「批判」は取り扱いが難しいが、うまく使えば建設的な議論ができるので、政治、創作物、あらゆる主張に至るまで、「作法に則った批判」は、歓迎すべきものである。

また、「批判をするならば代案を」という方がいるが、それは些か狭量である。批判する行為と代案を出す行為は全く別物だ。素人がプロを思いつきで批判しても構わない。
もちろん、批判を受けた側はそれを受け入れるかどうかは自由に決めて良い。全く聞く耳を持たないのも批判に対するひとつの態度であるし、素直に受け入れるのもまた一つのあり方だ。
しかし「企業の内部における批判」は少し事情が異なる。
企業の内部において、誰かの案を批判したり、上司を批判することは構わないのだが、そこに「代案」がない場合は殆どの場合、その批判を行っている人物は無能とみなされる。
なぜ事情が異なるのだろうか。
それは、「批判をしている人物」が会社内部の人間、すなわち問題の当事者だからだ。そして当事者であるかぎりは批判だけを行っても何も前進はない。「じゃあどうすれば」を、皆求めている。
そして、無能であるとみなされるのは、その批判をしている人物があたかも「外部の人間」であるかのように振舞っているように見えるからだ。
「問題があると思うなら、お前も解決に協力しろ」
と周りから言われているのである。
もちろん実際には批判している人物が当事者でない場合、責任が与えられていない場合など、「内部の人間ではあるが、外部の人間と同じようなもの」であるケースは多いかもしれない。
しかし、「社員は内部の人」と思う人が圧倒的に多いことから考えれば、実質の責任がどうなっていようと、「そう思うならお前も解決に協力しろ」と言われるのは当然である。
だから殆どの場合、会社で「代案なき批判をする人物」は無能とみなされる。気をつけよう。
【お知らせ】
オウンドメディアの担当となったが何を書いたらよいのかさっぱりの人、
webライターとしてネット界の現状に鬱々としている人、
SEOライティングでそこそこ稼いでるんだけど本当にこんなんでいいの?と思っている人、
悩めるwebライター及びwebメディア編集担当の方に向けて、本当に役に立つ愛のある(添削つき!)ライティング講座です。
Books&Apps主催のライティングセミナー
「Webライティングの本当のところ、6時間でまとめました。」

【内容】
◎第1日目
1.オウンドメディアの役割とは?(30分)
2.オウンドメディアに求められるコンテンツとは(90分)
3.webライターに求められているもの(60分)
※第1日目終了後に添削課題を発表いたします。

◎第2日目
4.添削課題の講評(60分)
5.ワークショップ(90分)
Q&Aタイム(30分)

【実施日時】
①or②の日程をお選びください。
①8/6(木)18時〜21時・8/27(木)18時〜21時
②8/20(木)18時〜21時・8/27(木)18時〜21時
【定員】
各会10名
【参加費】 5万円(セミナー参加費3.5万円+課題添削1.5万円)
→新しいイベントのためキャンペーン価格3万円でご提供いたします

お申込み・詳細は[Books&Apps主催セミナーお申込みページ(Peatixサイト)]をご覧ください。

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (最新記事をフォローできます)

・ブログが本になりました。

(Photo:Paul Cooper)