a0002_009492書店は冬の時代を迎えている。

消える書店:ネットに負け相次ぎ閉店 地域中核店も

記事によれば、

 

”海文堂は延べ面積730平方メートルの中規模書店。文芸書や児童書に加え、海事書の在庫が豊富なのが特徴で、最盛期の1996年ごろには売り上げが一日100万円もあった。ところが2000年ごろから低迷し、昨年は最盛期の約6割まで落ち込んだ。福岡宏泰店長(55)は「雑誌が売れなくなったことや全国チェーンの大型書店の影響もあるが、大きいのはネット書店の影響だ」と振り返った。”

店長がAmazonや楽天との競争に敗れたと述べているが、その主な理由は

”海文堂の福岡店長は「お客さんが待ってくれなくなった」と話す。書店が卸業者に注文しても、本が店に届くには1週間前後かかる。それに対し、独自の物流基地を整備したアマゾンや楽天は翌日配達も可能で、地域によっては当日に本が届く。「『1週間もかかるのだったらいらんわ』となる。かなわない」”

 

 

更に、「出版社」もまた、冬の時代を迎える。

帝国データバンクの調査によれば、大手出版社、10 社中 7 社が減収という。

ただし、出版社の苦境は本が売れていないわけではなく、主な原因は雑誌が売れなくなったことにある。

 

本はネットで買い、ちょっとした情報はネットで調べる。

結果的に書店と雑誌は消え、Amazonとニュースサイトが人を集める。

 

 

しかし、そういった状況にもかかわらず、本には大きなイノベーションの可能性を感じる。

 

電子書籍の出現。Kindleを使っていると、iPodが初めて世に出た時のことを思い出す。

当時音楽はせいぜい20曲程度した携帯できなかった。しかし、iPodの出現により、一度に3000曲以上の音楽を携帯することができ、音楽の聞き方が根本的に変わった。「気分に合わせて適当に音楽を聴く」ということが可能になった。

現在、紙の書籍にも全く同じことが言える。いままでは外に本を持って行けても2~3冊だった。ところがKindleとなり、外に本をいくらでも持っていける。

本の読み方が変わりつつある。

適当につまみ食いをしながら読むもよし。気分に合わせてライブラリの中から選ぶもよし。根本的に本の楽しみ方が変わってきた。

 

 

次に起きる変化は、なんだろうか。

iTunesは音楽で言う「アルバム」を衰退させた。それと同じく、すでにKindleでは80円から100円で、本が章別に細切れに売られている。

小さい単位で本が売られる。ちょっとした暇つぶしのために。

 

さらに、マルチデバイス化した音楽プレーヤーは、あらゆる場面で「音楽」に触れる機会を増やしたように、あらゆる場面で「本」に触れる機会が増える。

 

音楽業界ではCDの購入は減ったが、レンタルが増えた。それと同じように、本の「レンタル」が増えるかもしれない。

書店、出版社はその状況に対応していけるのだろうか。

 

 

 

 

【Books&Appsオンラインセミナーのお知らせ】
コンテンツマーケティングによる集客とその成果について学習したい向けの無料オンラインセミナーのご案内です。 ティネクト(Books&Apps運営会社)が支援している企業のオウンドメディアの豊富な事例をもとに、弊社が得意としているwebコンテンツによる集客の秘訣についてお伝えします。
<2022年5月20日実施セミナー>

とうとう、ブランディングもマーケティングも同時に実現する時代がきた

-2万リードを獲得したコンテンツマーケティングから学ぶ、「成果が出る」オウンドメディア運営方法-

<内容>
1.ブランディングもマーケティングも同時に実現するとは何?
2.オウンドメディアの2つの役割
3.オウンドメディアで必要とされているコンテンツとは?
4.成果を出すオウンドメディア運営
5.フェーズに応じた目標設定について

講師:ティネクト株式会社 取締役 楢原一雅


日時:2022年5月20日(金)10:30〜12:00
参加費:無料 
定員:150名 
Zoomビデオ会議(ログイン不要)を介してストリーミング配信となります。


お申込み・詳細はこちらオンラインセミナーお申込みページをご覧ください

(2022/4/27更新)