「批判」は取り扱いが難しいが、うまく使えば建設的な議論ができるので、政治、創作物、あらゆる主張に至るまで、「作法に則った批判」は、歓迎すべきものである。

また、「批判をするならば代案を」という方がいるが、それは些か狭量である。批判する行為と代案を出す行為は全く別物だ。素人がプロを思いつきで批判しても構わない。
もちろん、批判を受けた側はそれを受け入れるかどうかは自由に決めて良い。全く聞く耳を持たないのも批判に対するひとつの態度であるし、素直に受け入れるのもまた一つのあり方だ。
しかし「企業の内部における批判」は少し事情が異なる。
企業の内部において、誰かの案を批判したり、上司を批判することは構わないのだが、そこに「代案」がない場合は殆どの場合、その批判を行っている人物は無能とみなされる。
なぜ事情が異なるのだろうか。
それは、「批判をしている人物」が会社内部の人間、すなわち問題の当事者だからだ。そして当事者であるかぎりは批判だけを行っても何も前進はない。「じゃあどうすれば」を、皆求めている。
そして、無能であるとみなされるのは、その批判をしている人物があたかも「外部の人間」であるかのように振舞っているように見えるからだ。
「問題があると思うなら、お前も解決に協力しろ」
と周りから言われているのである。
もちろん実際には批判している人物が当事者でない場合、責任が与えられていない場合など、「内部の人間ではあるが、外部の人間と同じようなもの」であるケースは多いかもしれない。
しかし、「社員は内部の人」と思う人が圧倒的に多いことから考えれば、実質の責任がどうなっていようと、「そう思うならお前も解決に協力しろ」と言われるのは当然である。
だから殆どの場合、会社で「代案なき批判をする人物」は無能とみなされる。気をつけよう。
【Books&Appsオンラインセミナーのお知らせ】
面白いオウンドメディアの運営方法。
となりのカインズさん400万pv・さくマガ70万pv・Books&Apps230万pvの編集長によるクロストークイベントを開催します。
※上記pv数はそれぞれのメディアの直近1年以内の最高月間pv数

<2021年12月15日実施イベント>

面白いメディアの運営方法。成功しているオウンドメディア編集長が語る「なぜ面白いコンテンツが必要なのか?」


<内容>
第1部:なぜ今多くの企業がオウンドメディアを運営しているのか?
登壇者:ティネクト取締役 楢原

第2部:となりのカインズさん・さくマガ・Books&Apps編集長によるクロストーク
テーマ:面白いオウンドメディアの運営方法。

登壇者:
となりのカインズさん:清水編集長(株式会社カインズ)
さくマガ:川崎編集長(さくらインターネット)
Books&Apps:安達編集長(ティネクト)

ファシリテーター:倉増(ティネクト)

(トーク内容)
おもしろい記事は、誰が/どうやって作っているの?
あなた(編集長)にとっての「おもしろさ」とは?
ダメな記事、良い記事の基準
なぜ、ほとんどの企業のメディアはつまらないのか?
etc


日時:2021年12月15日(水)15:00〜16:30
参加費:無料 
定員:300名 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細は こちらオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2021/11/22更新)

・筆者Facebookアカウント https://www.facebook.com/yuya.adachi.58 (最新記事をフォローできます)

・ブログが本になりました。

(Photo:Paul Cooper)