知人が営業をやっている。

その知人が、「全力を尽くしますが、成果が出る保証はありません。と言ったら上司に怒られました。」という。

彼は普段、ほとんど愚痴を言わない。だが、この件は腹に据えかねるようだ。

 

「上司は「絶対成果出します!と聞きたかったらしいんです」

と彼はいう。

私は上司の気持ちを想像した。

「単に意気込みが聞きたかったのでは?」と聞くと、

「絶対なんて、ないですよ。」

と彼は答えた。

 

少し冷静に考えてみる。この場合、上司の意図は2通りあるだろう。

 

ひとつは、「全力を尽くすが、結果が出る保証はないです」と言った時よりも「絶対成果出します」と言った時のほうが、成果が実際に上がると、上司が考えている場合。

ふたつ目は、上司が猜疑心の固まりになっており、「絶対成果出します」と言わせないと気がすまない場合だ。

 

 

まずひとつ目の話について、彼に振ってみた。

「「絶対成果出します」と言ったほうが、成果が実際に出るんじゃない?」

彼は「関係ないでしょう」という。

「実際、無理に「成果出します」なんて言わされても、「アホか」って思うだけですよ。成果を出すのは行動であって、宣誓ではないはずです。」

「ふーむ。」

「疑うなら、「僕は絶対に死にません」って宣言してから、スカイツリーの上から飛び降りてみてください。すぐに嘘だと分かります。」

「ま、そりゃそうだ。」

 

ではふたつ目の話だ。

「じゃあ、上司は「成果出します」って言って欲しかっただけなんじゃないの?」

「子供じゃないんだから、そんなことに付き合う必要ありますか?」

彼の言うことは正しい。

が、世の中には子供のような上司がたくさんいるということだろう。

「そうだな。上司に「嫌なやつ」と思われてもいいなら、付き合わなくていいんじゃないかな。」

彼はニヤリと笑った。

「もうとっくに思われてますよ。それに「正直でいい」って言う人もいますから。」

その上司とは本当に合わないのだろう。私は少し、彼が気の毒になった。

 

 

すると、急に彼は真面目な顔つきになった。

「でも、そんな表面的なことじゃなく、私はもっとマズいことが起きると思います。」

「どんなこと?」

「最近、目標数字が適当になってきていると思うんです。」

「例えば?」

「客観的に見ればこれぐらいに着地するだろう、って言う数字がありますよね。」

「うん。あるね。」

「その数字を報告すると「気合が足りない」って言われるわけですよ。だから皆、とりあえず大きめの数字を言っておく。」

 

私は想像した。いかにもありそうな話だ。

「ありそうな話だね」

「実際に、そうなってきているんです。例えば私の同僚ですが、実際にできそうな数字の3倍位を、とりあえず宣誓しておく。」

「さすがにそれは適当すぎるだろう。」

「いえ、それが喜ばれるんです。これって、会社として悪い癖がついてきてると思いませんか?」

 

それは確かに悪い癖だ。だが、適当な目標はいずれバレるのではないか。自分の首を絞めるだけだ。

「それだと、期末に「目標達成していないじゃないか」と言われるだろう」

「いえ、周りが全部目標に行っていないので、怒られません。でも皆「絶対達成します」って言わされるんですよ。でも腹の中では誰も達成できると思ってません。

恐らく、上も「言わせた数字」は当てにしてなくて「裏の数字」を持ってますし、皆も「これくらいだな」っていう、裏数字を持ってると思います。」

「なるほど……。」

 

そうなってくると、話は別だ。もはや「上司との関係がまずくなる」という表層的な話ではなく、組織の病の話だ。

「最近ウワサでは、数字の帳尻を合わせるために「不正」をしている人もいるとか。粉飾って、こうやって起きるんじゃないですかね。」

 

 

彼はそのために「正直に答える」が正義であると言う。

「だから、僕は「全力は尽くしますが、成果は保証できません」っていうんです。正直に。」

 

さて、読者諸兄はどう感じるだろうか。

 

【お知らせ】

Books&Apps主催の完全オンラインライブのWebライティングスキルアップセミナーの6月日程を更新しました。

webライターになってみたもののネット界の現状に鬱々としている人、企業のオウンドメディアのライティング担当となったが何を書いたらよいのかさっぱりの人、、SEOライティングでそこそこ稼いでるんだけど本当にこんなんでいいの?と思っている人、悩めるwebライター及びwebメディア編集担当の方に向けて、本当に役に立つ愛のある(添削つき!)ライティング講座です。

Books&Apps主催のライティングセミナー
「Webライティングの本当のところ、6時間でまとめました。」

【内容】
◎第1日目
1.オウンドメディアの役割とは?(30分)
・オウンドメディアの成果とは何か?
2.オウンドメディアに求められるコンテンツとは(90分) 
・成果の出るコンテンツとは?
・Webで多くのユーザーが集まる記事とは?
・バズ記事の事例
3.webライターに求められているもの(60分) 
・webライターに求められているものは本質的には「文章力」ではない
・オリジナリティの高い経験と拡散力

・Q&Aタイム(15分〜30分)

※第1日目終了後に添削課題を発表いたします。

◎第2日目
4.添削課題の講評(60分) 
・事前に課題を出してもらい添削したものを講評
5.ワークショップ(60分)
・タイトルのつけ方(座学)
・提出課題の良かったものにタイトルをつけるワークショップ
・Q&Aタイム(60分)

【実施日時】
①or②の日程をお選びください。
①6/11(木)18時〜21時・6/25(木)18時〜21時
②6/18(木)18時〜21時・6/25(木)18時〜21時
6/25は共通です。
【定員】
各会10名
【参加費】 5万円(セミナー参加費3.5万円+課題添削1.5万円)
→新しいイベントのためキャンペーン価格3万円でご提供いたします

お申込み・詳細は[Books&Apps主催セミナーお申込みページ(Peatixサイト)]をご覧ください。

 

 

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (フォローしていただければ、安達の最新の記事をタイムラインにお届けします))

・筆者Twitterアカウントhttps://twitter.com/Books_Apps (フェイスブックではシェアしない記事も扱います)

・Books&Appsフェイスブックページ https://www.facebook.com/BooksApps/(いいね!してただくと、安達以外の記事を購読できます)

・ブログが本になりました。

(Pimthida)