長いことサラリーマンをやっていると、「会社の出世コースの事業」から外れたように見える業務を任される時がある。

やる気を失ったり、プライドを傷つけられた思いをする方も多いだろう。

 

例えば、新卒でお菓子の会社に入社したとする。

配属希望は商品開発だ。これは譲れない。子供もの頃からの憧れだった商品だ。

 

彼は必死に仕事をし、そして新人から数年来のの頑張りを評価されその後「売れ筋商品」の商品開発を任された。要するに花形の部署である。

「やりたい仕事にようやく就くことができた」とますます張り切って仕事をする彼、成果も出て「そろそろ管理職に昇進……」と思っていた矢先、人事から異動の辞令があった。

なんでも、大して盛り上がっていない新事業「宅配弁当」の部署に回されたらしい。

彼はがっかりした。「今まで頑張ってきたのに……この仕打は何だ」と。

サラリーマン、特に大企業に勤めているサラリーマンは、自分で働く場所を選べない。上のようなことになる事態は、誰にでもあり得る話だ。

 

だが、悲観することはない。
実は、この不本意な移動こそが、本質的な意味での自分の強みを作るかもしれないのだ。

 

例えば、コピーライター志望だった知人は、「コピーライターへの道もある」との人事の話をうけ、とある広告代理店に入社した。

しかし、そんな約束はなかったかのごとく、彼は営業に配属され、テレアポ、飛び込みなどハードな営業業務を黙々とこなすうちに、なんとトップ営業となってしまった。

その後彼は、営業として医療、映像業界などを渡り歩く。

「営業に目覚めちゃいまして、やりたいことと、得意なことはちがうんですよ。」と、彼はいう。

 

経営コンサルタントになりたいと、コンサルティング会社の内定を勝ち取った知人は、現場に入って現実を知った。

「単なるセミナーの販売会社じゃないか、と思いました。」

だが、その後彼は教育系のwebサービス会社に転職、活躍中だ。

「あの時の経験が役に立ってます」と、彼は振り返る。

 

実際、キャリアの本質はスキル掛け算である。上の彼らは

営業✕医療✕映像

セミナー営業✕webサービス

と言った組み合わせは、それなりに珍しい組み合わせであり、希少性がある。

 

ということは、誰もが思いつくような組み合わせや、人気のある業界ばかりを経験していると、

「希少性」が身につきにくいということだ。

「不本意なキャリア」が有効なのは、このためである。

 

さらに、「花形部署」のその地位は、さほど長続きしない。

例えば商社においては、資源・エネルギー部門が花形と言われるが、それに依存していた各社が赤字を出す中、繊維・食品などで稼いでいた伊藤忠商事は業績を落とさずに済んでいる。

結局のところ、商売は浮き沈みがあり、「現在の花形」は、後は落ちるだけなのだ。

 

自分のキャリアを、自分が想像できる範囲に閉じ込めるのはあまりスジが良くない。そう言う意味では「不本意なキャリア」ほど、実はチャンスなのである。

 

世界的に有名な日本の映画監督である押井守氏は、その作品である「攻殻機動隊」の中で

「組織も人も、特殊化の果てにあるのは緩やかな死」

と述べている。

「不本意なキャリア」は、つまらない特殊化を防ぐ良い機会だ。割り切って楽しみ、次のチャンスにつなげよう。

 

 

【Books&Appsオンラインセミナーのお知らせ】
面白いオウンドメディアの運営方法。
となりのカインズさん400万pv・さくマガ70万pv・Books&Apps230万pvの編集長によるクロストークイベントを開催します。
※上記pv数はそれぞれのメディアの直近1年以内の最高月間pv数

<2021年12月15日実施イベント>

面白いメディアの運営方法。成功しているオウンドメディア編集長が語る「なぜ面白いコンテンツが必要なのか?」


<内容>
第1部:なぜ今多くの企業がオウンドメディアを運営しているのか?
登壇者:ティネクト取締役 楢原

第2部:となりのカインズさん・さくマガ・Books&Apps編集長によるクロストーク
テーマ:面白いオウンドメディアの運営方法。

登壇者:
となりのカインズさん:清水編集長(株式会社カインズ)
さくマガ:川崎編集長(さくらインターネット)
Books&Apps:安達編集長(ティネクト)

ファシリテーター:倉増(ティネクト)

(トーク内容)
おもしろい記事は、誰が/どうやって作っているの?
あなた(編集長)にとっての「おもしろさ」とは?
ダメな記事、良い記事の基準
なぜ、ほとんどの企業のメディアはつまらないのか?
etc


日時:2021年12月15日(水)15:00〜16:30
参加費:無料 
定員:300名 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細は こちらオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2021/11/22更新)

 

【著者プロフィール】

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・すべての最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

Technogym – The Wellness Company