採用担当者同士だと、飲みなどの席で「採用基準」の話が盛り上がる。

 

会社の理念に共感する人がほしい、話の分かりやすい人がほしい、論理的思考力の高い人がほしい、など様々な基準が存在している。

だが一人の方が

「うちは、「自信満々の人には気をつける」っていう基準も使ってる。」

と言った。

 

皆、興味を持ったようだ。

 

その方は言った。

「もちろん。色々な考え方があるけど、普通は「自信のありそうな人」を採用したがるよね。」

皆が頷く。

「でも「自信」と「成果」はあまり関係ないんだよね。」

と、その方は言う。

 

「例えば、人事面談の時に自信満々で「絶対いけます」って言う人の成績が良いのか、といえば、実はあまり関係がないことがわかっている。」

「根拠の無い自信は、アテにならない、ってこと?」

と誰かが質問する。

「そう。全くあてにならない。期首の人事面談の時に、「自信はありますか?正直に答えて下さい」と管理職から質問されて、「ない」と答えた人たちと、「ある」と答えたひとたちの成果はほとんど変わらない。」

「へえ、そうなんだ。」

「単純に「どういう性格か」が出てるだけだってことがわかった。言う人と、言わない人。それだけの違い。」

 

皆、考えている。自社の人事に照らしているのだろうか。

 

「でも、採用はハキハキして、明るくて、自信がありそうな方が人気があるよね。」

と別の方が質問した。

「そう、でも自信がありそうな人が全員成果を出せているか、といえば、そうではない。」

「まあ、そりゃそうだけど」

逆に言えば、自信がなさそうだけど、成果を出せる人もいるかもしれない。

「ふーん、なるほどね。」

「もちろん、これだけで採用の合否を決めているわけじゃないとは思うけど、「自信がなさそうな人」は、まずハネられてしまう可能性が高い。」

「そうだね。」

「でも、それはおかしいじゃない。成果と関係ないのにイメージだけで落とされる。」

 

みな、あまり納得していないようだ。

「でも、だからといって逆に自信満々の人をハネることはないじゃない。」

 

すると、その方は真面目に言った。

「イヤイヤ、自信がありすぎるってのは、頑固で、単に頭が悪いだけかもしれないんだよ。」

皆の顔が変わる。

「だって、いろいろな可能性を吟味すれば「確実」なんてことは何一つ無いじゃない。それでも「自信あり」と言ってしまうのは、様々な可能性を考慮できないか、想像力が足りないか、単なるお調子者なだけだよ。」

 

皆、考え込んでいる。

 

彼は言った。

「正確には「自信がありそう、なさそう」というのは、採用の判断基準にならない。でも面接官の人たちは「自信がありそう」な人ばかりを通過させる。

だからこちらから「自信満々はやめてください」って強調しているんだ。「行けそうですか?」聞かれたときにきちんと一歩引いて、「吟味します。」って言う人が欲しいだけなんだよね。」

 

 

———————————————-

 

 

「全力を尽くしますが、成果は保証できません」と言ったら、怒られた。という話にも通じるところがあると思う。

私は合理的な採用基準だと考えたのだが、どうだろうか。

 

 

 

 

【お知らせ】

「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

「Books&Apps」の創設者兼ライターの安達裕哉が、webメディア運営、および記事を用いたマーケティング、SNSによる拡散の手法の裏側を詳細にお伝えします。 更新頻度:一月に3〜4回程度

また、ライター、オウンドメディア担当者向けにオウンドメディア勉強会も実施予定です詳しくはこちらご覧ください

今、インターネットで求められているライティングとは?

【9月更新記事】

[10]企業が「再現性のある、コンテンツ拡散力」を得るには何をすればよいか。

[9]「メディア」と「ライター」が健全に付き合うための7つの原則〜 良いライターほど、発注者(メディア)の言うことを聞かない。

【8月更新記事】

[5]「webで稼げるライター」の条件とは。

[6]オウンドメディアが、検索ではなくSNSからの読者を増やすべき理由と、そのための手法。

[7]「オウンドメディアは、費用対効果が合うのか問題」について。

[8]2年前までTwitterのフォロワー数ほぼゼロだった我々が、Twitterから月間20万PVを得るようになるまでの道。


各記事クリックすると冒頭部分読めます。

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、安達の最新の記事をタイムラインにお届けします))

・筆者Twitterアカウントhttps://twitter.com/Books_Apps (フェイスブックではシェアしない記事も扱います)

・Books&Appsフェイスブックページ https://www.facebook.com/BooksApps/(いいね!してただくと、安達以外の記事を購読できます)

・ブログが本になりました。

【お知らせ】

当メディアは書き手を募集しています。実名、匿名のどちらでも可ですが、長期的に記事を書いていただける方が望ましいです。

・テーマ

原則自由ですが、必ず「体験談」もしくは「事例」を含んだものとしてください。当メディアは文章の巧拙よりも「書き手の人間性が読み取れること」を重視しています。

・その他

報酬はご経験、記事の質などにより、個別に設定しています。

・応募方法

blogあっとtinect.jpまで、簡単な経歴、応募動機およびこれまでに執筆した実績(ブログ、記事など)が確認できるリンクをお送り下さい。採用の可能性がある方へは1週間以内にご返信致します。

(Sean P Scott)