根性論は嫌われる。まあ、嫌われるのも無理はない。

根性があればなんでも解決する。と言うのは嘘だし、物事の不調の原因をすぐに「根性が足りないから」で片づけようとするのは、頭を使っていない証拠だ。

それにもかかわらず、なぜ根性を強調する人が後を絶たないのか。いや、むしろ「できる人たち」ほど「結局最後は根性だよね」と言ってしまうのか。

 

それは、極めて仕事ができる、トップ5パーセントの中での戦いにおいては「結局根性がモノを言う」が真実だからだ。

 

例えば、こんな話を想定してほしい。

ここに一人の人がいる。もともと能力が高かったので、学校の勉強などはあまり苦労せずに頭一つ抜けることができた。そして就職も、持ち前の機転と学歴もあり、有名所にひとまず滑り込む。

 

ところが、彼は就職してから気づく。その中での戦いが熾烈であることを。

それなりに能力が高い人同士の戦いは、センスだけでは絶対に勝てない。粘り強く、時間をかけて1つのことを極めていく必要がある。

そして、彼は努力の継続こそ、本質であることを知る。

 

もちろん、努力を継続すればそれなりの結果が出すことができるようになる。結果、彼はようやく、それなりの地位を得る。

 

しかし、それに勝ち残った人たちは、さらに過酷な競争に投げ込まれる。皆、才能があり、粘り強さも兼ね備えている。

その中で更に上位を目指すのは、これはもう完全に根性の世界だ。

 

軍事心理学者のマイケル・マシューズは、米陸軍士官学校ウエストポイントでの教官を通じ、次のことを知った。

マシューズが驚いたのは、困難に対処する力は、才能とはほとんど関係ないということだった。訓練の途中でやめていった者たちは、才能がなくて辞めたわけではない。それよりも重要なのは、マシューズの言葉を借りれば、「絶対にあきらめない」という態度だった。*1

 

彼らは仕事の質や工夫において手を抜くことはしない。手を抜かないのは当たり前なのだ。あとはもう、どれだけプライベートを犠牲にしても目的達成のためにやりきるかなのだ。

そして、彼は確信するに至る。「結局、最後は根性だ」と。

 

これが「できる人たち」がなぜ、「結局最後は、根性だよね」という理由だ。

勘違いしてはいけないのは、彼らは根性があるから、仕事ができるようになったわけではない、ということだ。もともと仕事ができる素養があり、その中でトップを目指す時に、「根性」が要求されただけである。

 

*****

 

一方で、結局才能だよね、という方がいるが、実は才能は「入り口」で役に立つ。

才能は初心者の段階で「苦労せずに上達した」「オモシロイと思った」「素人集団の中で抜きん出ることができた」というきっかけを与えるものである。

 

カナダの心理学者、ロジャー・バーンズリーは、カナダのプロアイスホッケー選手の誕生日を調査したところ、なんと全選手の40%は1月〜3月生まれだった。

果たして、1月〜3月生まれが多いのは偶然なのだろうか?

そうではない。カナダではクラスの年齢を区切る日が1月1日に設定されているので、当然、1月生まれの選手のほうが、最大で1年、時間的に有利なのだ。*2

 

早いうちに才覚を見せた人間は、引き上げられ、良い環境を得る。

そして、それがそのまま「一流」につながっている。良い環境を得られるかどうかは、「才能」と「運」に依存する。

 

*****

 

だから、一見逆説的に見えるが「できる人」は、初心者に根性を要求してはならない。まずは知恵を絞って、楽にやれる方法、結果を出せる方法を模索する。

そして、その中で「強みを発揮できそうな」その人物にだけいうのだ、

「結局、ハイレベルな戦いにおいては根性だ。」

と。

 

【お知らせ】

8月実施セミナー日程を追加しました。 自社のオウンドメディアの運用を検討、もしくは今後オウンドメディアの改善を検討中のwebマーケティング担当者および企業幹部、企業経営者さまぜひご参加ください。

<セミナータイトル>

もしリスティング広告に限界を感じているのであれば、
オウンドメディアを本気で運用してみるのも悪くないと思います。

<内容>
1.オウンドメディアの役割とは
2.オウンドメディアのお悩み3選とその解決方法
3.成果の出るオウンドメディア運営5Step

日時:8/6(火)10時〜11時30分@渋谷ヒカリエ11F 参加費:無料 定員:30名

お申込み・詳細は こちらBooks&Apps主催セミナーお申込みページをご覧ください

(2019/7/14更新)

 

 

Books&Appsの広告・広報サービスについて

 

安達裕哉Facebookアカウント (安達の最新記事をフォローできます)

・編集部がつぶやくBooks&AppsTwitterアカウント

・すべての最新記事をチェックできるBooks&Appsフェイスブックページ

・ブログが本になりました。

(paolobarzman)

 

*1

*2