 濡れ衣 ミス」「上司 年賀状」「上司 飲み会」

は行「上司 反抗」「上司 評価」「上司 夫婦 年賀状」「上司 返信」「上司 報告 メール」

ま行「上司 間違い 指摘」「上司 見舞い」「上司 むかつく」「上司 メール」「上司 モラハラ

や行「「上司 やる気ない」「上司 夢占い」「上司 呼び方」

ら行「上司 ライン」「上司 理不尽」「上司 類語」「上司 恋愛」「上司 論破

が行「上司 頑張って」「上司 嫌い」「上司 愚痴」「上司 迎春」「上司 ご祝儀」

ざ行「上司 残業」「上司 上長」「上司 ずるい」「上司 絶対」「上司 贈答品」

だ行「上司 大好き」「上司 dime」「上司 ヅラ」「上司 電話」「上司 怒鳴る

ば行「上司 バレンタイン」「上司 病気メール」「上司 部下 恋愛」「上司 別の言い方」「上司 暴言

ぱ行「上司 パワハラ」「上司 ピリピリ」「上司 プレゼント」「上司 ぺこぺこ」「上司 ポンコツ

ん「上司 ng ワード

 

 

 

上司ってどんだけ嫌われてんだ?

上司の後に出てくる言葉の30個はネガティブワードでした。まさに示唆的。

上司は嫌われてんですよ。誰が何と言おう嫌われてんですよ。殺意が沸くほどにね。おまけにポンコツヅラだと。

辛うじて前向きっぽい言葉は4個だけあった。「キス」「 好き」「 大好き」「 恋愛」。すべて恋愛ネタだけど。「上司 キス」は検索するとメロドラマはじまりますw。

 

どちらにしろ、このようにサジェストされたこれらのワードを眺めてると、

残業時の休憩がてらに何となく検索しちゃうヤツ、

疲れ果てて無意識に怖いこと検索している女子、

「マジ復讐してやる」と凄んで検索する危ない部下、

ありありと目に浮かぶわけです。(少なくともそう自分は想像しました)

あーなるほどね。ここには生々しい「リアル」がある。Google検索を通して、人間の営みが見えてくる。

それはただただタイムラインから流れてきたものを眺めていたり、人間が意図的につけたハッシュタグを検索するだけでは見つけることができない、人間の隠された本性が潜んでいる。と思うわけです。

それが大人のGoogle検索、大人の「リアル」だと思うわけです。

(了)

 

【お知らせ】
Books&Apps及び20社以上のオウンドメディア運用支援で得られた知見をもとに、実際我々ティネクト(Books&Apps運営企業)が実行している全48タスクを公開します。

「成果を出す」オウンドメディア運営  5つのスキルと全48タスク
プレゼント。


これからオウンドメディアをはじめる企業さま、現在運用中の企業さま全てにお役に立つ資料です。ぜひご活用ください。

資料ダウンロードページはこちら↓
https://tinect.jp/library/5skills48tasks/
メールアドレス宛てに資料が自動送信されます。