スタートアップの有能な経営者や、大手企業の上級管理職など、大きな仕事を試みる人たちが抱えている最も大きな課題の1つは、「人材の確保」である。

 

自分の事業のために働いてくれる多数の協力者を探すことなく、成功をおさめることはできない。だから、仕事の話には必ず「いい人はいないかね」という話がついて回る。

問題は、有能な人は圧倒的に絶対数が少ないことだ。実際、「よい人材の確保ができないので、事業の成長が遅れている」といったことは日常茶飯事である。

 

だが一方で、疑問も残る。

それは、「いい人とは一体、どのような人なのだろうか」という疑問だ。

「いい人」は非常に抽象的な表現であり、今ひとつ実感を伴わない。私も「いい人」が何を示すのか、永らく疑問だった。

 

だが最近、「いい人」に共通する1つの重要な資質を発見した。

それは「野心」である。

いい人は、「野心」が大きく、その質が高い。

野心を所持していることは、その人物のエネルギーの大きさを示すと、有能な人は考えている。

 

「野心」とは何か。

それは金儲けだけではない、何かを創造したい、貢献したい、描きたい、実験したい、そう言った欲望の現れすべてが「野心」である。

そして、野心の足りない人物は、企業にとって「ぜひとも採用したい、いい人」ではない。

「何をしたいかわかりません」

「普通でいいです」

「特にやりたいことはありません」

という発言は、その人の「野心」がない、あるいは小さいことを示す。

 

さらに、「野心」は質が問われる。

「野心」の具体性と複雑性が、その人の積み上げてきたものそのものを示すからだ。

例えば「金がほしい」というシンプルな野心は、おそらく貧乏であった体験や、欲しいものが買えなかった体験から来るものであるが、何かしらクリエイティブなものを含んでいるわけではない。

「人の役に立ちたい」といった平凡な野心も同様である。

 

そうではなく、企業が求める「野心」は、その中にクリエイティブなものが含まれることが求められる。

「現在存在しているVRを拡張して、◯◯という体験を作りたい」

「アフリカの非電化地域に、◯◯という価値観を持ち込んで、インフラを作りたい」

こう言った、具体的かつ、複雑な問題に取り組みたいという「野心」こそが、企業が強く求める資質である。

 

「そんなこと言っても、やりたいことなんか何も浮かばないよ」

という方もいるかもしれない。

だが、冷たいことを言うようだがそれは単なる勉強不足、経験不足である。なぜなら、野心は、高度な勉強や多様な体験から生まれるからだ。

 

先人の残した研究や知見を学び、実際にそれを現場で見て、触って確かめ、自分自身の試みを適用してフィードバックを得る。そして、その中から、「野心」が生まれる。

 

「やりたいことがなければダメだ」

と言うつもりはない。どういう人生をおくるかは、その人次第だ。

だが、企業が「やりたいことがない人」を重視しないのは、上述した理由から、極めて当然のことなのである。

 

 

【お知らせ】

Books&Appsの広告・広報サービスについて

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・すべての最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

(Tjarko Busink)