当メディアに寄稿をしていただいている熊代亨氏から、最近また、本を贈っていただいたので読んでみた。

 

タイトルは『「若者」をやめて、「大人」を始める』

 

この本には「若者」であるかのように振る舞い、その結果として痛い目にあう中年が数多く登場する。

実際、彼らは多くの人の目から見ても、大人げなく、イタい存在なのだ。

熊代氏は、本の中で

『「大人」が「若者」と同じように振る舞うと、破滅が待っている』と述べ、読者へ大人への成熟を促すメッセージを出す。

 

熊代氏は、書籍の中で「大人」になれない人が増えているのは、

・マスメディアが若者を礼賛する

・社会から大人を強制するような通過儀礼が失われている

・年長者と年少者の接点が少ない

と言った、昨今の社会事情を挙げている。

 

そして、熊代氏は一つの指摘をする。

「高学歴、かつ大都市圏で勤める人は「大人」を始める時期がどうしても遅れる」と。

それは、仕事を始めたり、結婚をしたりするのが遅く、アイデンティティの確立が遅れるからであると、氏は言う。

 

 

一方で、私はこの点に関しては「企業の責任」がかなり大きいと思っている。

率直に言えば、

「企業が若者ばかり欲しがる」から、都会の高学歴は「成熟」できないのだ。

 

中途採用市場を見てみると良い。年齢だけ考えても、殆どの企業が求めているのは、今でもせいぜい四〇歳前後までだ。

経験や成熟度を考えれば、別に五十代、六十代を採用しても良いはずなのに。

 

もちろん「年齢は関係ない」という企業もある。

でも、そういった会社であっても、殆どの経営者や採用担当者は言う。

「同じスキルなら、若い方がいい。だって、オッサンオバサンは、物覚えが悪く、頑固で、プライドが高いから。」

 

このように、企業は中途採用市場に

「チャレジングな人が欲しい」

「新しいことに意欲的に取り組める人が欲しい」

「守りに入ってはならない」

「フットワークが軽くなくてはならない」

というメッセージを発信し続けている。

 

そして、これらの活動は少し考えてみればわかるが、すべて「若者らしい」振る舞いだ。

 

対照的に「オッサン」的な発想は、面接ではNGだ。

・自分よりも若い人に頑張ってもらえるように振る舞います

・新しいことは苦手ですが、今まで作り上げたものには自信があります

・リスクを減らし、失敗を恐れます

・古き良きものを出来る限り残します

こういった「成熟した大人」を求める企業は殆どない。

 

でも、上のことは「親」や「コミュニティの長」としては、大切なことではないだろうか。

親は自分より子供に活躍してもらいたいと願うのが普通だし、家庭を「失敗しても良い」と、大きなリスクに晒すことはしない。

 

更に「若者的な振る舞い」が求められる最たる存在が、起業家たちだ。

いかに既存の枠にとらわれない発想ができるか。

いかに慣習にとらわれないで実行できるか。

いかに既得権を破壊するか。

起業家は、「大人」であるよりも、「若者」のように振る舞うことが良しとされる。

 

つまり「資本主義」そのものが、成熟した大人よりも遥かに、若者を求めている。

 

 

昔、「ちきりん」という著名ブロガーが下のようなツイートをしていた。

私はこれを見、「成熟」について考えさせられた。

 

この件に関して、元LINEの執行役員だった田端信太郎氏が、次のようにツイートした。

 

「教育に関心がある」と言うのは、つまり「大人」になったということにほかならない。

そして、企業の中では「終わった人」「アガった人」と呼ばれる。

そう。

「高度の資本主義にさらされる、高学歴、かつ大都市圏で勤める人は、企業の中で「大人」になってしまったら終わり」なのだ。都会の高学歴が「大人」への成熟を求められないことの本質は、ここにある。

 

【お知らせ】

SNS投稿する人全てに捧ぐ!めちゃめちゃ役に立つライティング方法論!12月更新記事は必見です!
「webライターとメディア運営者の、実践的教科書」 を有料noteでwebマガジン化しています。

 

【お知らせ】

・安達のTwitterアカウントBooks&Apps(大体見てます)

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・すべての最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

(Photo:tokyoform